どうして「鉄」が良いの?

Index● 鉄のフライパンならではの魅力があります ●

 

食材を美味しく調理してくれる鉄の特性

「鉄」は熱伝導が良く、保温性が高いので食材をふっくら焼き上げます

この特性を高くもつ素材が「鉄」なんです。ですから、フライパンの他に鉄鋳物のル・クルーゼや南部鉄器なども食材を美味しく調理してくれるんですね。
また、取り扱いに注意しないと錆びることもありますが、錆びを磨き取り空焼きすれば元のように使えますし、使い込めば使い込むほど黒々として錆びにくくなるので扱い易くなります。

熱伝導や保温性が高い多層構造の高級な鍋がありますが、アルミとステンレスを組み合わせることにより鉄の特性に近い効果が得られる仕組みになっています。

これからお鍋の購入をお考えの方もご参考になさって下さい。

熱伝導 保温性 欠点
錆びるので手入れが必要
アルミ × 軟らかいので
凹みや傷がつきやすい
ステンレス × 手入れがし易く
見た目も美しいが
熱むらがある

鍋肌に油が馴染むから食材がパリッとジューシーに美味しく仕上がります

鍋肌に油がしっとりと馴染むのは「鉄」の特性です。この特性により、余分な「油分」「水分」が食材に戻らず、美味しく調理できるんです。

例えば、ノンスティック加工のパンは「水分」「油分」ともに鍋肌ではじいてしまうのを目にするかと思います。ノンスティックの場合、食材から出た余分な「水分」「油分」もすべて食材にかえってしまうので、鉄の方が「パリッ」とした食感を出すのが得意なんですね。

Indexにもどる▲

 

使い込むほどに愛着が持てます

育てる道具

使い込めば使い込むほど油なじみが良く、焦げ付きにくくなる鉄のフライパン。他の素材ではこうはなりません。長年お使いいただくと手放せなくなるのが鉄の良いところ。じっくりと自慢のフライパンに育て上げてくださいね。

Indexにもどる▲

 

鉄のパンで貧血防止!

鉄鍋から出る「二価鉄」は吸収され易い鉄分なんです!

サプリメントで吸収の良い鉄として「ヘム鉄」がよく使われているのをご存知の方も多いと思います。「二価鉄」その「ヘム鉄」についで人間の体に吸収されやすいとされいます。

どんなに長く使ってもフライパンの形が変わるほど鉄分が解け出すわけではなく極微量ではありますが、例えば鉄のフライパンで野菜炒めをすれば通常の3倍の鉄分が摂取できるそうです!!

近年、野菜もお水もミネラルや栄養分が少なくなっています。鉄のフライパンで美味しく健康的にお料理を!

メモ

「きんぴらごぼう」や「レンコン」を鉄のパンで炒めると、少し黒っぽく出来上がることがあります。それは鉄分が食材に吸収されたためです。安心して食べてくださいね。
また、調理した食材を長く置いておくと鉄くさくなりますので、すぐ器に移してください。そして、すぐにパンを洗ってしまうクセをつけてしまうと楽ですよ。

Indexにもどる▲

 

環境にも優しい

シンプルな作り

鉄板から形作られたパン本体にハンドルの接合部分を鉄のリベットで留め、木柄を取り付けます。環境汚染につながる物質は使っていませんから食材を安全に調理できます。さらに、鉄分も摂れますから健康にも良いです。

そして、鉄製パンは日本のリバーライト工場で手作業で作られます。安心の品質です。

永くお使いいただけます

鉄のフライパンは使い捨てではありません。一生物のパンです。大切にお使いいただくことはゴミを減らし地球にも優しいことです。

鉄は丈夫な素材です。フッ素コーティングのように「はがれ」を心配することもありません。また、ひどく焦げ付いたとしても、綺麗に焦げを取り除き空焼きを再度施せばまた元のようにお使いいただけます。

木柄のヒミツ

ご家庭でお使いいただくには、やはり触っても熱くない木製のハンドルが便利です。リバーライトはハンドルなどの部品も永くお使い頂くための工夫がなされています。

ハンドルはネジ式で締められるような構造になっています。「ゆるくなってきたな」と思ったら輪になっている部分にドライバーなどを差込み「てこの原理」で締め上げてください。もし、永く使われていて締め上げても効果が得られない時は部品交換でスペアハンドルをご用意しています。シンプルな構造ですから簡単にご自分で交換できますよ。

ご自分で修繕できるのも使う側にとっては嬉しいですね!もし、フライパンが修理に出てしまったらその間のキッチンは不便で不便でしかたないですから…

Indexにもどる▲