●当店で扱っておりますケーキ型・パン型を使ってパンを焼く際、必要な分量を比較できる表があるととっても便利!そこでパン生地の分量を一覧でご覧いただけるよう、簡単分量表をぜひご活用くださいませ。

●このパン生地の分量は、食パン型ですと蓋をして角食パンを焼くときの分量です。また蓋のないケーキ型は上にオーブンシートをかぶせ、さらに重石代わりにロールケーキ型をのせ、端っこまでパン生地が行き届くように割り出した分量となります。この分量表に基づき、基本のパン生地を捏ねてぜひフカフカパンをたくさん焼いてみてください。

●また、このレシピは基本のパン生地です。バターをもっと多く入れたレシピ・・・・や、水を牛乳に替えたレシピ・・・・など、いろいろご希望はあるかと存じますが、一覧でご覧いただけるよう、すべてのレシピを基本のパン生地で計算いたしました。





★こっそり教えちゃう分量お問い合わせボタン★ってなあに?

♪表の型以外のケーキ型やパン型を使ってパンを焼く場合は、型の容量を量って教えてください。基本のパン生地の分量、こっそり教えちゃいまーす♪「商品についての合わせボタン」よりお進みくださいませ。

●お手元にあるいろいろなケーキ型、あるいは容量が分からないまま使っていたパン型はありませんか。それらの型の容量を正確に知ることで、さらに使い方が広がります。たとえば今までケーキしか焼いたことのなかったパウンドケーキ型や可愛らしいモチーフのノルディックウェアのケーキ型。買ったからにはケーキだけを焼いていてはもったいない!!皆様に美味しいパンをもっともっと焼いていただきたい!

●でも、さまざまな型の容量にぴったり合ったパンのレシピがあれば良いのですが、なかなかそうもいきません。そこで教えちゃいます!やることはただひとつ!お手持ちの型の容量を正確に量ってください。型の容量を教えていただけたら、どのくらいの生地を入れたら良いのか、強力粉やそれ以外の材料を何グラム準備したらよいのか、ちょっと見当がつきにくい分量をバッチリ教えちゃいまーす!

●お手持ちの型の容量の出し方をご紹介しますので、まずご自身で容量を量ってみてください。そして「商品についての合わせボタン」よりお進みください。貴女が知りたかった【ぴったり基本分量】をこっそり教えちゃいまーす♪ぜひ型にぴったりのフカフカパンを焼いてみてください。

●今回お伝えするパンの分量は、すべて蓋の代わりに重たいロールケーキ型をのせて焼き上げる方法で仕上げる場合の分量となります。こうすることで型の隅々までパン生地が行き渡ります。第二発酵の温度や時間によっては少し型からはみ出して焼き上がる場合もありますがおおよそ型通りのパンに焼き上がります。ポイントは重たいロールケーキ型をのせること!重石をすることで、上への膨らみが抑えられ、モチーフがくっきりと出やすくなります。





◇「マフィン型」や「フィナンシェ型」のように複数個取りのケーキ型の場合は型1個分を計量してから全体の容量を求めていくと良いです。










◇パウンドケーキ型やエンゼル型のように1個取りシングルタイプの場合は、500CC あるいは 200CCの計量カップなどで水を注ぎ、何杯と何CC入れることができたかを確認することで正確に計量できます。







◇食パン型のように継ぎ目のある型の場合は薄いビニール袋を敷いてそこへ水を注ぎ入れ、容量を求めると良いです。あるいは型内側の継ぎ目部分にショートニング(バターでも可)を塗り継ぎ目をふさぎ、そこへ水を注ぎ計量することもできます。