てく・まりんぼトップページ > マリアベールとは

マリアベール

聖母マリア様がお付けになっていた事からこの名前が付けられました。 結婚式に限らず、敬虔なクリスチャンの方はミサの際など、マリアベールを付けられています。 ウエディングにマリアベールが使われ出してからは、花嫁様の憧れのベールとなっています。 お顔の全面にレースがきますので、お顔が引き立ち、豪華でかつ厳粛な印象です。

 

マリアベールの形状

マリアベールは楕円形(だえんけい)になっているものが多いです。 楕円形の頂点を頭に乗せて何本かのUピンを上からさして止めていきます。 ブライダルをされている美容師さんでしたらマリアベールの留め方はお分かりだと思います。 ベールの種類によって上下、柄の出方が違うものがあります。当日あわてないように糸などで印を付けておかれる事をお勧めします。 又、着脱を簡単にするために端にコームを付けると言う方法もございます。(取り付けは有料です)コームが有るととても便利ですが、付ける位置が限定されてしまうと言う事と、フェイスアップベールへのアレンジやショールとしては使えないと言うマイナスポイントもございます。

ページTOPへ戻る

マリアベールのサイズについて

 

【ショート丈】 上の図の赤のラインのイメージです。 身長158cm前後の方が付けられるとバックがウエスト位置ぐらいになります。 ドレスの裾に装飾が多く、ベールと重なるとうるさい感じがする時にこちらのショート丈がお勧めです。

【ミドル丈】 上の図の緑のラインのイメージです。 身長158cm前後の方が付けられるとバックがヒップぐらいになります。 ドレスの後ろウエストにポイントがある場合、ショート丈よりもミドル丈の方がドレスのポイントを邪魔しないので こちらの丈をお勧めする事も多いです。

【ロング丈】 上の図の紫のラインのイメージです。トレーンの長いドレスにもほとんどの場合、対応します。

ロングマリアベールの長さの決め方の目安

あなたの身長+靴のヒールの高さ+ドレスの裾が床に付いている分の長さ+30cm これが最低、必要なベールの長さです。

もし、あなたのドレスがこの計算で300cm以上になる場合はサイズオーダーでマリアベールをお作りできますので どうぞご安心下さい。

ページTOPへ戻る

マリアベールをフェイスアップベールにする方法

マリアベールとしてはもちろん、フェイスアップベールにチェンジして

両方のベールを楽しみたい。 こんな花嫁様はとてもたくさんいらっしゃいます。

このページでマリアベールをフェイスアップにする方法をご案内させて頂きます。

 

右の図の様に『ギャザーを寄せる』と書いている箇所を糸で実際に縫ってしまうのが

一番綺麗に仕上がる方法です。

(ベールの両端70cmぐらいずつを残して中心にギャザーを寄せます。

ギャザーを寄せて8cm位の仕上がりになるのが理想です。)

 

でも式が進行している時、時間に追われてゆっくり縫っている時間がないかも知れません。 またはフェイスアップベールの後、マリアベールにされるご予定でしたら

先に糸で縫ってしまうとマリアベールにする段階で糸を切って元に戻さないといけません。

 

そんな時は同じ位の分量、手でギャザーを寄せながら、Uピンで形を作って行く方が

良いかも知れません。

 

どんな順番でマリアベールとフェイスアップベールをお使いになるかを考えて最適なチェンジの方法を見つけて下さいね。

ページTOPへ戻る

皆様のベールのご相談に乗ります!

てく・まりんぼでは、皆様のベールのご相談を歓迎しています。

お客様の ウエディングドレス に合うベールを親身になってご提案させて頂きます。

ウエディングベール のオーダー・サイズオーダーも承っております。

どんな事でもお気軽にご相談下さい。

メール・お電話でご相談を承っております。

 

○お問合せメールアドレス : wedding-marinbo@shop.rakuten.co.jp  

○お電話 : 072-857-8750

 

みなさまからのご連絡をお待ちしています!

このページトップに戻る

このページトップに戻る

Copyright (C) 2009 Tech Marinbo. All Rights Reserved.