1. カテゴリトップ
  2. 特集一覧
  3. スタッフが商品を使ってみました
  4. モバイルプロジェクター(型番:400-PRJ021)

スタッフが使ってみました

スタッフの試用レポート

迫力の大画面を共有できる、モバイルプロジェクター



ノートパソコンで動画を見たり、テレビ画面でゲームや、映画を鑑賞したり…。
それもいいけど、家族や友人とたまには迫力の大画面で楽しみを共有したい!!


と、いうわけで当店でも人気急上昇中!以前から気になっていた、
モバイルプロジェクター(型番:400-PRJ021)を実際に使ってみました。



使ってみて、私が注目したポイントは4つ!

1.コンパクトで使いやすい、手のひらサイズの本体
2.モバイルタイプとしてトップクラスの明るさ
3.ワンタッチ!台形補正機能
4.さまざまな機器で、画面の投影ができる

1.コンパクトで使いやすい、手のひらサイズの本体




片手で持てる大きさなので、持ち運びに便利です。重量も300gと軽量。
友人宅に持って行ってサッと投影、なんてことも簡単にできちゃいます!


2.モバイルタイプとしてトップクラスの明るさ

コンパクトながら200ルーメンの明るさを実現…。
数字で書かれてもよくわからない…じゃあどれぐらい明るいのか…
ノートパソコンの液晶画面と比べてこれぐらいの明るさ。





近づいて手をかざしてみました。う~ん明るい!!
私の写真の腕前では伝わりづらいかもしれませんが、
確かに画面上の白い文字もしっかりと読める、明るく鮮明な投影です。


3.ワンタッチ!台形補正機能

中央のボタンをタッチすると、
斜めに投影した時の歪みを自動補正してくれます。
水平40度の角度まで補正できるので、
ちょっと場所を移動して画面がずれてしまっても、
すぐに調整できて、とても便利だなと感じました。


4.さまざまな機器で、画面の投影ができる

まずはノートパソコン。HDMIケーブルを挿すだけで投影してくれるので、
動画や画像、ウェブサイトの投影はもちろん、
会社でのプレゼンなどでも活躍してくれそうです。





ちなみに写真ではコンセントから給電をしていますが、
充電をすれば最長約2時間、ワイヤレスで連続投影ができます。

次に人気のゲーム機。最近のゲームは凄いクオリティなので
大きな画面でプレイすると、より一層臨場感を味わえます!





友人や家族と対戦ゲームを楽しむのも盛り上がりそうです。
ゲームはもちろん、Blu-rayで映画を再生して
ホームシアターとして楽しむこともできます。





最後に「持ち運んで投影する」点では欠かせない
スマホ、タブレットとの接続も可能です。
別売りの、Apple Digital AV アダプターを使用すれば、
iPhoneやiPad等のミラーリング投影を楽しむこともできます。



モバイルプロジェクターについてくる、付属品はこちら!


使ってみた感想

『驚くほど明るい』とうたっている
モバイルプロジェクター(型番:400-PRJ021)
ですが、
思っていた以上に明るくビックリしました。

今回は室内で使用しましたが、壁から1.5mほど離れた距離で
約55インチぐらいの大きさに投影できました。
スクリーンサイズは最大100インチまで投影できますが、
55インチでも迫力の大画面を満喫できましたよ(^^♪

迫力の大画面を独り占めするもよし、
会社のプレゼンや研修などで使うもよし、ご家族や友人と楽しむもよし、
さまざまな使い方ができるHDMIモバイルプロジェクターを、
ぜひ体感してください!