俯瞰
セラー
エノマティック
外観
セラーアップ
コーヒードリップ
マルゾッコ
コーヒー売り場
俯瞰
セラー
エノマティック
外観
セラーアップ
コーヒードリップ
マルゾッコ
コーヒー売り場

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズは、大阪・西区にあるワインとコーヒーの専門店です。
200坪という広いスペースに、約2,200アイテムのワインと、
スマートロースターを使用した自家焙煎で、トップクラスの品揃えを誇るCOEとともに、
最高のワインとコーヒーと空間でお客様のご来店をお待ちしております。

WINE
楽天市場で、インターネット店が、10年以上連続で「ワイン・ジャンル賞」を受賞し続け、インターネット店と、実店舗でのワイン販売数は年間200万本を超えるようになりました。ただ、やはりワインは、スタッフと『今夜飲むワイン、どれが良い?』などと話しながら買って頂きたい。
そんな思いを込めて、200坪という広いスペースに、約2,200アイテムのワインを取り揃え、ワインの楽しさを体験して頂けるスペースを作りました。
店内には、「エノマティック」というプリペイド式ワイン試飲マシーンで、10ミリ単位でお楽しみ頂け、ワイン愛好家のみならず、超有名レストランのソムリエまで、いろいろな方にご利用頂き、ワイン好きの憩いの場となっております。

The online shop won “Wine Genre Award” for more than 10years at Rakuten and the number of wine sales for both the online shop and the store is now more than 2 million bottles annually.
But we want our customers to purchase wine while talking to our staff like “Which wine should I get for tonight?”.
Putting that feeling in, we have about 2,200 items of wine in a large space of 200 square meters and also a space you experience enjoyment of wine. You can always taste 48 kinds of expensive wine in 10ml unit at a prepaid tasting machine “enomatic” at our shop. It is used by different customers not only wine fan also sommelier at very famous restaurants and has become oasis for wine lovers.
MORE
COFFEE
ワインを語る時、産地や、ブドウ品種、そして、誰が造っているのか?という事は、欠くことの出来ない情報です。
ですが、世界中で愛飲される同じ農産物でありながら、コーヒーは、品種や、土壌、造り手などのことが語られることが、今まで、殆どありませんでした。
だから、タカムラで扱うコーヒーは、ワインのように、造り手の顔が見えて、出来る事ならば、その土地の個性を感じられる物でありたいと願っています。
コーヒー豆の個性を引き出す事を、最優先にしたいと思い、日本に約10台しかないスマートロースターという、最新鋭の焙煎機を選びました。
タカムラでは、生産者の方々と共に、美味しいコーヒーを作り上げたいと思っています。

Information like a production area, a type of grapes and who makes it is essential when it comes to talking about wine.
However, it was rarely talked about types, soil and producers about coffee though it is the same produce that is drunk habitually in the world. So we hope that coffee we have at Takamura is like wine that you can see a face of a producer and can feel a character of its area.
We chose the most advanced roasting machine, Smart Roaster, that is only 10 of them in Japan, as we want to prioritize producing a character of coffee beans. We would like to make a good coffee together with producers at Takamura.
MORE

タカムラ株式会社
〒550-0002
大阪市西区江戸堀2丁目2-18
2-2-18 edobori nishiku Osaka

TEL:06-6443-3750
FAX:06-4803-7863

店舗運営責任者:松 誠(EC部門)
店舗セキュリティ責任者:松 誠
店舗連絡先:wine-takamura_6@shop.rakuten.co.jp

インターネット部門営業時間:9:00〜18:00
(定休日/土・日・祝・臨時休)
REAL SHOP
〒550-0002
大阪市西区江戸堀2丁目2-18
2-2-18 edobori nishiku Osaka
TEL. 06-6443-3519
FAX. 06-6443-9390
OPEN. AM11:00~PM7:30
COFFEE PM7:00(L.O)
CLOSE. Wednesday
http://takamuranet.com/
  ■地下鉄をご利用の場合
大阪市営地下鉄四ツ橋線「肥後橋」駅/2番、8番出口より徒歩10分
京阪中之島線「渡辺橋」駅/4番出口より徒歩13分
京阪中之島線「中之島」駅/6番出口より徒歩10分

■バスをご利用の場合
JR大阪駅前より「天保山行き」88番、又は「なんば行き」75番に乗り、
「土佐堀一丁目」で下車。そこより徒歩約3分。

■お車でご来店の場合
上記地図を参照ください。提携駐車場完備 詳しくはこちら >

●商品がお手元につきましたら、すぐに注文と違ったものが送られていないか確認して下さい。
●掲載写真は実際のお品を再現するよう心掛けておりますが、ご使用のモニターにより、若干差異が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
●商品の品質については細心の注意を払っておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、またはご注文と異なる場合は、お届け後一週間以内にご連絡下さい。
●お客様のご都合による返品は原則としてお受けいたしかねます。特にワインは“生もの”ですので何卒ご了承下さい。

【ご返品・交換をお受けできない場合】
・お届けから一週間を経過した商品
・一度ご使用になられた商品
・お届け後、汚損・破損された商品
・お届け後、加工された商品
・お届け後、修理、クリーニング等をされた商品
・その他 各商品掲載ページにご返品をお受け出来ない旨記載があるもの

●お届けから一週間を過ぎますと、返金、返品につましては、ご相談致しかねますのでご了承下さい。
●配送途中での破損等の事故がございましたら、タカムラまでご連絡ください。
 取り急ぎ代わりのお品をご用意致します。
 *その際の応対は、運送会社様より直接ご連絡する場合もございます。あらかじめご了承下さい。
 (但し、在庫がない商品に関しては交換ができない場合がございます。)

消費税率:8%
消費税計算順序:1商品毎の消費税計算
1円未満消費税端数:切り捨て

個人情報保護方針

  1. 当社は、お客さまの個人情報の適正な取り扱いに関する法令その他の規範を遵守いたします。
  2. 当社は、お客さまの個人情報を適正に取得いたします。また、法令に定める場合を除き、お客さまの個人情報の利用目的を通知または公表し、利用目的の範囲内において使用いたします。
  3. 当社では、すべての役職員が個人情報保護の重要性を理解し、お客さまの個人情報を適切に取扱うよう教育いたします。
  4. 当社は、お客さまの個人情報に関し、不正アクセス、個人情報の紛失、改ざんおよび漏洩等の防止に努め、適切な安全管理措置を実施いたします。
  5. 当社は法令に定める場合を除き、お客さまの個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはいたしません。
  6. 当社はお客さまの個人情報の取扱いを委託する場合は、お客さまの個人情報の安全管理が図られるよう適切に監督いたします。
  7. 当社では、個人情報保護のための管理体制および取組みを継続的に見直し、その改善につとめてまいります。



個人情報の利用目的について

お客様の個人情報は、下記の目的についてのみ利用いたします。
1. メールマガジンなどによる各種情報のご案内
2. アンケート回答や各種イベント参加のお礼や結果報告
3. 商品サービスの充実を図るためのデータ分析

上記以外の目的には利用いたしません。また、収集した情報は本人の同意を得ない限り第三者への開示提供は行いません。ただし裁判所、警察、消費者センターまたはこれらに準じた権限を持った機関から合法的な要請がある場合は、これに応じて情報を開示する場合があります。