西日というのも、なかなか強烈なもので、かなりまぶしいことがよくあります。

最近では色々と機能がついたカーテンが多くなっていますが、
その機能も、最大限活かせる環境だと、大活躍できます。

遮光カーテンの場合、どの時間、どのお部屋ですごすかによって、入ってくる日射しも変わってきますし、
どの程度光を防ぎたいかなど、様々な条件によって、その選び方も変わってきます。


ライフスタイルやお部屋の環境から、遮光カーテンを選んでみませんか。


■超遮光・断熱・防音カーテンはこちら


■遮光カーテン無地・無地調のコーナーはこちら

■遮光カーテン柄物のコーナーはこちら


■アウトレットカーテンのコーナーはこちら
 アウトレットコーナーにも遮光カーテンは豊富にございます

■カーテンの遮光等級について■

どのくらいの遮光性があるのか、分りやすくするためにそれぞれ遮光率によって
等級が決められています。NIF(社団法人日本インテリアファブリックス協会にて)


1級遮光:  遮光率99.99%以上
2級遮光:  遮光率99.80%以上
3級遮光:  遮光率99.40%以上
遮光性なし: 遮光率99.39%以下

超遮光: 遮光率100%
ただしNIFには超遮光という等級はありませんので、遮光等級としては1級となります。


数値だと分りにくいので写真で説明いたします。






↓遮光性のないカーテン↓ ↓遮光2級↓ ↓こんな所で撮影しました。
↑クリックで拡大 ↑クリックで拡大 ↑クリックで拡大
外に観葉植物を置いて影が写るようにしました。
余計な光が映りこまないように隣にもカーテンをかけています。
外から西日が直接当たっている状態のときに撮影しました。
※完売した色も参考のため載せています。


↓クリックで拡大します↓



↓5089アイボリー防炎↓


↓5089ライトブルー防炎↓


↓5089ピンク防炎↓


↓5089グリーン防炎↓






↓5089ベージュ防炎↓


↓5089ブラウン防炎↓


↓5089ブラック防炎↓





↓5655ブルー防炎↓ ↓5655グリーン防炎↓ ↓5655ベージュ防炎(遮光2級)↓ ↓5655ピンク防炎(遮光2級)↓






↓5655ネイビーブルー防炎↓

↓5655ブラウン防炎↓
(完売しました)

↓5655ダークグリーン防炎↓

(完売しました)

↓5655レッド防炎↓
(完売しました)







↓5655ブラック防炎↓



↓5725ブルー防炎↓



↓5725アイボリー防炎(遮光2級)

↓5725グレー防炎(遮光2級)↓
(完売しました
現在はニューグレー(1級)







↓5725ベージュ防炎↓

↓5725イエロー防炎↓
(完売しました
現在はニューイエロー)



↓5725グリーン防炎↓


↓6751ベージュ防炎↓
(2級遮光)





↓6751ピンク防炎↓
(完売しました)


↓6751ライトグリーン防炎↓

↓6751ライトブルー防炎↓
(完売しました)


↓6751ブラック防炎↓







↓5773アイボリー↓
(完売しました)
↓5773ベージュ↓
(完売しました)
↓5773イエロー↓
(完売しました)
↓5773オレンジ↓
(完売しました)





↓5773グリーン↓
(完売しました)

↓5773ブルー↓

(完売しました)

↓5773レッド↓

(完売しました)





↓5784ベージュ↓ ↓5784グリーン↓







■超遮光■
当店では遮光率100%の商品については「超遮光」と表示をしております。
太陽光に相当する光(10万ルクス)を当てて、通す光は0ルクスの場合遮光率100%となります。
遮光等級としては1級遮光となりますが、通常の1級遮光と比べて遮光性が高いので、
当店では通常の1級遮光とは区別して「超遮光」と表示しています。

通常の使用については、問題なく光を遮ることができますが、カーテンレールや壁の間から光がもれたり、
巾継ぎの部分からも光が漏れる可能性もがあります。
また、特殊な環境や、太陽光以上の光が当たった場合には、遮光率が100%の検査結果が出ている商品でも、
生地がうっすらと透けて見えることがございますのでご注意ください。

