2016年 10月号

 
 

〜自然界に祈りを捧げる〜さて、こんにちは。自然界との連繋に目覚めた、きむちんです♪
やっと秋らしい気温、気候になりましたね!
最近のことで申しますと、阿蘇山の大噴火がありましたが、神さまはお鎮まりいただいたかしら。。
皆さん自然界から、何か差し迫ったメッセージを感じてはいませんか?? 私はあらためて、私たちの暮らしや幸せというものは、自然界のご加護の上で成り立ち、その中で私たちは賑わい笑い、いらいらし、一喜一憂に明け暮れていることを思い知らされるのでした!
私たちは、自然界そのものにもっと謙虚で平伏しなければなりません。 私たちの気持ちは、もう自然界の一部では無くなっています!繋がりは大変希薄なものになっています。 作っては壊し、壊しては作りの塵の山しか築けない、或いは見えない毒を海や大気中に撒き散らす、愚かな営みしか出来ない、自然界との連繋が" 退化した人間" なのです! それは誰か!でもない、私であり貴方です。
私たちは、必ず何処かで自然界の破壊に加担し、やがては自ら地球上の大型生命を殺傷しつくすはずの…
自然界との連繋が" 退化した人間" なのです!この星の浄化は、この星の自然によってもたらされます。それが道理です!
私たちは、自然界において地球の3割に相当する「陸」の王たる道を授けられました。
「陸」の王たる仕事は何か?そして「陸」の王たる者として、陸の2.3倍もの面積、地球の7割を占める「海」の王に何を約束して、「陸」の王を授けてもらったのか!?
だからね…私たち人間総出で天地に" 平安の氣[氣= 波形]" を満たし、命乞いをしなければなりません。
この世に偶然の敗北は、ありません。敗北は、必然から生まれます。この世は道理で動いています。
慢心した人間は、必然を偶然だと見過ごしてしまいます。
皆さんが、もし自然界には「奇跡はある」と思えるなら、ひとりひとり、もっと謙虚に、自然界を敬い奉り、感謝を伝えて、許しを請い、子孫に伝えることを忘れず生きてまいりましょう!

きむちんね、10 年ちょっと悩んだけど…
次に生まれ変わるとしたら" シャチ" になることに決めたの!
シャチはね!北極から南極の海、アフリカの海から日本の海まで、棲息域は世界中なの。
海の生態系では、その頂点に立っていて自由に生きていけるの!
電気がなくても困らないし、自然界に還らないゴミも出さない。もともとプロポーションも良いし、キュートな柄を持って生まれているから、服も要らないし洗濯も要らない。 食べものだって生食で調理をしないから火も要らない。おまけに水の中なんでノドも乾かない(笑) 数百キロメートル離れていても、超音波で会話出来るから携帯電話要らないしぃ。。
あぁ、お金なんて価値ないよねー ね、ね、しかも! シャチの寿命は30 年と長いのよ??
人間は…勉強しなさ〜い、働きなさ〜い、稼ぎなさ〜いなんて言われて、アレも欲しい、コレも欲しいと、 まぁくだらないことにエネルギー使っちゃって、たぶん人生80 年として、50 年はこんなんに使っちゃってんじゃない? 80-50=30 年♪そう思うと、シャチの生涯って良いでしょう(笑)
ねぇ、皆んな!!だからお願い!きむちんのために、お水は汚さないで暮してください。
5年後かな?そのまた何年後かな?きむちん、必ず" シャチ" になって戻って来るからね??
皆んなは、どお?シャチはいいよ♪でも「水族館」には入れないでね。 ダメよ!

SUN 16/10/2016 木村“きむちん”正宏