まり椀
     
まり椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
まり椀の誕生

 ようびで開店以来今年で三十六年。ずっと売上げトップを走ってきましたお椀です。
 以前から作者奥田達朗氏が書き上げましたものをネット上に記載させていただいて、弥生時代の土器をモデルに作ったことはすでにご存知の方も多いと思います。
 懐石料理『辻留』の先代辻嘉一氏が能の面(オモテ)を持っておられ、阪東三津五郎氏が弥生のマリを持っておられて、友人の会話の中で交換することになったと聞いています。そのマリの形に注目し、木器として作らせてみようと思われた辻嘉一氏の慧眼なくして、このまり椀は生まれていなかったのです。
 これを実現してくれると信じて渡された奥田達朗氏は、きっと全身全霊でその意図を受け止め、二年間懸命にこの土器(マリ) と向き合ったのでしょう。出来上がった時、辻嘉一氏は「フフーン、まあまあやな」と大変ご機嫌で夕食をご馳走していただいたと、得意そうにおっしゃっておりました。
 その最初のまり椀は、今も辻留さんにあって活躍しています。
 写しを作る時に大切なのは、そのものの色や形を写すだけでなく、そのものの成立理由やそこから発するメッセージを謙虚に聞き、現代の生活の中にどの様に生かせられるかを考えることなのです。この椀がこれほど長期に渡ってお人に喜んでいただけている理由がそこにあると思うのです。

漆芸家奥田達朗という人物

 奥田氏は自分の母なる国能登の合鹿椀(桃山時代)を出発点に、まり椀(弥生)サハリ椀(中近東)秀衡椀(桃山)根来(室町)明月椀(江戸初期)芹椀(江戸初期)とさまざまな写しに挑戦、研究を重ね、技術的にも輪島の手法をベースに、歴史的、地域的ないろいろな手法を取り込みながら漆の仕事を進めた人です。
 理解してもらえないことに苦しみ、愛してやまない母なる国輪島の方向性の間違いに気付いて苦しみ、経済的にも苦しみ、そんなこんな苦しみの中から輝かしい作品が次々と生まれました。
 そして、一人でも多くの人が本当の(本統の)椀でみそ汁を飲んでほしいと強烈に願った人でもありました。
 日本の気候の中でどれほど漆という素材が快いものであるかを、一部のお人だけではなく多くの方に解っていただきたいと思う気持ちは、ようびも同じでございます。

工芸店ようび 店主 真木啓子
価格に消費税は含まれていません。(外税)

まり椀
漆器 丸いから「まり椀」。優しく手のひらへおさまります。 「初めての漆器」として人気の定番です。
奥田志郎
18,000円
  漆器

漆器・粥椀(合鹿椀)
漆器・合鹿椀 存在感のある大きめの合鹿椀です。たっぷりのお雑煮にもどうぞ。
奥田志郎
30,000円
  漆器・合鹿椀

漆器・明月椀
明月椀 美しい朱に螺鈿のはんなりとした桜・・・。うっとりです。

尚古堂
120,000円
  明月椀
 
サハリ椀
漆器 「まり椀」とともに創業時からの定番。朝鮮新羅に原点があります。
奥田志郎
20,000円
  漆器

漆器・黒二つ椀
黒二つ椀 「桃山時代の合鹿椀」に倣った二つ椀です。普段の飯椀、汁椀にどうぞ。
奥田志郎
50,000円
  黒二つ椀

秀衡椀
漆器 堂々とした秀衡椀の写しです。お雑煮をたっぷりいただけます。
奥田志郎・山本哲
100,000円
  茶托





和食器の愉しみ・工芸店ようび >まり椀