MIWA(美和ロック) LIXタイプ(TE・LE・PE・QDA...) シリンダー鍵交換方法
1.こちらの玄関ドアの上下2ヶ所のシリンダーを交換していきます。作業はドアを開けた状態で行って下さい。作業途中でドアが閉まらないようにご注意下さい。
2.扉を開いて側面に見える、カンヌキが出入りする機械部分の刻印を確認しましょう。
3.上部の刻印です。こちらでは「MIWA PE-02」です。LIXタイプに該当する刻印の1つです。
4.下部の刻印です。こちらでは「MIWA GAS2」です。こちらもLIXタイプに該当する刻印の1つです。
5.まずは室内側のハンドルを取り外します。画像はハンドル上側で、ビス2本を抜き取ります。
6.次にハンドル下側のビス2本を抜き取ります。
※この時ハンドルの落下を防ぐため、ハンドルを手で押さえた状態で作業して下さい。
7.室内側ハンドルが外れました。
8.同時に、室外側のハンドルも外れます。
9.ハンドルを外した時の室内側の状態です。こちらからシリンダーを取り外していきます。
10.シリンダーを固定しているビス2本を抜き取ります。上下シリンダーで同じ作業をします。
11.シリンダーが外れました。もし、外したシリンダー上下の形が異なる場合はこちらをご覧下さい。
※手順3、4で確認したご自宅の刻印が、下記刻印に該当する場合は手順12へ、該当しない場合は手順16へ進んで下さい。刻印↓
【LY-1】【PESP】【GAF】【FE】【LE-02】【PE02】
【GAA】【GAES】【GAE2】【GAS2】【GAE3】
【QDA343】【QDA345】

該当する刻印があった方は、玄関の勝手も確認しましょう。
勝手が分からない方は、こちらをご覧下さい。
12.新しく取付けるシリンダー背面です。先ほどの刻印に該当する方は、テールピースと呼ばれる部品の向きを縦に変更する必要がある場合があります。確認していきましょう。
13.こちらはシリンダーを取り外した部分を室外側から見た画像です。中心部品のツメ2ヶ所の位置を確認して下さい。画像と位置が異なっていても大丈夫です。
14.左勝手の場合:手順13で確認したツメの位置は画像A・Bのどちらに該当しますか?
Aならばテールの向き変更が必要です。変更が必要な方は手順16へ、不要な方は手順17へお進み下さい。
15.右勝手の場合:手順13で確認したツメの位置は画像A・Bのどちらに該当しますか?
Bならばテールの向き変更が必要です。変更が必要な方は手順16へ、不要な方は手順17へお進み下さい。
16.テールピースの向き変更方法は、取り付けするシリンダーのメーカーごとに異なります。それぞれ対応した変更方法をご覧下さい。
17.新しいシリンダーを取り付けます。この時画像のようにシリンダーの周りにあるリングを回して外側に出しておきます。
18.扉の上下2ヶ所にシリンダーを取り付けます。
19.シリンダーをビス止めした後で、先ほどのリングを逆に回して扉との隙間をなくします。
20.新しいシリンダーを取り付けたら、後は取り外した時と逆の手順で室内外ハンドルを取り付けていきます。
21.全体の取り付けが出来たら、鍵が正常に動作するかの最終チェックをしましょう。
22.これで交換作業は完了です。
比較的簡単にお取替出来ますが、
お困りな事、ご不明な点ございましたら
お気軽に当店までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ《 dewalock@arion.ocn.ne.jp

MIWA LIXタイプ商品一覧ページはこちら

MIWA シリンダータイプ判別表はこちら
画像の無断使用、流用は固くお断りします。

Copyright (C) The・kagi堂. All Rights Reserved.