初めてのトランペット選び。
いろいろな色や形の違うモデルがあるけど、どれを選べばいいの?その疑問はごもっともです。
トランペットは、その材質や表面仕上げによって大きく音色が変わる楽器ですので、音の好みや用途にあわせて多くのタイプが用意されています。
その種類の多さが冒頭の「どれを選べばいいの?」につながってしまうのです。
そこで、こちらではトランペットを選ぶ際に知っておいていただきたいいくつかのポイントをピックアップいたしました。

皆さんのトランペット選びの手助けになれば幸いです。
もちろんわからないことはトランペットステーションまでお気軽にお問い合わせください!

トランペットの管体材質 - トランペットは何でできてる?

トランペットの材質は大きく分けて2種類,真鍮(読みは「シンチュウ」。一般的に「ブラス」と呼ばれます)系と洋白(ヨウハク)系です。

真鍮系-銅と亜鉛の合金

真鍮は、加工のしやすさや耐蝕性(腐食のしづらさ)が鉄などより優れ、外観も美しいため、古くから金管楽器の管体材料に用いられてきました。
銅と亜鉛の割合によりイエローブラス、ゴールドブラスと呼ばれ、音色のバリエーションを生み出しています。

ベル材料と音色

イエローブラス 明るく、張りのある音色
ゴールドブラス 幅のある豊かな音色

洋白系-銅とニッケル・亜鉛の合金

銅・亜鉛にニッケルが加わった、白色で光沢のある合金です。真鍮以上に耐蝕性に富んでいます。 深く重厚な音色が特徴です。

金属管体の表面仕上げ - 仕上げによる音の違い

トランペットは加工の完了した金属管を研磨した後、ラッカー塗装、あるいはメッキを施して仕上げます。これを表面仕上げと呼び、この仕上げの方法によっても音色は変わります。上記の管体材質とこの表面仕上げの2点は音色を決める重要な要素となり、この2点の性格を把握しておけば、おおよその音のイメージが想像でき、楽器選びの指針にもなるわけです。
※ここで紹介しているものは、基本的な仕上げのみとなります。
ラッカー塗装 シャープでパワフルな音。 ゴールドラッカー/金色の塗料を混ぜラッカーを塗装。
ソリッドで暗めの音。フォルテの音抜けが良いと感じられる クリアラッカー/透明なラッカーを塗装。
メッキ やわらかく明るめの音。楽器自身の特性が直接現れ、より細かなニュアンスが出せる。
柔らかい、比較的目立つ音。銀メッキよりは暗めの音。

支柱 - 支柱の役割とは?

支柱とは下の画像の赤いマルで囲まれた部分のことで、管の響きや吹奏感にある程度の*抵抗感をつけ、明るさや重厚さを付加するためのものです。

支柱の有無による音色の違いは下の表のようになります。

*抵抗感とは、息を吹き込んだ際の反発力(息の入りにくさ)となります。
また、抵抗感が強いと演奏の際に少々パワーが必要となりますが、しっかりとした芯のある響きとなります。

支柱 音色
なし
明るく、抜けがよい。軽い音色。
主にジャズやビッグバンドなどのジャンルに人気のモデル。
1本
豊かだが、ある程度の抵抗感がある。
主に吹奏楽やアンサンブルなどのジャンルに人気のモデル。
2本
かなりの抵抗感があり、しっかりとした音色。
ジャンルを問わず人気があり、主にクラシックに人気のモデル

初心者におすすめのタイプ別トランペット

上記の管体材質や表面仕上げ、支柱の本数や有無によりタイプが異なるトランペットを挙げてみました。
全てYAMAHAのトランペットとなります。 音程(ピッチ)が安定しているので初めての方にもオススメです。
※楽器画像をクリックするとそれぞれの詳細をご覧いただけます。
YTR-2330
YTR-2330
【スタンダードシリーズ】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:ゴールドラッカー
■支柱:なし
YTR-2330S
YTR-2330S
【スタンダードシリーズ】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:なし
YTR-3335
YTR-3335
【スタンダードシリーズ】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:ゴールドラッカー
■支柱:1本

