サイズ選び&フィッテングについて
・サイズ選びについて
靴は木型・デザイン・素材により同じサイズ表記でも試着感が異なります。
また、メーカーによってサイズ表記が異なる場合もあります。
靴のサイズを選ぶ時は、正しい足長(cm)を基準にご自身の足の特徴に合わせてお選び下さい。

※サイズは靴のデザイン・素材により若干異なります。
corner
正しい足長が分からない。
足の特長が分からない。
足長(cm)には分かったけど、特徴がよく分からず、どのサイズを選んだら良いか分からない。
足長(cm)に合わせて注文したけど、ちょっと心配。
corner
・フィッティングについて
新品の状態で最初からぴったり合うということは稀です。
特に、革は繊維で出来ているので、履くたびに繊維が馴染みます。最初は食い込まない程度の締め付け感が理想です。
また、足の特徴に合わせて、靴と自分の足に合ったインソールを使う事で、自分にぴったりの靴に育てる事が出来ます。
corner
フィッティングの仕方。
フィッティングのチェックポイント。
corner



line
□正しい足長が分からない。

今まで足のサイズを測った事がない方は、1度ちゃんとした機械でサイズを測ってもらいましょう。
スポーツ専門店やシューフィッターがいる靴の専門店では足のサイズを測ってくれます。

お近くでは中々測定が出来ない場合は、自宅で簡単に計測する方法があります。
用意するもの:紙、鉛筆、30cm定規、三角定規
1. 紙に垂直に交わる縦と横の線を引きます。
2つの線が交差する点を(A)とします。
図
2. (A)に踵を合わせ、人指し指を縦の線に合わせて立ちます。
3. 一番出ている指の先端(※)から、縦の線と垂直になるように線を引きます。
三角定規を使用すると簡単です。
※親指が長い人は親指、人指し指が長い人は人指し指、一番長い指に合わせて下さい。
図
一番長い指の先端と縦の線が垂直に交わる点を(B)とします。
4. (A)から(B)までの長さが「足長」となります。
こちらの方法はかがんだり、しゃがんだりする事で踵や足の位置がズレてしまうため1人では正確に測る事が出来ません。
必ず、2人で測って下さい。
左右それぞれの長さを測り、長さが違う場合は大きい方の足に合わせます。
*測る時間は15時以降が良いとされています。
 足は夏場は浮腫み易く、体調や体重の変化によっても変わってきます。ベストコンディションに合わせて計測して下さい。


但し、これはあくまでも目安です。
幅や甲の高さ、アーチなどは機械で正確に測る必要がありますので、目安としてご参考にして下さい。
どうでしょうか?意外と自分の足の小ささに驚きませんか?
スニーカーなどは身長とのバランスを考えて大き目を選ぶ方や、レースアップの窮屈感でゆったりと履く事に慣れてしまっている方は、実際の足の長さに驚かれるかもしれません。
しかし、スニーカー等と同じ感覚でサイズを選ぶとパンプスや天然皮革の靴では緩くてすぐに履けなくなってしまいます。
測定したサイズを元に、基本的にはジャストサイズでお選び下さい。

自分の足のサイズと特徴を知ると、靴選びが楽になり、失敗も少なくなります。
是非、1度サイズを測ってみて下さい。
Topへ戻る

line
□足の特長が分からない。

今までパンプスを履いていて、何か気になった事はありませんか?
ブーツや紐靴などは、少し大きくても歩く事が出来ますが、パンプスにはヒールがあり、素足に近い状態で履くのでジャストサイズを選んでも、靴ずれや圧迫感、前に滑ってかかとが抜けてしまう等、苦労した経験があるかもしれません。
その要因は様々ですが、ジャストサイズをしっかり選んでいて、サイズ選びに問題が無ければ、足の特徴によるものです。

足の形や特徴は個人差があり、骨格・肉付き・土踏まず・くるぶしの位置・外反母趾・浮腫み易さなど様々。
更に、利き足や日頃のクセにより、左右の特徴やサイズが違う場合もあります。

