アイアンハートのジーンズって・・ボタンが堅いと良く言われます。
そこで、WORKSマル秘『ボタンらくらくテクニック』を伝授いたします。

 

ボタン止め編

ボタンフライのジーンズって、新しいうちはボタンを止めるに苦労しますよね。 ましてアイアンハート2 1オンスデニムは生地も厚くて硬いので、その苦労は並みではありません。

でも私達はお客さまの試着のお手伝いをしたりするときも、そんなに苦労しないでボタンの開け閉めをします。もちろん自分ではくときも同じで、指をデニム色に染める事無く毎日ガンガンはいてます。

そこでそのコツをページにしてみました。ゆっくり順をおって説明しますので、お試しあれ!

アイアンハート ボタンらくらくテクニック

まずは自分ではいた状態で両手でベルトをもち、左右に広げます。

アイアンハート ボタンらくらくテクニック

こんな感じで思いっきり広げてしまいます。

 

ボタンフライは一番下から止めるのが鉄則です。間違ってもベルトのボタンをしたまま、前立てのボタンを止めようなんて思わないで下さい。指先きがデニム色で染まってしまいます・・。

アイアンハート ボタンらくらくテクニック

次に、右手でボタンの付いている側を持ちます。
この時、右手の親指の腹を、ボタンの裏側のボッチを前に押しやる様に 、添えておきます。

そして左手の親指と人指し指で穴がある布(比翼布)をつまんで穴を多少広げます。(軽く指先を当てると穴は「さぁ、こい!」って感じで広がります)

アイアンハート ボタンらくらくテクニックそして左手で穴を押えたまま右手側のボタンをあてがいます。
アイアンハート ボタンらくらくテクニックこのとき、ボタンの裏側を右手の親指のハラで押さえる事がコツです。↑こんな感じです。
アイアンハート ボタンらくらくテクニック

そしてボタンの下から、左手で持つ穴に「グイッ」って感じで差し込んでやります。親指は強くボタンの裏側を押してて下さい。ここが「ボタン止め」の山場です!

アイアンハート ボタンらくらくテクニック後は右手全体でボタンの裏を押してやれば、ほらっ、ボタンが穴の中に入りました!

ボタン開け編

ボタンフライを開ける時は閉める時の逆で、上から順に作業します。

アイアンハート ボタンらくらくテクニック

右手でボタンの付いている側をしっかり持ちます。 そして左手で穴側のベルト部分をガシッっとつかみます。
このときは両方の手に力を込めて下さい。・・・というのも、これから一気にボタンを開ける作業をするからです。

 

アイアンハート ボタンらくらくテクニック

右手はそのままの位置を動かさないように、力を込めていて下さい。

そしてここからが「ボタン開け」の山場です。

一気に 左手側を上から下に向けて、やや前方にひっぱるようにしながら、広げて下げて行きます。

アイアンハート ボタンらくらくテクニック

ほらっ!一気にボタンが開いたでしょ! 多少の力(相当の力でも)を入れても、ボタンが外れたり、穴がビョーンと広がってほつれてしまう事なんて有りませんから、遠慮なく、ダッーって感じでやって大丈夫ですよ。

そしてこのような一気開けを何回かくり返すと、ボタンを止める作業がすごーく楽になります。
穴の部分がすこしゆるくなっていくからなんですが、そうなるとしめたもんで、もう自分だけの1本になった気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