ダブル裾上げの注意事項
誤解されておられる方も多いのですが、ダブル本来の目的は「折り返し部分の重量でスラックスのラインを美しく見せること」で、裾をもう一度伸ばすためのものではございません。
(シングル仕上げの内側の長い折り返しも目的は同じです)
従って、折り返しをまっすぐ伸ばせば股下が3.5cm前後伸びたシングルとして着用していただくことは可能ですが、折り返し部分が軽くなるため見た目や履き心地は最初からその長さに仕立てたシングルには劣ります。

また、折り返し部分の重量は重過ぎても軽すぎても履き心地が悪くなってしまいます。一部地域でみられます特殊ダブル仕上げなどは股下を長く伸ばすことができます反面、下の写真のように多重の折り返しが分厚く・重すぎるため見た目のスマートさ・シャープさをはじめ、履き心地においても通常のシングルやダブル仕上げに劣ります。(街の仕立て屋さんが特殊ダブル仕上げを通常行わない理由の一つです)


特殊ダブル仕上げ(左)と通常のダブル仕上げ(右)の比較。
見た目のスマートさの違いは、履き心地にも明確な差となって現れてまいります。


ダブル仕上げで内側への折り返しを極端に長く取ることを希望される方もおられますが、これも特殊ダブル仕上げと同じように実用上のデメリットが生じます。

本当の意味でのお客様にとっての”メリット”とは?

中学校の3年間では股下では約7cm、ウエストが平均して10cm近く大きくなる
のですが、学生ズボンは裾を伸ばせてもウエストを伸ばすことはできないため、結局ウエストがきつくなった時には買い替えでの対応がベストになります。
少しでも長い間同じズボンを使用したいというお気持ちはよくわかりますが、そのために最初から成長を見越して裾を極端に長く伸ばせるようにしておくことはお子様の成長のバランスを考えると現実的ではありません。

逆に、中学の入学時に裾を大幅に伸ばせるように余裕を見越した上で適正ウエストより10cmほど大きなズボンをお選びいただければ1本の学生ズボンを3年間使用することは理屈の上では可能ですが、(お子様の成長度合いやズボンの使用法によっては、使えない場合もございます)実際に着用されるお子様のことを考えると到底お勧めできかねます。
また、学生ズボンは使用しているうちにどうしても裾の部分が擦れて痛んできて、生地が薄くなって参ります(使い方によっては穴が開く場合もございます)。 
これは裾を長くとる限りどんな丈夫な生地を使用してもある程度発生するのですが、(一般的にポリエステル100%の学生服はもっとも丈夫なため裾の擦れはおきにくく、ウール混紡率が高い程発生しやすくなります)いずれにせよ裾伸ばしが必要になるまで着用された頃にはある程度の裾の痛みは避けられず、そこで裾を伸ばすと痛んで白く線になったり穴が開いた部分が表に出てきてしまうため、当店では「学生ズボンは3年間使えます」「丈直し6年間保証」といった類の宣伝は耳に心地良いものですが非現実的と考え、そのような宣伝は行っておりません。

当店は"着心地""はきやすさ""スマートな仕上がり"といった日常的な使用でのお客さまへのメリットを第一に考え、ダブル裾上げ加工は学生服の正統な仕立て方法通りに内側への折り返し部分を必要以上に長くとらない仕上げとしておりますので、ご理解の上、お買い求めいただきますようお願い申し上げます。




詳しいサイズの測り方は以下をご覧ください。
総丈 :   衿の付けねからかかとまでの寸法。中学生の場合、身長から20〜23cmくらい引いた寸法。
上衣丈 :  衿みつ中央から後身頃裾中央までの寸法。学生服の場合総丈の半分プラスマイナス
       1〜2cmが標準的な寸法になります。
肩幅 :  両肩先点間を衿みつ中央を通して測ります。
袖丈 :  肩先点から手首点までの長さで測ります。製品の出来上がりの場合は袖山の肩先から
      袖口端中央までの長さになります。
胸囲 :  乳頭を通る周径を水平に測ります。
ウエスト : 直立した姿勢で胴囲線(一番細い部分)の周径を水平に測ります。
ヒップ :  尻まわりの一番大きいところの周径を水平に測ります。
ワタリ幅 : もも位置でもっとも太い部分(尻ぐりの下端)の前後センターライン間をワタリ幅として測ります。
もも回り : 尻ぐりの下端より約15cm下をもも回りとして測ります。
ズボン丈 : 出来上がり寸法ではウエストの上端から脇縫い目に沿って裾まで測ります。
股下丈 : 出来上がり寸法では内股合わせから内股縫い目に沿って裾まで測ります。
裾幅 :  出来上がり寸法は裾位置の前後センターライン間を裾幅として測ります。
      20〜24cmが標準です。