粋な祭り用品専門店【祭すみたや】
トップページ 商品一覧 お支払・配送 店長ブログ よくある質問 お買い物かご 会社概要
応援コーナートップ 祭り用品の正しい選び方 祭用品の着方・使い方 祭り用品のお手入れ方法
  股引きのはき方
↑お祭り初心者にとって最初の難関!股引き!!
お祭り参加が初めての方にとって、一番はき方が分からないのが、


股引


ではないでしょうか。


※ 「ももひき」や「またびき」と読みます!



確かに私も初めて見たときは戸惑いました。。。



股引はピッチピチにはくのが粋です!!

お腹は紐でしばるので、メタボリックな人でもウエストを気にせずはけるのが股引のいいところです。
(1)
股(また)のところでつながっている方を前にして持ちます。

※撮影の都合上、水着をはいて撮影しております。実際にはくときは、パンツやふんどしの上から股引をはいてくださいね。お祭りの後、プールに行く予定のある方は、水着をはいてからでもいいですけど・・・(笑
   
 

(2)
片足ずつ足を入れていきます。

   
  (3)
両足とも入れてしまいます。
   
  (4)
体の右側にある「右のひも」を背中の方から体の左側にまわします。
   
  (5)
「右のひも」を左手に持ち替えて体の前にもっていきます。この時点では、「左のひも」は垂れたままで大丈夫です。
   
  (6)
股(また)の間にある穴に右手を通します。
   
  (7)
右手で「右のひも」をつかみます。
   
  (8)
「右のひも」を持ったまま、右手を股(また)の間の穴から戻して出します。すると、股(また)の間の穴から「右のひも」が出てきます。
   
  (9)
今度は体の左側にある「左のひも」を背中の方から体の右側へ持っていきます。
   
  (10)
このときに、おしりがきちんと隠れるように股引を整えてください。
   
  (11)
最後に「右のひも」と「左のひも」を右わき腹の前で蝶々結びをすると・・・
   
 


股引は、履くのも難しいですが、脱ぐのも難しいです!!

というわけで、こちらで脱ぎ方の解説もしておりますので、あわせてご覧ください。


>>> 股引きの一番簡単な脱ぎ方





股引きのご購入なら、日本最大級の品揃えのお祭り用品専門店「祭すみたや」で購入するのが、粋な祭人の常識です!!股引きの種類・サイズがとにかく豊富です。


>>> 股引きのご購入はこちらからできます





 半股引(半だこ)の履き方
夏祭りの定番アイテム「半股引(半ダコ)」の着方とサイズの選び方を動画付きで解説しています。
解説を見る
 股引の脱ぎ方
ぴっちぴちに履いたはいいけど、脱ぎにくいのが股引き。簡単に股引を脱ぐコツを伝授いたします。
解説を見る


 江戸前スタイル
お祭り衣装の基本である「江戸前スタイル」に必要な祭り用品を解説しています。とりあえずこれを揃えれば大丈夫です。
解説を見る
 股引の選び方
股引き(ももひき・またひき・猿股)のちょうどいいサイズの選び方をご紹介しています。
解説を見る


 半ダコのたたみ方
半ダコのたたみ方 夏祭りのお祭り衣装の定番「半股引(半ダコ)」の正しいたたみ方を動画付きでご紹介しています。
解説を見る
 股引きのたたみ方
股引きの正しい畳み方を動画付きで解説しています。シワの付きにくい、長期間の保管に適した畳み方をご紹介。
解説を見る




 
Copyright © Matsuri Sumitaya. All rights reserved.