パンプスを履くといつも幅が痛くなる方は、もしかしたら幅が広いのかもしれません。
かかとが抜け易い方は、元々かかとが小さかったり、甲が薄くて前にすべり易くなっているのかもしれません。

自分の足の特徴がわかれば、フィッティングの際に幅伸ばしを行ったり、インソールを合わせる事でかなり改善されます。
Topへ戻る
line
■足長(cm)は分かったけど、特徴がよく分からず、どのサイズを選んだら良いか分からない。

ご希望商品のお問い合わせボタンより、足長と普段パンプスで履くサイズ、その他分かる範囲で特徴をお知らせ下さい。

実際にフィッティングを行っていない状態なので、的確なアドバイスはお約束できませんが、出来る限りご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせ下さい。
Topへ戻る
line
■足長(cm)に合わせて注文したけど、ちょっと心配。

その際はご注文時に備考欄へ「中敷同封希望(2mm/4mm)」とご記入下さい。
カルネでは厚さ2ミリと4ミリのフェルトタイプの中敷を用意しています。
接着には専用の糊が必要となりますので、後日カルネ直営店へお持込いただくか、お近くの修理店へお持込頂き、サイズ調整を行って下さい。
※誠に申し訳ございませんが、online shopでは実際のフィッティングの状態を確認出来ないため、中敷きの接着は承る事が出来ません。
※また、CARNET直営店で中敷きを接着してご購入頂いている場合は、発送の際に中敷きを接着して送る事は出来ますが、返品/交換が出来なくなりますので、予めご了承下さい。
Topへ戻る
line line
○フィッティングの仕方。

まずは、商品が届いたら、室内で試し履きを行いましょう。

正しい足長(cm)に合わせて、ご注文いただいた靴なので大抵の場合は「とても歩けない」と言うことは無いと思います。
馴染んだり、インソールで合わせれば解決できるのか、サイズを交換したほうが良い範囲なのか、色々と試してみて下さい。

試し履きの際は、必ず薄手のソックスやストッキングを着用して履いて下さい。
新品の靴は、まだ革の繊維が固い状態です。
素足や浮腫んでいる状態で履いてしまうと、足当たりに窮屈感を感じるかもしれません。
*特に幅が広い特徴のある方は、1枚ストッキングを履くことで足の形が整いますので試してみて下さい。
薄手のソックスやストッキングを着用し、靴を履いてみたら、かかとに位置を合わせて、まっすぐ立って下さい。
その際にチェックするポイントはこちら→
Topへ戻る
line
○フィッティングのチェックポイント。

フィッティングをして、チェックするポイント。
1. 縦の長さ(足長)は合っていますか?
かかとに位置を合わせて立った時、つま先にゆとりがあるかチェックします。
歩く時に靴の中で足は前後に動きます。そのためにはつま先に空間が必要です。
中には例外もありますが、ラウンドでは1〜1.5cm。
ポインテッドでは1.5〜2cmのゆとりをもって設計されています。
この時点で、まったく歩けないほど大きい場合や痛い場合はサイズが合っていません。
すぐにサイズ交換希望の連絡を下さい。
*セール/アウトレット、その他特別価格での提供商品は交換・返品をお受けできません。
 また、手数料を頂く場合がございます。
図
2. 幅は合っていますか?
後に馴染む事を考えて、出来るだけ隙間の無いフィット感が理想です。
3. 土踏まず(縦のアーチ)がフィットしていますか?
足裏の形・カーブに合っているか確認して下さい。
4. 歩いてみて、前に滑ったり、かかとが抜けませんか?
5. 全体が程よくフィットしていますか?
食い込まない程度の締め付け感が理想です。
各ポイントをチェックしてみて、気になる部分は必要に合わせて、インソールや幅伸ばしを行いましょう。
Topへ戻る