願いや思いが込められたジュエリーは、まさに身に着けるお守り。 自分に、そして大切な人へのプレゼントとしてもおススメです。 それぞれのアイテムページにはモチーフが持つ意味をご紹介しています






生命のシンボルであり「愛と感情の宿る場所」といわれた、心臓をあらわすハートモチーフ。 「豊かな愛情」や「恋愛の成就」という意味を持ち、親や恋人から贈られると特にその効果が強まると言われています。  ハートジュエリーの一覧はコチラ




優しく輝く月は「女性の美しさ」を表します。また、満ち欠けにより姿を変えることから「成長」の象徴とも言われています。
星は「希望」「願いの成就」を意味します。古くは魔除けのお守りとしても用いられてきたそうです。




その形の通り、「結びつける」を意味を持つモチーフ。 "人と人を結ぶ"が転じて良縁のシンボルとされています。 恋人からこのモチーフを贈られると、より2人の仲が深まるという言い伝えがあります。  リボンジュエリーの一覧はコチラ




身に着ける人に幸せを運ぶお守りとして、広く知られているクローバー。 4つの葉はそれぞれ「愛情・健康・富・名声」をあらわします。 また、3つ葉のクローバーは「シャムロック」と言われ、こちらも幸福を呼ぶと言われています。




「美と幸せ」を意味し、女性らしさを高めてくれるモチーフです。 例えばバラは"美と愛の女神 アフロディーテの花"と言われるなど、それぞれの花が持つ逸話と合わせて楽しむことができるモチーフです。  フラワージュエリーの一覧はコチラ




古くから信仰の対象であったクロスモチーフは、持つ人に神秘の力を与えてくれると言われています。 また、生きる力を表し、身に着ける人を災いから守ってくれるお守りとしても有名です。  クロスジュエリーの一覧はコチラ




不吉とされる場合もありますが、"命あるもの死は避けられない"ということから「平等」を意味します。 また、死から連想するものとして、「再生」「復活」を暗示するモチーフとも言われています。




家族や恋人のイニシャルを身に着けると、愛と絆が深まるといわれています。 風水や占星術、運命数でポピュラーなラッキーナンバーは、チャンスを招くキーアイテムです。  イニシャルジュエリーの一覧はコチラ  運命数解説のサイトはコチラ (外部リンク)




さなぎから美しく生まれ変わる蝶は、「変化と成長」、「美」の象徴です。 また、猫やてんとう虫は幸福を呼び、クマは力強さとリーダーシップを意味します。 "母なる海"に住む生き物は「生命」「豊穣」などをあらわします。




鍵モチーフは家を守るという意味のほか、幸せの扉を開くという意味も持ちます。 翼や羽は能力の向上や成功を表し、馬蹄には、幸せを呼び込み逃さない力があると言われています。 また、誕生石は身に着ける人を守ると信じられています。