東芝ダイレクトPC 楽天市場店

ウインドウを閉じる

dynabook AZ35、25、15(リュクスホワイト) 2015秋冬モデル ハードウェア仕様

dynabook AZ35、25、15(リュクスホワイト) ハードウェア仕様表
モデル名 dynabook AZ35/TW
(リュクスホワイト)
dynabook AZ25/TW
(リュクスホワイト)
dynabook AZ15/TW
(リュクスホワイト)
型番 Microsoft® Office
なしモデル
PAZ35TW-SNA PAZ25TW-SNA PAZ15TW-SNA
Office Home and Business
Premium プラス Office 365
サービス 搭載モデル
PAZ35TW-SWA PAZ25TW-SWA
Office Personal Premium プラス Office 365
サービス 搭載モデル
PAZ15TW-SCA
プレインストールOS

Windows 10 Home 64ビット(※1) (※2)
Windows 10 64ビット

CPU   インテル® Core™ i5-5200U
プロセッサー
インテル® Core™ i3-5015U
プロセッサー
インテル® Celeron®
プロセッサー 3215U
動作周波数 2.20GHz (インテル® ターボ・
ブースト・ テクノロジー
2.0対応: 最大2.70GHz)
2.10GHz 1.70GHz
コア数/スレッド数 2コア/4スレッド
(インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
2コア/2スレッド
キャッシュメモリ インテル® スマート・キャッシュ 3MB

インテル®

スマート・キャッシュ 2MB

メモリ 標準/最大 4GB(4GB×1)/16GB
仕様 PC3L-12800(DDR3L-1600)対応 SDRAM、 デュアルチャネル対応
メモリ専用スロット 2スロット(空きスロット×1)
表示機能 ディスプレイ

15.6型ワイド(16:9) HD TFTカラー

Clear SuperView LED液晶 (省電力LEDバックライト)

1,366×768ドット(※3)(※4)




/


外部ディスプレイ
(HDMI接続)
(オプション)
最大3,840×2,160ドット/30Hz (HDMI 4K) (※5)(※6)/1,677万色、 HDCP対応 最大1,920×1,080ドット(1080P) (※5)(※6)
/1,677万色、 HDCP対応
本体のディスプレイ
と同時表示
最大1,366×768ドット (※7) /1,677万色 (※8)
ビデオRAM

最大2,005MB (メインメモリと共用) (※9)

グラフィック
アクセラレーター (※10)
インテル® HD グラフィックス5500(CPUに内蔵)

インテル® HD グラフィックス

(CPUに内蔵)

入力装置 本体キーボード 106キー(JIS配列準拠)(テンキー付き)、キーピッチ:19mm、キーストローク:1.5mm
ポインティングデバイス ジェスチャーコントロール機能付きクリックパッド(タッチパッド)
補助記憶
装置
ハードディスク 500GB (5,400rpm、Serial ATA対応) (※11)
  Cドライブ
容量
(空き容量)
Office
非搭載
モデル

約484GB(約442GB) (※12)

Office
搭載
モデル

約484GB(約440GB) (※12)

光学ドライブ(※13)
DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R 2層書き込み対応)
通信機能 LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(自動認識)
無線LAN (※14)

IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠
(Wi-Fi準拠、WPA/WPA2対応、128bit WEP対応、256bit AES対応、TKIP対応)(※15)

Bluetooth (※14)(※16)
Bluetooth® ワイヤレステクノロジーVer4.0 (※17)(※18)
サウンド機能 (※19)

インテル® ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
オンキヨー製ステレオスピーカー、デュアルマイク (※20)

ブリッジメディアスロット(※21)
(詳細はこちら)
1スロット
インターフェース

●ヘッドセット/ヘッドホン端子×1 (※22) ●USB3.0×4 (※23)

●LAN(RJ45)×1 ●HDMI出力端子×1 (※24)(※25)

