光源の種類と特徴

光の種類に合わせて照明器具を選ぶ

照明器具のランプには、LEDランプ、蛍光ランプ、白熱ランプの3種類があります。

それぞれ明るさや光の色、陰影の出方などに特徴があり、ランプの選び方で住まいにおける空間演出も決まります。

場所や目的に合わせて、上手にお部屋の照明を選びましょう。

LEDランプ

特徴

蛍光灯や白熱灯と異なり、紫外線や赤外線などをほとんど含んでいません。

このため、文化財や美術品、生物など、熱や色退色に弱い照射物にも従来光源よりも安心して使用することができます。

長寿命で省電力。スイッチを入れたらすぐに点灯し、陰影をつくる光やフラットな光など、 器具によって様々な表現が可能ですが、

従来光源よりも若干高価で、器具と一体型のものは交換時は器具ごと交換が必要な場合があったり、 調光に対応していない場合があります。

最適な空間

リビング・ダイニング、寝室・和室・エクステリア またメンテナンスのやりにくい場所、点灯時間の長い場所

蛍光ランプ

特徴

白熱ランプと違い、フラットな拡散光が得られるため、陰ができにくく、露出して使用してもあまりまぶしさを感じません。

白熱ランプよりも寿命が長く、LEDよりも安価です。

スイッチを入れてからフル点灯まで、やや時間がかかるものがあり、 ON・OFFを頻繁に行う場所には、ランプを著しく消耗するため、あまり向いていません。

基本的には調光できませんが、一部調光機能(段調光・連続調光など)のある回路では調光に対応できる場合もあります。

最適な空間

リビング・ダイニング、寝室・和室・エクステリア、子供部屋

白熱ランプ

特徴

落ち着いた雰囲気で、くつろぎ感を演出。 点光源で輝度が高く、陰影ができることで、ツヤや立体感の表現にすぐれています。

また、色の再現性に優れ、赤みを帯びたやわらかく暖かい光には ムードを演出したり、料理をおいしそうに見せる効果があります。

スイッチを入れるとすぐに点灯するので、階段や廊下など滞留時間が短く、ON・OFFを頻繁に行う場所におすすめ。

調光器との併用で、調光もスムーズに行うことができます。

ただし、電気代は若干高くなり、ランプの寿命も短めとなります。 最近では省エネブームもあり、他の光源の機種への入替が進んでいます。

最適な空間

廊下・階段・サニタリー、エクステリア、リビング・ダイニング


光色について

呼称
電球色
昼白色
昼光色
特徴 穏やかで暖かなオレンジがかった色。白熱灯の色。
落ち着いた雰囲気やくつろぎ感を演出することができるので、寝室やダイニングの照明などにおすすめです。
少し黄色がかった色。
生き生きとした、さわやかで活動的な雰囲気を演出。太陽の光に近い「ナチュラル色」
青みがかった色。
蛍光灯で一番代表的な、すがすがしく、さわやかな「クール色」
日中の作業や勉強に適しています。
2800K
5000K
6700K
色温度の目安 2700〜3000K 5000K 6500K〜6700K
お気軽にお問合せ下さい

おすすめ商品!

エルランテシーリング LED シーリング
おすすめ照明器具 ダウンライト エルランテ
あかりプラン 工事 設置場所別検索

照明器具、施設照明、主要メーカー【パナソニック・コイズミ照明・オーデリック・大光電機・東芝ライテック・ 遠藤照明・マックスレイ・山田照明】各社のシャンデリア・シーリングファン・シーリングライト・ キッチンライト・ペンダント・ブラケット・ダウンライト・スポットライト・蛍光灯・ベースライトなど多数お取扱い! 各種住宅設備機器と合わせて全商品数75,000点以上!!

タカラShop 楽天市場店工事のお問合せはこちら