便秘解消!『カイテキオリゴ』ってどんなもの?


●『カイテキオリゴ
』は、独自の“EOS(イオス)理論”に基づいて
配合された自然由来のオリゴ糖食品です。

「オリゴ糖」と一言で言ってもたくさんの種類があります。
大抵の場合、「オリゴ糖」と聞くとシロップ状の甘いものを想像する方もおられると思いますが
あれは甘味料としての物であり、それには、オリゴ糖は30%くらいしか含まれていません

『カイテキオリゴ』は、独自のEOS理論※に基づき、
北海道産のてん菜(別名:サトウダイコン、ビート)、牛乳、樹木を主原料とした
複数種のオリゴ糖を配合した、純度ほぼ100%の高純度・高品質なオリゴ糖食品です。

◇※EOS理論とは◇
Enterobacteria OligoSaccharide Synergyのことで、簡単に言うと
「複数のオリゴ糖を組み合わせることで実感度をパワーアップさせ、単一成分のオリゴ糖以上に
実感を生み出せる仕組み」で、このEOS理論は弊社独自の研究によって発明された理論です。


一般的に、腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が
活性化されている状態を言います。
この調子を保つために、腸内の乳酸菌、ビフィズス菌を、外部から取り入れて増やすという
方法があります(要は乳酸菌、ビフィズス菌の含まれた食品をとるんですね)。
ところが、外部から取り入れたものは、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって大半が死滅したり、
腸に住み着かずに出て行ったりしてしまいます。
外部から取り入れるのではなく、元々腸内に済んでいる乳酸菌、ビフィズス菌を
活性化すれば、 それに越したことはありません。

高純度のオリゴ糖はヒトの消化管内においてその大部分が消化酵素により分解されず、
吸収されることなく大腸に到達します。
そして 腸内に棲んでいる善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌のエサになるのです。
その結果として善玉菌が増えて腸内が善玉菌優位の状態になり、
お腹の調子が快適になるのです。

ヒトのお腹の中には、約30種類もの善玉菌であるビフィズス菌がいます。
しかし、このビフィズス菌にはそれぞれ、“オリゴ糖の好き嫌い”があります。

北の快適工房では、各ビフィズス菌がどのオリゴ糖を好むのかというのを徹底的に調査し、
それぞれのビフィズス菌のエサとなり得る最適な難消化性高純度オリゴ糖を選定、
独自配合をし、まんべんなく活性化できるオリゴ糖『カイテキオリゴ
』をつくりました。

これにより、ほぼすべてのビフィズス菌や腸内善玉菌がまんべんなく、
そして効率良く活躍できるので、結果的にスッキリ感を感じることができます。

『カイテキオリゴ
』は次のようなかたにオススメします♪
・おなかの健康が気になる方
・トイレの匂いが気になる方
・お酒が好きな方
・ダイエットしたい方


※てん菜・・・別名をサトウダイコン、ビートともいい、 「オリゴ糖」や砂糖の原材料です。国内では北海道以外での栽培はありません。「オリゴ糖」の原材料として一般に知られるようになってきました。
オリゴ糖は甜菜から
オリゴ糖原料甜菜の写真
オリゴ糖甜菜

便秘解消!ラフィノースオリゴ粉末の状態白い粉末状で味にくせがなく、ほんのりと甘い感じがします。
そのまま食べることもできますし、飲み物に混ぜたり、 ご飯を炊く水に混ぜたりなど手軽に日常習慣の中で高純度・高品質のオリゴ糖を摂取することができるのが特徴です。


 


北の大地の天然オリゴ糖のお召し上がり方


お召し上がりいただく量に決まりはございませんが、
まずは1日5グラムを目安に、コーヒーやヨーグルトなどに加えてお召し上がりください。
(付属の計量スプーン1杯で約5gです)

■お飲み物に入れる場合
付属のスプーンで5〜10グラム加えてお召し上がりください。
『カイテキオリゴ』は粉末ですので、冷たい・温かいに関わらず
コーヒー、お茶、牛乳、ジュースなど、どんなお飲み物でも
あっという間に溶けて飲みやすいのが特徴です。

■お料理に使う場合
付属のスプーンで5〜10グラム加えてお召し上がりください。
『カイテキオリゴ』は熱に強く、変質しません。
また、味もほんのりと甘い(お砂糖の4分の1程度)ので、
お料理の味を変えることもございません。
特にヨーグルトなど、「乳酸菌」を含む食品と相性が抜群です。

■他にも…
1. グレープフルーツにかけて食べると
、独特の苦味を抑え、甘味を引き立てます。
2. 納豆に入れると、粘りが増します。(お醤油もお忘れなく!)
3. 冷やっこにかけると、食感が良くなります。
4.お米を炊く際にもご使用いただけます。(お米3合に対して5グラムが目安です。)
※『カイテキオリゴ』の働きで、お米が黄色くなる場合がございますが、
風味や品質等に影響はございません。