Webカメラ 有効画素数 約92万画素
セキュリティ機能 BIOSパスワード、HDDパスワード、セキュリティロック・スロット
電源 バッテリー リチウムイオン (バッテリーパック) (※26)(※27)
  駆動時間 約7.0時間 (※28)
  充電時間 約4.0時間(電源OFF時) /約12.0時間 (電源ON時) (※29)
ACアダプター AC100V〜240V、50/60Hz (※30)
標準消費電力 (※31)(最大) 約7W(45W)
省エネ法に基づく
エネルギー消費効率 (※32)
M区分0.018 (AAA) M区分0.023 (AAA) M区分0.028 (AAA)
環境条件 温度5〜35℃、湿度20〜80% (ただし、結露しないこと) (※33)
環境性能レーティング (※34) ★★☆V13
外形寸法(突起部含まず)

約380.0(幅)×259.9(奥行)×23.5(高さ)mm

質量 (※35) 約2.3kg
主な付属品

●ACアダプター ●電源コード ●スタートアップガイド ●保証書

●「Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス」パッケージ または、
「Office Personal Premium プラス Office 365サービス」パッケージ(Office搭載モデルのみ)
●dynabookガイド(取扱説明書)

保証(海外保証〈制限付〉を含む) あり(引き取り修理・海外保証〈制限付〉1年)

このページのトップへ

※1.
Windows 10 Homeでは、ネットワークのドメイン参加をすることはできません。
※2.
プレインストールされているOSのみサポートします。
※3.
TFTカラー液晶ディスプレイは、非常に高度な技術を駆使して作られております。非点灯、常時点灯などの表示(画素)が存在することがあります(有効ドット数の割合は99.99%以上です。有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドット数の割合」です)。また、見る角度や温度変化によって色むらや明るさのむらが見える場合があります。これらは故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※4.
液晶ディスプレイは特性上、外光が映りこむ場合があります。置き場所や角度を調整してご使用ください。輝度はお好みによって調整してご使用ください。
※5.
表示可能な解像度はディスプレイにより異なります。
※6.
コンテンツ保護処理された映像や音声をHDMI端子を使用して出力するには、HDCPに対応したディスプレイを使用してください。コンテンツ保護処理された映像や音声は本体内蔵ディスプレイと同時に再生することはできません。
※7.
外部ディスプレイと本体のディスプレイを同時表示させる場合は、同時表示の種類や設定に あった色数/解像度で表示されます。アプリケーションによっては映像や音声は本体内蔵ディスプレイと同時に再生することはできません。
※8.
本体のディスプレイへの表示の場合、1,677万色はディザリング表示です。
※9.
ビデオRAM容量はコンピューターのメインメモリ容量に依存します。
※10.
グラフィックアクセラレーターの性能はバッテリー駆動時より、ACアダプター接続時に、より高い性能が発揮されます。
※11.
1GBを10億バイト、1TBを1兆バイトで算出しています。すべての領域はNTFSで設定されていま す。
※12.
初回起動直後にOSから認識される容量です。Cドライブ以外の容量は、リカバリー領域として使用しています。なお、これらの値は実際の製品とは若干異なる場合があります。
※13.
詳細は『パソコンで見るマニュアル 機器の取り扱い編』をご覧ください。
※14.
無線通信距離は、周辺の電波環境、障害物、設置環境、ソフトウェアなどにより影響を受ける場合があります。
※15.
5GHz帯無線LANは、W52/W53/W56に対応しています。W52/W53は電波法令により屋外で使用する ことはできません。2.4GHz帯無線LANで使用できるチャネルは1〜13chです。IEEE802.11ac準 拠のモードならびに、IEEE802.11n準拠のモードで通信を行うためには、セキュリティを WPA(AES)/WPA2(AES)に設定する必要があります。
※16.
対応しているプロファイルは「Bluetoothの対応プロファイル」をご覧ください。
※17.
Bluetooth Version 1.1、1.2、2.0、2.0+EDR、2.1、2.1+EDR、3.0、4.0対応機器との通信が可能です。
※18.
2.4GHz帯の無線LANまたはWiMAXが近距離で使用されていると通信速度の低下または通信エラーが発生する可能性があります。
※19.
キャプチャソフトなどを使用して、本製品で再生中の音声を録音することはできません。
※20.
ステレオ録音できない場合があります。
※21.
詳細は「ブリッジメディア/SDカードスロット仕様(最大容量)」をご覧ください。
※22.
4極ミニジャックタイプのヘッドセット、またはステレオミニジャックタイプのヘッドホンをご使用ください。マイクを使用するときは、4極ミニジャックタイプのヘッドセットをご使用 ください。ただし、すべてのヘッドセットやヘッドホンに対応するものではありません。
※23.
USB1.1/2.0/3.0対応。USB周辺機器すべての動作を保証するものではありません。
※24.
映像機器との接続には、市販のHDMIの表示があるHDMIケーブルをご使用ください。対応機器すべての動作を保証するものではありません。
※25.
1,920×1,080ドット以上の映像信号を出力する場合は、市販のハイスピードHDMIケーブルを ご使用ください。
※26.
本製品にはバッテリーパックが内蔵されていますが、お客様ご自身で取りはずしや交換はできません。バッテリーパックが寿命などで交換が必要な場合は、東芝PCあんしんサポートへご相談ください。バッテリーパックの交換は、保証期間内でも有料になります。
※27.
バッテリーパックは消耗品です。
※28.
一般社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver2.0)」(http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=84&ca=14)に基づいて測定。ただし、実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。バッテリー動作時間の測定方法については、dynabook.comのサポート情報(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)をご確認ください。
※29.
バッテリー充電時間は、使用環境により異なります。
※30.
付属の電源コードは、日本の法令・安全規格に適合しております。その他の国・地域で使用される場合には、当該国・地域の法令・安全規格に適合した電源コードをお買い求めのうえ、 ご使用ください。
※31.
OS起動後、アイドル状態、ディスプレイ輝度最大、バッテリー充電なし、周辺機器接続なしでの消費電力です。
※32.
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により、測定された消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。2011年度基準で表示しており ます。省エネ基準達成率の表示語Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上500%未満、 AAAは達成率500%以上を示します。
※33.
環境条件に示している温度範囲は、性能を保証するものではありません。
※34.
環境性能レーティング(星マーク)とは、加点項目の達成状況に応じて格付けしたものです。★☆☆は達成率35%未満、★★☆は35%以上70%未満、★★★は70%以上を示します。
※35.
本体(バッテリーパック内蔵)のみ。主な付属品は含みません。
Microsoft、Windows及びWindowsロゴは、マイクロソフト企業グループの商標です。
その他記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
Intel、インテル、Intel Core、Celeronは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標または登録商標です。

