半世紀にわたり、菓子だけを創り続けてきた職人のお店です。

ロイヤルのブランデーケーキ

 
 

昭和31年に第1回全九州山口県洋菓子展示大品評会知事賞を受賞した日の記録を基に歴史を刻み続けて、五十数年。 変わらぬ製法のままに半世紀。

シンプルで素朴な昔ながらのブランデーケーキは、半世紀の時を越えて、一つの個性となりました。

ご購入後もお召し上がりいただくまではお客様に1~2週間ごとに上下を返していただくという保存方法のワガママなブランデーケーキを、是非育ててみてください。



ブランデーの等級によって3種類のタイプをご用意しています。食べくらべて、味や香りの違いをお楽しみください。


大納言入バターケーキ

宇部の人々に愛される宇部の味をめざし、試行錯誤の末、宇部色の菓子として納得のいくものをようやく作り上げることができました。当店にある店主が修行時代から半世紀に渡り試行錯誤を重ねてきたパウンドケーキのレシピをベースにして、バター風味豊かで、しっとり感を加えた大人のお菓子「バターケーキ」がそのお菓子です。

その後、お客様の声に後押しされ、バターケーキに大納言小豆を入れた新しいバターケーキのカットタイプが登場しました。

シンプルで、ベーシックな、昔ながらのおいしさを表現した宇部の街のお菓子です。


おすすめのお菓子


創作洋菓子のロイヤル

1973(昭和48)年4月、たたきあげの洋菓子職人・薬師寺文夫が、炭鉱のまち、セメントのまちとして栄えてきた山口県宇部市の中心街に小さなお店を開店しました。 創作洋菓子のロイヤル。その名の通り、開店以来、手作りにこだわりパイやブランデーケーキなどの焼菓子から季節の素材を生かした生ケーキまで、常に新しい菓子作りをコンセプトにしてまいりました。開店当初から作り続けてきたブランデーケーキのほか、アップルパイ、宇部の街をテーマにした焼菓子などもいつの間にか看板商品となっています。

現在、2代目と共に日々自分たちの思いを込めたお菓子を作り続けています。父の作る古典的で独創的なお菓子と、息子の作る枠にとらわれない超独創的なお菓子が、美味しいというコンセプトで融合した新たな創作洋菓子。それは、皆様に新鮮な感覚と、美味しさを感じていただけることと思います。そして、その感動を目標に、スタッフ一同、日々精進しております。皆様に喜ばれるお菓子であることが私たちの願いです。