YTR-3335S
YTR-3335S
【スタンダードシリーズ】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:1本
YTR-4335GII
YTR-4335GII
【スタンダードシリーズ】
■管体材質:ゴールドブラス
■表面仕上:ゴールドラッカー
■支柱:1本
YTR-4335GSII
YTR-4335GSII
【スタンダードシリーズ】
■管体材質:ゴールドブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:1本
YTR-850
YTR-850
【カスタムシリーズ】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:クリアラッカー
■支柱:1本
YTR-850S
YTR-850S
【カスタムシリーズ】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:1本
YTR-850G
YTR-850G
【カスタムシリーズ】
■管体材質:ゴールドブラス
■表面仕上:クリアラッカー
■支柱:1本
YTR-850GS
YTR-850GS
【カスタムシリーズ】
■管体材質:ゴールドブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:1本
YTR-8335S
YTR-8335S
【Xeno(ゼノ)シリーズ】
■管体材質:イエロー
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:2本
YTR-8335G
YTR-8335G
【Xeno(ゼノ)シリーズ】
■管体材質:ゴールドブラス
■表面仕上:クリアラッカー
■支柱:2本
YTR-8335RGS
YTR-8335RGS
【Xeno(ゼノ)シリーズ】
■管体材質:ゴールドブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:1本
YTR-9335NYS
YTR-9335NYS
【Xenoアーティストモデル】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:2本
YTR-9335CHS
YTR-9335CHS
【Xenoアーティストモデル】
■管体材質:イエローブラス
■表面仕上:銀メッキ
■支柱:2本

▲ ▲ ▲ ▲ ▲
ここまでで基本的な”知っておきたいこと”は終了ですが、
もっと深く知りたい方はここから先もチェックしてみてください!!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ボアサイズ

「ボア」とは管の円周部分の直径のことです。このボアのサイズにより息の量が決められ、 音色が変わってきます。
ボアには、サイズの小さい順にミディアム・ボア、ミディアム・ラージボア、 ラージ・ボアがあり、直径の小さなものほど必要な息の量が少ないために吹きやすく、

音色は繊細でしっとりとしたものになります。
逆にボアのサイズが大きくなると、息の量も必要となり音色・音量と もに豊かで華やかなものとなります。
最初はミディアム・ラージボアから始められると良いかもしれません。

一枚取りベル・二枚取りベル - ベル部分の加工方法

ベルの加工方法は一枚の板から作られる一枚取りと、2枚の板を接合して作られる2枚取りとがあります。
それぞれの特徴をご覧ください。
●1枚取りベル(1-Piece Bell)

◎伝統的な工法で、大きな銀杏型の板からつくられる
◎板厚が先端に向かって薄くなる
◎職人の個性が出やすい
●2枚取りベル(2-Piece Bell)

◎広がりの大きな部分と、少ない部分とを接合して作られる
◎板厚を含めて、均質で製品のばらつきができにくい
◎加工が比較的、簡単な傾向にある

ピストン式とロータリー式

どちらも空気(息)の流れを調整するためのバルブのシステムです。
ピストン式は明るい音色で、故障が少ないのですが、ピストンを上下に動かさなければならないために、
早いパッセージのときには十分に扱いきれないこともあります。
一方、ロータリー式は、音の変わり目がはっきりした深い音色を奏でます。
操作は簡単ですが、逆に故障がおきやすいと言えます。それぞれに楽器毎の音色があるように、やはり一長一短があると言えます。

ピストン式の息の流れ

ピストン上下の運動距離は大きい


ピストン式
ロータリー式の息の流れ

約90°の回転で音が変えられるので、ストロークが少ない

ロータリー式

4本ヴァルブの扱い方

ピストン式とロータリー式の項目でふれたように、ピストンにはそれぞれ長さの異なるパイプがついており、 ピストンを押すことでパイプが連結され、
管の長さを変化させることができます。4本ピストンの楽器では、4本目のピストンに1と3と同時に押した場合と同じ長さのパイプがついているために、替指や音程の修正、音域の拡大などに活躍することができます。


お問い合わせ


トランペットステーション
TEL/03-3780-8155
■e-mail:trumpet_station@ikebe.co.jp

 |トランペットステーション楽天市場トップページへ