ガラスの熱割れとは?

ガラスが直射日光を受けると、日射熱によってあたためられた部分が膨張します。 一方、ガラス周辺のサッシに埋め込められた部分や影の部分はあまり温度が上昇しません。 あたためられた部分がしだいに膨張していくのに対し、周辺部や影の部分にはあまり変化がないので、周辺部付近に引張応力が発生します(熱応力)。 そのガラスのエッジ部の許容強度を越える引張応力が発生すると熱割れが起こります。

熱割れは、冬の晴れた日の午前中に起こりやすくなります。サッシ周辺が冷え切っているのにガラス面は日射を十分に受けて温度が上昇するので、大きな温度差が生じて熱応力も大きくなるからです。

熱割れ計算とは?

ガラスに発生する熱応力を計算によって推定し、ガラスのエッジ部の許容強度との比較で熱割れが起きるかどうかを判定します。施工前にガラスの熱割れがないことを必ずご確認ください。詳しくはお問合せ下さい。


■ファサラガラスフィルム 飛散防止効果■