以前は完全遮光と表示をしていましたが、誤解を招く恐れがあるため、現在は「超遮光」と表示しています。

ともかく、かなりの遮光性になりますので、冷暖房効果も、かなり期待できます。

■1級遮光■
かなり光を通しませんので、寝室や、西日がきついお部屋におすすめです。
ただし、同じ1級遮光でも、完全遮光に近い1級と2級に近い1級では、かなり違いがありまして、
特に直射日光が当たった場合には大きな違いが出てしまうことがあります。
目安としては濃い色は遮光性が高く、薄い色は低くなります。

■2級遮光■
 かなり光を通さないが、直射日光が当たるとやっぱり透けます。
 直射日光がかなり気になる人にはもの足りないかも・・・朝の訪れがなんとなく分ります。
 普通はこれで充分。

■3級遮光■
 一応遮光ということになってますが、個人的には・・・・びみょ〜な感じです。
 遮光性のないカーテンに比べると確かにかなり光は通しにくいですが、期待が大きすぎると、がっかりかも・・・



遮光カーテンは、光を遮るという点で、機能としては雨戸と同じようなところがあります。
ただ、雨戸自体がついていない、ということも多くなってきているかもしれませんし、
ちょっと陽を入れたい場合でも、雨戸をガラガラと開け閉めするよりは、
ずっと手軽にできると思います。


■メリット/デメリット

さて、この遮光カーテンですが、それぞれのお部屋や生活に合わせて選ぶ、という観点からいたしますと、
どうしても、遮光カーテンではよくない、というケースも出てまいります。




◆朝になっても気がつかない◆

変な話ですが、何度かこういう話を聞いたことがあります。
「朝は少しずつ明るくなっていくのだから、自然な目覚めには、遮光カーテンではダメだ!」

人の体にも、目覚まし時計で起きるよりも、自然に朝日を感じて起きるほうが
いいのだと、聞いたような気もします。・・・そういうものなのでしょうか・・・


◆インテリア性が微妙◆
どうして遮光カーテンが光をさえぎるかというと、生地の中に黒い糸を入れてるからです。
基本的にすべての遮光カーテンは黒い糸が入っています。

そうすると、どうしても表地に若干、黒い色が透けてきてしまいます。

最近はかなりよくなりましたが、今のところ、完璧に黒が透けない遮光カーテンは
私は見たことがありません。(あったらすいません)

したがって、

発色性が少々落ちます。プリント柄は綿にはかないません

素材感が出にくいです。昔ながらのジャガードカーテンにはかないません。

これでも、ホントひと昔前に比べると格段によくなったのですがね〜


◆直射日光の当たる部屋以外では◆
夏の直射日光の当たる部屋で冷房効果をUPさせるにはかなり有効だと思われます。
ただし、遮光カーテンは光をさえぎるカーテンなので、
直射日光の当たる部屋では有効ですが単純に外が暑い
というだけであれば、遮光カーテンでなくても外気温をさえぎるという意味では
同じなので、特別に遮光カーテンが優れているとは思えません。



寒い日は少しでも太陽の光を取り入れたほうがお部屋は暖まるのではないでしょうか・・

一番いいのは、晴れて日の当たる部屋は、カーテンを開けて外の光を入れる。
曇った日はカーテンを閉めて外気温を遮断する。
できるだけ厚手のカーテンが効果的・・・だと思います。
たぶん遮光性は関係ないのでは・・・

但し、遮光カーテンの方が厚手の物が多いため、
生地の厚さという意味では暖房効果があると思われます。



・・・この冷房効果についてはずっと気になっていましたので独自で実験してみました。
興味のある方はこちらです。



と、いうわけで・・・

『ライフスタイルを考えてから遮光カーテンを選びましょう』

どのお部屋をどのように使い、どのように暮らすのかで、
遮光カーテンの必要性は変ってきます。

例えば、昼間はレースカーテンだけあればいいというお部屋は
夜だけのことを考える・・・とか・・・

トップページへ