ホーム > 特集 > 初心者のための万年筆特集
初心者の為の万年筆特集

万年筆の使用感 万年筆を使ったことがない方、また使ってみようかなと思っておられる方へ

私が万年筆と出会ったのは、大学に進学した時入学祝に万年筆を貰ったのがはじめての出会いでした。
ちなみに 「パーカー45」 という万年筆でした。

高校まではずっとシャーペンやボールペンで物書きをしていたので、
最初は少し違和感があったのですが、書いているうちに 「自分の字」 が好きになってきました。
へんな感覚なのですが、シャーペンやボールペンでは書けない 「文字」 なんですよ!
「きれい」 という表現が間違っているかもしれませんが、一番近いですね。
その時はじめて、自分の 「文字」 に対して愛着が沸いてきたような気がします。

皆様はお手紙など書かれるでしょうか?
手紙など、ボールペンで書くとどうしても「堅い」イメージにはならないでしょうかね?
ボールペンはどうしても 「筆圧」 をかけて書かないとかけないので「すらすら」とは書けないんですよ。

「すらすら」といえば、「筆(ふで)」を使って書くとき、全然筆圧をかけずに書くことが出来ます。
そして「筆」で書いた「文字」は大変「きれい」ですよね!
その 「筆」 で書く感覚に一番近くかつ、どこでも使えるのが「万年筆」なんです。

万年筆部位説明 万年筆各部分の説明

名称 説明
完全キャップ  キャップチューブに、クリップや天ビスや内部機構などをすべて組み込んだもの。
 単にキャップと呼ぶことが多い。
天ビス  クリップや内部機構をキャップチューブに留める部分。ねじ式あるいは圧入式が多い。
クリップ  ペンをポケットなどに挟むための部分。
胴軸  インクやリフィールやペンシルメカニズムが入る部分。
尻ビス  胴軸の後端の部分。ねじ式あるいは圧入式が多い。
尻軸  胴軸の後ろのつまみのような部分。吸入式タイプの万年筆に多く見られる。
首軸  万年筆のペン芯やペン先が取り付けてある部分。
 あるいは、ローラーボールペン芯を取り付ける部分。
ペン先  ニブとも呼ぶ。ペン芯と組み合わせて、首軸に装備される。
口金  ペンシル(シャープペンシル)の先端部分で、芯とメカニズムをカバーする部品。
コンバーター  インクコンバーターあるいは、吸入器とも呼ぶ。
 カートリッジインクに代えて、万年筆に取りつけてボトルインクからインクを吸入します。
ボトルインク  瓶入りのインク。
ペンシルメカニズム  ペンシル(シャープペンシル)の機構部分。
カートリッジインク式  装着するだけで、インクをペンに供給することのできる使い捨てのインクタンク。
 携帯に非常に便利で、使用方法も簡単なので多くのペンに使うことができる。
リフィール  ボールペンやマーカーの替芯の総称。
↑Page Top

各筆記具図解 筆記具の図解説明

種類 パーツ説明
万年筆
吸入式
吸入式万年筆分解図
吸入式万年筆のインクの吸入方式が尻軸を回してピストンを上下させ、
吸入する方式でインクを補充するタイプです。
万年筆
両用式
両用式万年分解図
両用式万年筆のインクの吸入方式を、カートリッジとコンバーターの
どちらかを選択して使用できるタイプです。
ボールペン ボールペン分解図
油性ボールペン
ローラー
ボール
ローラーボール分解図
水性ボールペン
ペンシル シャープペンシル分解図
シャープペンシル
↑Page Top

万年筆へのインクの入れ方図解 万年筆インクの入れ方

タイプ 入れ方の手順
吸入式 吸入式万年筆インク補充方法図解
  1. 最初にノブを左に止まるまで回し、ポンプを下げます。
  2. ペン先全体をインクに浸し、ノブをゆっくり右に回しながらインクを吸い上げます。
  3. いっぱいまで吸い上げたら、ノブを左に回しインクを2〜3滴落とします。
  4. 最後にペン先を上に向けて、ノブを右に回して閉めてください。
  ・ ペン先についたインクは、柔らかい紙などで拭き取ってください。
・ インクを吸入する時は、吸入ノブを左右に回して、抵抗を感じましたら止めてください。  
  いくつかの精密部品に分かれていますので、更に強く回した場合には、故障の原因と
  なることもありますのでご注意ください。
カートリッジ式 カートリッジ式万年筆インク補充方法図解
  1. 本体を回して外します。
  2. 首軸にカートリッジを差し込んで止まるまで強く押してください。
  (カートリッジの先に穴があきインクが流れます。)
  3. 本体を回して閉めてください。
  4. 予備のカートリッジを収納する場合は背中合わせに収納してください。
コンバーター
使用
コンバーター使用インク補充方法図解
  1. 本体を回して外します。
  2. 首軸にコンバーターを差し込んで止まるまで強く押してください。
  3. 吸入式と同様にインクを吸入してください。
  4. 本体を回して閉めてください。
【お手入れについて】
1. 筆記用具を熱湯やアルコールで洗わず、冷水で洗ってください。
2. 万年筆を何週間もご使用にならない場合には、内部のインク容器を空にし冷水で洗ってください。
↑Page Top
ペン先の表示と太さ ペン先について

海外のブランド万年筆のペン先は、一般的に国産万年筆のものよりやや太い傾向にあります。
また手作りの部分が数多くあり、生産国 ・ メーカーによって多少ペン先の太さが異なっております。

表示 太さ 備考
EXまたはXF EXTRA FINE(エクストラファイン) 極細字  
FINE(ファイン) 細字 初心者・女性・若者に人気
M MEDIUM 中字 一番人気
OM   傾斜中字  
BまたはL BROAD 太字 作家など専門の方
OB BROAD BROAD(ブロードブロード) 極太  
OBB   傾斜極太  
MI

MEDIUM ITARIC(ミディアムイタリック)

イタリック用  
ST STUB(スタッブ) スタッブ  
筆記具メーカー一覧
【SAILOR】セーラー万年筆 筆記具一覧へ 【Pelikan】ペリカン 筆記具一覧へ 【PARKAR】パーカー 筆記具一覧へ 【WATERMAN】ウォーターマン 筆記具一覧へ 【CROSS】クロス 筆記具一覧へ
【LAMY】ラミー 筆記具一覧へ 【DELTA】デルタ 筆記具一覧へ 【SHEAFFER】シェーファー 筆記具一覧へ 【FABER CASTELL】ファーバーカステル 筆記具一覧へ 【CARAN d'ACHE】カランダッシュ 筆記具一覧へ
【VISCONTI】ビスコンティ 筆記具一覧へ 【PILOT】パイロット 筆記具一覧へ      
↑Page Top