糸目百花椀(糸目留塗椀)
     
漆器・糸目百花椀・尚古堂|和食器の愉しみ・工芸店ようび
時代椀の復原

 「時代椀大観」(松田権六先生 羽野幀三先生編)の内の一つ糸目溜塗椀の形の美しさに魅され、写したお椀です。
昭和十四年(一九三七年)に刊行された「時代椀大観」は、当時の塗物に携わっている人達に多大な恩恵をもたらしました。しかしこれらの椀たちを今一度研究し、実際に使えるものとして復原作業をした人は多くはありませんでした。今の時代に一般的に売りやすいものではなかったこと、それ以上に、これらの魅力を今の人たちに伝えたいという強烈な思いが無かったからです。技術も意志も「濃いもの」を造るのには、やはり、それなりの条件、環境を整えていく必要があるのです。

 本歌は飯椀、汁椀、平椀がありそれぞれ蓋がついております。当初、その三つ椀の内、茶道具の飯椀(大)と汁椀(小)の四ツ椀として輪島の尚古堂さんに復原していただきました。

 ところがこのような四ツ椀は現在ではなかなか人気がありません。気持ちを変えて、小さい方を椀盛用として蒔絵を施してみましたら、豪華な椀となり、多くの方にお求めいただけるようになりました。

 どの季節にも使っていただけるように蒔絵は百花にしました。底が安定した形なので大・小共に盛り心地がよく出来ています。
外は春慶風目はじき(溜塗りのように思えます)内側は黒百花蒔絵でございます。木地は欅で、美しい糸目は欅ならばこその手法です。
こんな椀でごちそうのお汁を召し上がるお幸せな方がいらっしゃると思ひますとわくわくいたします。

2007年12月

工芸店ようび 店主 真木啓子
明月椀
63糸目留塗椀 - 時代椀大観・寶雲舎

「時代椀大観」は、漆聖と呼ばれた松田権六(1896−1986)さんが編集の一人として携わった書物です。

実物大のお椀の断面図(解析図)と復原されたお椀の写真が解説付きで掲載されています。漆の特徴をもっとも活かしたものとして取り上げられているお椀は、すべて江戸期のものです。

序文に「新案の古典より生る可きは先覚の既に唱導する処、吾人亦思を是に致すこと歳あり。」とありますように、新しい漆椀を生み出すために、古来のお椀を綿密に見直すことを目的としています。まさに、漆器の「温故知新」の集大成です。

こちらは、全64点の63番目に紹介されているお椀です。東京美術学校五代目の校長を務めた正木直彦さん所蔵です。

価格に消費税は含まれていません。(外税)

漆器・糸目百花椀
漆器・糸目百花椀 蓋を開けると、うつわとお雑煮のはんなりとした競演が・・・。
尚古堂
630,000円(五客一組)
  漆器・糸目百花椀
 
漆器・糸目溜塗椀・大
糸目溜塗椀・大・尚古堂 静かな美しいお椀です。
尚古堂
60,000円(一客)
  糸目溜塗椀・大・尚古堂
お正月の道具



和食器の愉しみ・工芸店ようび > 糸目百花椀(糸目留塗椀)