高温になる場所に皮革バッグを長時間放置しないでください。
≪皮革製品の保管方法・注意点≫

直射日光を避け、風通しの良い場所で保管してください。
長時間日光や照明の光が当たる場所で保管すると、当たった部分が日焼けしてしまう場合がございます。

また、湿度の高い場所や室温変化の激しいクローゼット、冷房を切った車内など、熱のこもる場所も避けて下さい。
革の劣化が早まる場合や、使用している接着剤や合皮などの素材が溶け、ベタつきの原因となります。

Q.お手入れ剤は使用してもいい?

A.皮革専用の汚れ落としやクリームは、色落ちやシミの原因となることがありますので、弊社では使用はおすすめしておりません。

Q.日常のお手入れは?

A.まず汚れを早く取り除くことが大切です。柔らかい布でのから拭きをオススメします。

Q.長期の保管は?

A.から拭きを充分にし水分、汚れを取った後、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管してください。

Q.乾燥剤は使用する?

A.塩化カルシウム系の乾燥剤は避け、使用する場合はシリカゲルなどをご使用ください。
(塩化カルシウム系乾燥剤は一部の食品や押入れ用除湿剤などに使われています。ご使用の際にお確かめになってご使用ください)

Q.水がかかったら?

A.水は厳禁です!皮革製品は水に弱いものが多いので雨などに絶対に当てないようにしてください。
万が一当たった場合は出来るだけ早く、柔らかい乾いた布で水分を吸い取るようにしてください。

Q.乾かすには?

A.直火、高温のアイロン、ドライヤーなどで乾かすのは避け、基本的に自然乾燥で扱いください。



株式会社三京商会

Copyright © 2003-2015 Sankyo. All rights reserved.