ワッフルメーカーでベルギーワッフル作っちゃおう!

●表面サクサクのベルギーワッフルを「ワッフルメーカー」で美味しく焼き上げましょう。強力粉にドライイーストと聞くと、パン生地のように思いますが軽めの第一発酵だけですので、パン生地に比べるとお手軽に仕上がります。第二発酵なしで、仕上げるため時間も短時間で済みます。材料を吟味できる点と、強力粉を使用するので食感がカリっと仕上がります。ワッフル用のミックス粉やホットケーキミックスでも簡単に出来ちゃう「ワッフル」ですが、ぜひお時間のあるときにお試しくださいませ。今回、生地作りに使用したマシーンは、1.9 リットルの「クイジナートのフードプロセッサー」。ワッフルメーカーは「ビタントニオ」です。この「ビタントニオ」の「ワッフルメーカー」は、プレートが取り外しできるので、お手入れが簡単!しかもフッ素樹脂加工なのでスルっと生地が取り出せます。

●「フードプロセッサー」を使用しない場合は、木べらでグルグルかき混ぜると良いです。生地が柔らかめなので頑張って捏ね上げるというほどではありません。


材料(普通サイズ4個分、小さめなら6個分になります)
強力粉          130グラム
砂糖            20グラム
ドライイースト       小2弱(5グラム)
塩             小2分の1弱(2グラム)
バター           50グラム(柔らかくしておきます)
卵            1個
牛乳            50CC
ざらめ           25グラム

関連商品


手順
1.クイジナートのワークボウルに羽(ドゥブレード)をセットします。そこへ強力粉・砂糖・塩・ドライイーストを入れて、スプーンの先などで、全体を混ぜます。次に柔らかくしたバター・卵・牛乳を加えながら、ミキシングします。
2.初めは2秒ずつ「ダダッ、ダダッ、」と5回ミキシング。ここで蓋をはずしてスパチュラで、側面に飛び散った粉やバターをきれいにおとして、再び蓋をして一気に20秒ミキシングします。
3.生地がなめらかに、かつ均一な状態になったら捏ねはOKです。蓋をして、28度のところで、30〜35分第一発酵させます。
4.第一発酵が終了したら、生地を台に取り出します。油分の多い生地なので、シリコン製のオーブンシートの上で作業をすると後片付けが簡単です。羽(ドゥブレード)が生地に埋もれてしまっていますから、生地から取り出してください。全体を4等分して丸め、ざらめを生地の中に入れ込むように軽く混ぜ込みます。この作業でガス抜きは出来ていますから、あとは丸め直して準備完了!
5.上にキャンバス生地をかぶせ10分おきます。この間にワッフルメーカーを予熱させておきましょう。
6.温まったワッフルメーカーに、生地をおいて、ギュッと蓋をします。最初の2分は蓋を開けてはいけません。4分たったら様子を見てください。きつね色になっていればOKです。焼き色が薄かったら、あと1分ほど様子を見ながら焼いてください。
7.焼き上がったベルギーワッフルはアツアツを召し上がってください。また冷めてしまってもトースターで2分ほど温めていただければ、とても美味しくいただけます。
MEMO ワッフル生地そのものにバターや砂糖が入っておりますので、そのままで十分美味しいベルギーワッフルです。ざらめを表面に付けたい場合は、熱くなったプレートにざらめをふり、その上に生地を置きます。そして生地の上にもざらめをふりそして蓋して焼き上げます。カリカリの食感が最高です。