"ROBERTO COLLINA ロベルトコリーナ"

イタリア中部の都市ボローニャを本拠地とする「ROBERTO COLLINA」は1981年に誕生しました。その確かな技術力でプラダをはじめ多くのメゾンブランドのOEMを請け負っている実力派ファクトリー。トレンドをうまく反映させるコレクションは毎年ピッティでも好評で、クオリティの高さとコストパフォーマンスではイタリア随一といっても過言ではありません。

ボリオリ BOGLIOLI メイン画像
"ニットへのこだわり"

ニットウェアブランドロベルトコリーナ(roberto collina)は、1981年にイタリアのボローニャ郊外にて設立された。 メンズ・ウィメンズともに展開しており、ハイゲージニットからローゲージニットまでを凌駕する高品質のニットを生産しています。 またプラダやグッチなどの高級ブランドのニット商品も排出しており、その手がけの美しさは一流です。 近年では多くの高級セレクトショップが挙って別注をしています。 ロベルトコリーナ(roberto collina)の全ての製品はイタリア製で、そのほとんどが自社工場内で生産されています。 ニットの命と言える糸に全神経を注ぎ、商品となる糸は厳粛な基準により選別され、全ての工程でその品質のチェックを行っています。 糸へのこだわりが、今のイタリアニットを先導するロベルトコリーナの最大の武器となっています。



全製品がイタリアの自社工場内で生産。
『糸』への究極のこだわり