「SPF50+」「PA++++」理解してUV対策してますか? 選ぶべき日焼け止めはコレ
炎天下のレジャー用から、日常使いまで。日焼け止めはタイプで選ぼう

春は油断しがちですが、紫外線は春先から強くなるので要注意!
思わぬ日焼けをしないよう、UV対策は早め早めが基本です。
日焼け止めは、使用シーンとそれに必要なSPFとPA値で選びましょう。
厚ぼったく、つけた感じがしないのに炎天下レジャーにも対応できる最強タイプ「SPF50+」「PA++++」から
日常使いのSPF30まで、おすすめのUV対策アイテムをご紹介♪
どの商品も普段使っているボディウォッシュで落とせるので手軽に使えるスグレモノです。

▲ページ先頭に戻る

いまさら聞けない…「SPF50+」 「PA++++」をおさらい

太陽の光には目で見ることができる可視光線のほかに、見ることができない赤外線や紫外線が含まれています。
なかでも紫外線は波長の違いによって、主に表皮に影響して肌が赤くなる原因になる「UV-B波」と、
肌の奥深く真皮まで届いてシミやハリの低下といった肌の老化の原因になる「UV‐A波」などに分類されます。
それぞれを防止する効果を表す表記が、「SPF値」と「PA分類」です。

SPFとは?,PAとは?

※紫外線に対する皮膚の感受性は個人差があり、加えて実際の使用時には使用量、使用状況(汗などで落ちるなど)の違いがあるため、「SPF」「PA」は商品選択時の目安の値です。

▲ページ先頭に戻る

子どもや男性用も。タイプ別あなたにはこの日焼け止め!

使用シーンと必要なSPFとPA値がわかったら、自分にピッタリの日焼け止めを見つけよう!

  • 顔・体用 SPF50以上
  • 顔用 SPF50以上
  • 顔・体用 SPF50未満
  • マイルド 子ども用
  • 敏感肌用
  • あわせて 持っておきたい! デオドラントケア
  • 男性用UV& デオドラントケア
顔・体用 SPF50以上

顔はもちろん、首や腕にもすーっとなじんで圧迫感・白残りゼロ。化粧水感覚で顔にも体にもさっぱり使えます。

▲ページ先頭に戻る

顔用 SPF50以上

UVカットしながら、肌の凹凸をなめらかにカバー。化粧下地としても使え、ファンデーションもなめらかな仕上りに。

▲ページ先頭に戻る

顔・体用 SPF50未満

日常紫外線対策に。顔はもちろん、体にもすーっとなじんで、圧迫感・白残りゼロ。化粧水感覚でさっぱり使えます。

▲ページ先頭に戻る

マイルド・子ども用

ノンアルコール・無香料・無着色のやさしい使い心地で、お子さまのデリケートな肌や、肌への負担が気になる方にも使えます。

▲ページ先頭に戻る

敏感肌用

紫外線吸収剤無配合・ノンアルコール・無香料・着色。潤い成分配合で乾燥、赤み・ほてりまで防ぐ。赤ちゃんにも使えます。

▲ページ先頭に戻る

デオドラントケア

UVだけでなく、汗やニオイもしっかりケア!8x4(エイトフォー)は自然由来の殺菌成分が毛穴に隠れたニオイ菌まで届き、殺菌して防臭。

▲ページ先頭に戻る

デオドラントケア

男の紫外線、汗、皮脂、ニオイを徹底ケア!

▲ページ先頭に戻る