白、無地、2WAY、柄入り・・・かんたん半衿シリーズはこちら

付け替え楽チン!大ベストセラー白の「かんたん半衿」


ぜひお試しください!

いちばん出番の多い白の半衿。いつでも真っ白で清潔感のある、
凛とした着こなしを目指したいですよね。

ですが、着るたびに縫って→外して→洗って・・・を繰り返すのは正直メンドウ!
ピンで留めるだけの「かんたん半衿」で、時には手抜きをして、
着物のおしゃれをお楽しみください!

※あらかじめ半衿が縫い付けてある長襦袢にお使いください。


【1】
まずかんたん半衿の
中心部分を見つけます。
折り目を目印に。
【2】
ピンを持ち、中心部分
の半衿と裏地の間の
縫い目をピンポイント
で探し出します。
【3】
見つかったら、ピンの
真ん中の部分をゆっくり
とさしこみます。
【4】
中心から、両側へ
約5センチの部分にも
同様に、位置を把握
するためさしておきます。
【5】
半衿のついたスリップ
(または長襦袢)を
用意します。
【6】
【2】で最初にさしこんだ
ピンを、スリップの内側の
半衿の、縫い目部分に
さしこみます。
【7】
ピンが見えないよう、
なるべく奥にさしこみ
ます。
【8】
さしておいた両側のピン
も、同様にさしこみます。
一度外すようにすると
やりやすいです。
【9】
スリップの外側の半衿
部分にも、新たなピンを
さしこみます。ここは、
ピンが見えてもいい
ので、直接替え衿の
上にピンを通します。
【10】
重要な衿まわりの部分
が出来上がりました!
【11】
中心から、約33cm
の部分の内側と外側
にも、ピンをさしこみます。
【12】
完成です!しっかり
留まりました!
★付け方のコツ★
・かんたん半衿を半分に折り、アイロンを当てるとやりやすいです。

あて布をして、しっかりと折り目をつけてください。


・半衿に衿芯を入れておくと安定します。
・かんたん半衿を、しっかり引っ張りながらつけると、たぶつきにくいです。
・付属のピンが足りない場合、ヘアピンを代用してください。


コツをつかんでいただくと、「かんたん半衿」とはわからないくらい、
キレイな仕上がりに!少しだけ、練習なさってくださいね。



定番で使える塩瀬の白半衿。洗える素材のポリエステルですが、ランクの高い
上質な素材ですので、正絹のお着物にも堂々と合わせていただけます。


汚れてもすぐに洗えていつも清潔♪

白の半衿こそ、「かんたん半衿」が便利!


お試しプライスでどうぞ!


他にもおすすめ
【濃い色】ワンポイント刺繍入り無地のかんたん半衿
【濃い色】ワンポイント刺繍入り 
無地のかんたん半衿
刺繍&無地の2WAYかんたん半衿
刺繍&無地の2WAYかんたん半衿


つゆくさオリジナル