紅茶専門店・シルバー ポット TOPページへ

ポイントはしっかり沸かした熱湯を使い、
茶葉の量、熱湯の量、蒸らし時間をキッチリはかる事。

シルバーポットでは茶葉3gに対して熱湯200cc、蒸らし時間3〜5分が基本ですが
各パッケージ裏にも目安を記載しておりますので、ご参照ください。

最後にしっかり漉すと、口当たりよく、目にも美しい紅茶を、
一定の濃さのまま楽しむことができます。


ヤカンを使い、水道から汲みたての、
空気をたっぷり含んだ水を沸かします。
硬貨大の気泡がボコボコと出る状態まで、沸騰させましょう。
蒸らす時に使うメジャーカップと、ティーポットは
予め熱湯で温めておきます。
(温まったら、湯は捨てます。)

ティー(キャディー)スプーンや
0.1gまではかれるクッキング・スケールを使いながら
茶葉の量をはかります。

>> ティースプーンはこちら


メモリのある容器を使うと便利。
シルバーポットではメジャーカップ&ふたをおススメしております。

温めておいたメジャーカップのお湯を一旦捨て、
茶葉を入れて、
沸騰した熱湯を規定量注ぎ、フタをします。

>> メジャーカップ&ふたはこちら

タイマーや砂時計を使い、蒸らし時間をはかります。
細かい時間設定が可能で、 時間が来たときに音の鳴る
タイマーの方が便利です。
3〜5分が目安です。

ティーポットもメジャーカップと同様、 予め温めておき、
温め用のお湯は捨てます。

蒸らし終えた紅茶は、茶漉しで漉しながら、
ティーポットに移し替えて、出来あがり!

>> どんな茶葉もキャッチ!
茶漉し(ティーストレーナー)Lサイズはこちら ELサイズはこちら


これから探す場合は飲み口が薄く、香りが広がりやすい広口のもの、
取っ手が持ちやすく、カップの内側が白いものがおススメです。
また、ティーポット、ティーカップを
(できればクリーマーやデザート皿も) お揃いの柄にすると、
簡単に、美しいおもてなしの空間を演出する事ができます。   




【ミルクティー編】

基本の淹れ方より、茶葉の量を増やしたり、
蒸らし時間を長くとる事によって、
少し濃く紅茶を淹れます。


先にカップに牛乳を入れてから紅茶を注いでも良いですし、
反対にストレートティーで少し楽しみ、
その紅茶の特性を判断してから
お好み量牛乳を入れても良いでしょう。

牛乳は温めると独特の香りが出て、膜もはりますので、
温めずに使います。

牛乳の冷たさで紅茶の温度が下がるのを避けたい時は、
クリーマーをお湯で温めてから、
牛乳を入れてサーブすると良いでしょう。
(温め用の湯は捨てます)






【アイスティー編】


氷で薄まるのを見越して、 茶葉の量を増やし、
基本の淹れ方より少し濃く紅茶を淹れます。

(茶葉の量は基本の量の2倍が目安ですが、
さらりとしたアイスティーをゴクゴクと飲みたい時は
基本と同じ濃さ〜1.5倍くらいの濃さでも。)


氷をたっぷり入れたグラスにこの紅茶を注いで、急冷します。

*クリームダウン
温度低下ととも紅茶成分(タンニンやカフェイン)が溶けきれなくなり、
凝結する事によってアイスティーが濁ってしまう現象です。

なるだけタンニンが少ない紅茶を選んだり、
上記のような淹れていただくと濁りにくくなります。
クリームダウン自体は人体に有害なものではありませんので、
どうしても濁ってしまう場合は、
アイスミルクティーにしてお楽しみください。





【水出し編】


水200〜250ccに対して茶葉3gを入れ
ラップなどでカバーし
冷蔵庫で1〜2時間ほど抽出。

生ものですので、その日の内に
飲みきってください。


手作りガムシロップ
【 手作りガムシロップ 】

小鍋に水80ccと上白糖100gを入れ、火にかけます。
砂糖が完全に溶けたら火を止め、冷まします。

密閉できる容器に入れ冷蔵庫で保存すれば3週間ほどOK!




【チャイ(煮出しミルクティー)編】

小鍋に茶葉6〜9gと水200ccを入れ火にかけます。[写真1]

一煮立ちしたら、牛乳150ccと
お砂糖をお好み量入れ[写真2&3]、
もう一煮立ちさせます[写真4]。
(お砂糖はお好みですが茶葉と同じ分量または少し多めに。)

火を止め、茶漉しでシッカリこして、完成!![写真5]

※目安ですので、お好みに合わせて調整してくださいね♪




紅茶専門店・シルバー ポット TOPページへ