トップページ > そうめんと冷麦の違い 困った時はここをクリック

冷麦とそうめんの違い




 そうめんと冷麦の違いとは?(素朴な疑問にお答えします^^)
 ◆ 麺の面白雑学 
素麺(そうめん)冷麦(ひやむぎ)の違いをご存知でしょうか?
「冷麦」と言えば、愛知では名産品ですが全国的には「そうめん」が圧倒的に有名ですね。

現在、そうめんと冷麦との違いは、乾麺類の日本農林規格(JAS)で、次のように太さの違いで分けられます。
そうめん 冷麦(ひやむぎ)
素麺(そうめん) 冷麦(ひやむぎ)
断面が角状(幅0・7ミリ以上1・2ミリ未満、厚さ約1・0ミリ)丸状のもの(直径0・8ミリ以上1・3ミリ未満)と
定めています。(JAS)
断面が角状(幅1・2ミリ以上1・7ミリ未満、厚さ約1・0ミリ以上1・3ミリ未満)丸状のもの(直径1・3ミリ以上1・7ミリ未満)
薄くて平たい麺。乾麺は、幅が4・5ミリリ以上、厚さが2ミリ未満の帯状の形をした麺「干しひらめん(きしめん)」と定めています。(JAS)