このページのトップへ

Bluetoothの対応プロファイル

dynabook AZ35、25、15(リュクスホワイト) 対応プロファイル表
対応プロファイル※1
GAP、SPP、SDAP、AVRCP、DUN、OPP、GAVDP、PAN、HCRP、HID、A2DP、HFP、GATT、HOGP、ScPP
※1
プロファイル適合デバイスすべての接続を保証するものではありません。

ブリッジメディア/SDカードスロット仕様(最大容量)

dynabook AZ35、25、15(リュクスホワイト) ブリッジメディア/SDカードスロット仕様(最大容量)表
メモリカード※1 最大容量
SDメモリカード※2 ※3 2GB
  miniSD/microSDメモリカード※4
SDHCメモリカード※2 ※3 32GB
  miniSDHC/microSDHCメモリカード※5
SDXCメモリカード※2 ※3 128GB
  microSDXCメモリカード※6
マルチメディアカード※7 2GB
※1
すべてのメディアの動作を保証するものではありません。高速データ転送には対応しておりません。
※2
著作権保護技術CPRMを使用するには、著作権保護技術CPRMに対応しているアプリケーションをご使用ください。
※3
SDIOカードには対応しておりません。
※4
miniSDメモリカード、microSDメモリカードを使用するには、市販のSDメモリカード変換アダプターが必要です。
※5
miniSDHCメモリカード、microSDHCメモリカードを使用するには、市販のSDメモリカード変換アダプターが必要です。
※6
microSDXCメモリカードを使用するには、市販のSDメモリカード変換アダプターが必要です。
※7
SecureMMCには対応していません。

このページのトップへ

ウインドウを閉じる