店長紹介
 
店長 高橋 ゆうた
冷え切った夜、温かい布団の中に帰ってきた瞬間がとても幸せです。この幸せを、より多くのお客様と分かち合えたら、最高に幸せです。
店長ブログはこちら
営業日カレンダー
スウィートドリームで販売している羽毛ふとんは、国内の羽毛ふとん専門工場で製造しております。
羽毛の買い付けから側生地の縫製、羽毛充填まで全ての行程を1社でおこなっており万全の品質管理をおこなっております。
又、製造後直接お客様へ提供する事により中間マージンをカット、より良い商品をリーズナブルな金額でご提供できるのは「工場直売」だからです。
工場内の倉庫では世界中から調達した羽毛が保管させています。
主な輸入先はヨーロッパ、中国、カナダ、北米があります。中でも中国は世界最大の羽毛生産・輸出国で当工場でも多くの中国産羽毛を取り扱っております。
この倉庫の中には非常に貴重なアイダーダックダウンも保管されており、何時でも出荷できる体制になっております。
工場内にある検査センターです、検査センターでは輸入された羽毛の品質検査を行います。
写真は羽毛の成分を分析している様子です、成分分析とは主にダウン率を測定するのですがこの行程が非常に神経を使う作業です。
3g分の原料となる羽毛を一日かけて分析、ピンセットで一つ一つの羽毛を分類していく作業は気が遠くなります。
このように人間の手でダウン率は測定しています。
この測定器でかさ高を計測します。
測定器に30gの羽毛を入れ120gのおもりを押せた後の嵩(かさ)を測定します。

詳しい測定方法はこちらをご覧下さい。

羽毛にも沢山の種類があり用途や予算に合わせた羽毛を選択することが重要です。
海外から調達した羽毛は輸送効率を上げるため圧縮して送られて来ます、その圧縮された羽毛の元の状態に戻す行程がパワーアップです。
パワーアップは高温の蒸気の中へ羽毛を入れくるくる回します、ご家庭の乾燥機をイメージして頂ければわかりやすいと思います。 パワーアップの目的は羽毛を元のふかふかな状態に戻す事が主ですが、それ以外にも異物の除去や洗浄の効果もあります。
羽毛の次は側生地です、側生地は商品にもよりますが注文後一枚一枚裁断、縫製をおこない仕上げて行きます。
特にスウィートドリームの高級ブランド「SMAT COMFORTER」の商品は注文を頂いてから一枚一枚手作りで作っていきます。
側生地の縫製も熟練専門スタッフにより縫製されます。縫製方法も例えば、側生地の裏からは絶対に針を通さないで表から裏に針は通します、そうすることで生地に針を入れたときに出る繊維のささくれを表に出さないという気遣いがされています。

一枚一枚必要な生地を反物から手作業で裁断していきます。
側生地の縫製が完成すれば羽毛の充填です。
羽毛の充填は羽毛充填機を使って充填します。
現在工場には12台の羽毛充填機が設置されています。
撮影時は閑散期だったので稼働していない充填機がありますが、繁忙期になるとフル稼働で充填作業が進められます。
羽毛充填は一マス一マス充填して行きます。この充填機はコンピューターで制御されており充填する羽毛の量を計測しながら充填して行くので、非常に正確な量の羽毛充填が可能です。
羽毛充填は大量の空気と羽毛をふとんに充填するので、写真のようにふとんがパンパンに膨らみます。
特に立体キルト等のマスを立体的に形成する構造の側生地はパンパンになります。当サイトだ販売しているふとんは殆どが立体キルト以上の仕様側生地を使用しております。
羽毛充填が終わったら次の行程へ移動です。工場内はとても広いので充填が終わったふとんはまとめてカートに入れて充填口縫い場へ移動します。
充填口を縫い合わせてふとんの完成です。
最後に検針器に通して針等金属が入っていないかチェック。その後ふとん表面に付いた糸切れや羽毛を除去します。
その後一枚一枚ラベルを付けて袋に詰められ出荷されます。
スウィートドリームで販売する羽毛布団は、できるだけ安くお客様へ商品をご提供するためさまざまなコストカットを行っております。
そのひとつが在庫管理のコストカットです。そのためご注文を頂いてから羽毛充填を行いお客様へ「できたて」の羽毛布団お届けいたします。
又、売りっぱなし出はなくさまざまはアフターメンテも行っております。そのひとつが羽毛布団クリーニング+保管サービスです。
infomation
24時間注文OK JPエクスプレス(ペリカン便)送料について 全国一律840円(税込)[沖縄県及び離島は除く] お支払方法について
お届け時間