レースカーテンを外から見たときに
実際にどの程度見えにくくなるのか、撮影してみました。


撮影環境タイプ別 比較夜も外から
見えにくいタイプ
昼間、外から
見えにくいタイプ
一般の
レースカーテン
▲TOPへ


↓こんな環境で撮影しました。
※画像はクリックで拡大します。

↓夜間の環境で撮影
外が暗く、室内は照明を付けて、外よりも室内が明るくなるようにした環境です。
天井照明の他に、スタンドライトも点けています。
↓昼間の環境で撮影
外が明るく、室内は照明を消して、外よりも室内がうっすら暗くなるようにした環境です。
天井照明、スタンドライト、両方とも消灯しています。

見えにくさの違いを出すために、ライトが直接見える角度と、見えない角度の2種類を映すように撮影しました。
白熱球タイプの電球と蛍光灯では、電球の方がやや見えやすくなり、蛍光灯の方が見えにくいようです。

また、カーテンと対象物との距離によっても見え方が異なります。

対象物が白いものは見えやすく、色の濃いものは見えにくくなるようです。
逆に、カーテン自体は色が濃いものほど透け感が増します。
(ホワイトとベージュの違いくらいでしたら、ほとんど差がありません)

できるだけ、正確に撮影したつもりですが、ちょっとした角度や光の加減などで、見えにくさも変ってしまうので、
実際に使用してみたときに、この写真の印象と少々違ってくることもあるかと思います。



撮影環境タイプ別 比較夜も外から
見えにくいタイプ
昼間、外から
見えにくいタイプ
一般の
レースカーテン
▲TOPへ

↓3タイプの見えにくさのレースカーテンを比較してみました。
※画像はクリックで拡大します。
↓夜、外から見ると…
一般レースカーテン

ミラー効果は無いので、
かなり透けてしまいます。
昼間見えにくいミラーレース

夜は見えてしまいます。
⇒昼間見えにくいミラーレースの特長
夜も見えにくいミラーレース

明かりは透けて見えますが、
部屋の中の様子は
わかりにくくなります。
⇒夜も見えにくいミラーレースの特長
昼間に 室内(暗いところ)から 外(明るいところ)を見たときも、夜に外から室内を見たときと 同じくらいの見えにくさになります。

↓昼、外から見ると…
一般レースカーテン
よく見るとうっすら見えますが
ミラーでなくても
意外と見えにくい です。
昼間見えにくいミラーレース
昼間は、
外からばっちり見えません。
夜も見えにくいミラーレース
昼間もバッチリ見えません。
しかし、中から外の景色も
ほとんど見えなくなります。



撮影環境タイプ別 比較夜も外から
見えにくいタイプ
昼間、外から
見えにくいタイプ
一般の
レースカーテン
▲TOPへ

↓夜も外から見えにくいミラーレースカーテンを撮影しました。
※画像はクリックで拡大します。
断熱「4084ロフティ1ホワイト」
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


断熱「4113ロフティ2オフホワイト」
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


断熱「4163ナイスホワイト」
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


後ろの様子もうっすら見えていますが、昼見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。


断熱「4163ナイスオフホワイト」
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


後ろの様子もうっすら見えていますが、昼見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。


断熱「4170レイアオフホワイト」
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


柄の部分が厚くなるせいか、意外と見えにくいです。よく見ると後ろの方がうっすら見えることがあります。


ふわふわレース「ピクシー」ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


ほぼ何にも見えません。こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。


ふわふわレース「ピクシー」ベージュ
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


ほぼ何にも見えません。こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。


ふわふわレース「ピクシー」ミントブルー
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


ほぼ何にも見えません。こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。


ふわふわレース「ピクシー」ピンク
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


ほぼ何にも見えません。こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。


ふわふわレース「ピクシー」ブラウン
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


ほぼ何にも見えません。
ただし同じ「ピクシー」の生地でも、ホワイトよりブラウンのような濃い色のほうが若干透けて見えます。


UVカット4223ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


後ろの様子もうっすら見えていますが、昼見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。


トリコットレース4143ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


トリコットレース4143オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


断熱つた柄レース4176ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


断熱つた柄レース4176オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


断熱ストライプ4180ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


2倍ヒダ4177ストライプホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


後ろの様子もうっすら見えていますが、昼見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。


2倍ヒダ4177ストライプオフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


後ろの様子もうっすら見えていますが、昼見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。


4193鎖調ストライプホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


4193鎖調ストライプオフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


断熱ストライプ柄4167ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、かなり見えにくいと言っていいと思います。


断熱つた柄4169ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


後ろの様子もうっすら見えていますが、昼見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。


ふんわりボイル4024オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


ほぼ見えないと言っていいと思います。


しわ加工ボイル4991オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


ほぼ見えないと言っていいと思います。



撮影環境タイプ別 比較夜も外から
見えにくいタイプ
昼間、外から
見えにくいタイプ
一般の
レースカーテン
▲TOPへ

↓昼間は外から見えにくいミラーレースカーテンを撮影しました。
※画像はクリックで拡大します。
無地「シーサー」4106ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


無地和風4174墨色(ブラック)
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


色が濃いレースカーテンは白いレースカーテンより透けて見えます。
そのため、一般的なミラーレースカーテンより透けます。


防炎ストライプ4185ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


防炎ストライプ4185オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


4937無地ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


4937無地オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


4976花柄ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


4016花粉キャッチオフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


リーフ柄4217オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。


アウトレットミラーレース4203ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。



撮影環境タイプ別 比較夜も外から
見えにくいタイプ
昼間、外から
見えにくいタイプ
一般の
レースカーテン
▲TOPへ

↓一般レースカーテンを撮影しました。
※画像はクリックで拡大します。
エレガントな花柄4187オフホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


柄部分は透けませんが、地の部分が透けるため、室内の様子がはっきり見えます。


刺繍入りボイル4211ホワイト
↓夜間の環境で撮影 ↓昼間の環境で撮影


室内の様子がはっきり見えます。
まるでカーテンがかかっていないような印象です。
(ボイルは、この透け感も魅力です)