起毛革の基礎知識

スエードとは?

スエード(スウェード)は牛・羊などの皮の裏側の繊維の太い部分を、サンドペーパーなどで起毛した革です。 シミになりやすいのでデリケートな革というイメージがありますが、実は物理的にはかなり頑丈です。適切な手入れをすると、意外なほどきれいな状態で長持ちします。

ヌバックとは

ヌバックは一見スエードの毛足が短い革のように見えますが、牛・羊などの皮の表側の細い繊維の部分を起毛した革で、強度がまったく違います。 非常にデリケートな革なので、取り扱いには若干注意が必要です。

スエード靴のお手入れの流れチャート

思っていたよりずっと簡単!スエードのお手入れ  ▼全体図を表示 

トラブルの対処

トラブルの内容によって、対処方法は異なります。

  • 多くのスエードは、防水とブラシだけでは、徐々に乾燥したり、色があせてきます。そこで、保革をしたり、靴の場合は補色のために、スエード用のコンディショナーを使用します。

     >> 詳細はこちら

  • ところどころ部分汚れが...

    防水スプレーをしてある場合、ほとんどは部分的な汚れにとどまります。 早めに消しゴムタイプのスエードクリーナーで対処すると 簡単に汚れを落とすことができます。

     >> 詳細はこちら

  • 汚れが中まで染み込んでしまった...

    防水せずに雨水に当たってしまった場合など、汚れが革の中まで浸透してシミになっているケースでは、完全に汚れを取るのは困難です。シミを緩和して目立たなくする方法をご説明します。

     >> 詳細はこちら

  • 毛が寝てしまったり、テカリが出ている...

    履いているうちにカカトなどこすれやすい部分の毛が寝てしまう場合があります。一見毛が抜けたように見えますが、お手入れをすれば大抵は毛足が戻ります。

     >> 詳細はこちら

アイテム別 お手入れポイント

【日常ケア】UGGなどのシープスキンブーツも、スエードと同様に新品をおろす前に必ず防水スプレーをかけて下さい。 履いた後は、馬毛ブラシで全体のほこりを落とし、時々防水スプレーをかけ直します。 革が乾いてきた感じになった時は、保革栄養&防水効果のあるコロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーがおすすめです。

【クリーニング】部分汚れには消しゴムタイプのヴィオラスエード汚れ落としをやさしめにお使い下さい。 落ちにくい黒ずみなどにはドレスインプレグニーラーを布に取り、たたくようにして汚れを落として下さい。 クリーニング後は防水スプレーをかけて仕上げます。

  • ヴィオラ 防水スプレー
    しっかり強力防水
  • JEWEL ホースヘアブラシ
    通常のほこり落としに(小)
  • コロニル(Collonil) 馬毛ブラシ
    通常のほこり落としに(大)
  • コロニル1909 シュプリームプロテクトスプレー
    保革栄養&防水
  • ヴィオラ スエード汚れ落とし
    部分汚れに
  • コロニル【ドレスインプレグニーラー】
    落ちにくい黒ずみ等に

【日常ケア】鞄や手袋も新品はおろす前に、スエード靴同様に防水スプレーをして下さい。通常のお手入れは時々スエード・ヌバックブラシもしくは馬毛ブラシを使って、ほこりを落として毛並みを整え、時々防水スプレーを かけ直します。 革が乾いてきた感じになった時は、保革栄養&防水効果のあるコロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーをお使い下さい。

【クリーニング】部分的に汚れてきた際には消しゴムタイプのヴィオラ強力スエード汚れ落としがおすすめです。 大きい鞄など、広い面積に使うにはヌバック用のクロスが便利です。 落ちにくい黒ずみなどにはドレスインプレグニーラーを布に取り、軽く叩くようにして擦り合わせて汚れを 落とします。クリーニング後、防水スプレーをかけて仕上げます。

  • ヴィオラ 防水スプレー
    しっかり強力防水
  • ジュエル(JEWEL) スエード・ヌバック ハンドルブラシ
    通常のお手入れ用
  • JEWEL ホースヘアブラシ
    通常のお手入れ用
  • コロニル1909 シュプリームプロテクトスプレー
    保革栄養&防水
  • ヴィオラ 強力スエード汚れ落とし
    部分汚れに
  • レザーマスター(Leather Master) ヌバッククリーニングクロス
    広い面積にも
  • コロニル【ドレスインプレグニーラー】
    落ちにくい黒ずみ等に

【日常ケア】スエードのジャケットはおろす前にコロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーをスプレーして下さい。通常のお手入れは大きめのブラシがサッとかけられるのでおすすめです。 コロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーを時々かけ直して頂くと、防水効果に加え、保革栄養効果でスエードのなめらかさが保たれます。

【クリーニング】部分的に汚れてきた際には消しゴムタイプのヴィオラ強力スエード汚れ落としが効果的です。 袖口に雨じみができた時や日常の汚れには、ヌバック用のクロスがおすすめです。 落ちにくい黒ずみなどにはドレスインプレグニーラーを布に取り、軽く叩くようにして擦り合わせて汚れを落とします。クリーニング後はコロニル1909 シュプリームプロテクトスプレーをかけて仕上げます。 ※バッグやスエードの小物に使用できる補色スプレーは、弊社にはございません。

  • コロニル1909 シュプリームプロテクトスプレー
    保革栄養&防水
  • サフィール グランドホースヘアブラシ
    通常のお手入れ用
  • ヴィオラ 強力スエード汚れ落とし
    部分汚れに
  • レザーマスター(Leather Master) ヌバッククリーニングクロス
    雨じみ・日常汚れに
  • レザーマスター(Leather Master)ヌバッククリーニングキット
    雨じみ・水溶性の汚れに
  • コロニル【ドレスインプレグニーラー】
    落ちにくい黒ずみ等に

起毛革でよくある質問

スエードとヌバックの見分け方は?

スエードは見た目にも起毛していますが、ヌバックは毛が短く、パっと見ると起毛していないように見えることもあります。いずれもお手入れはブラシと防水スプレーになります。※ヌバックはラバーブラシ部分をお使い下さい。

防水スプレーの使用のコツは?

よく振ってから20cmぐらい離して全体を満遍なくスプレーします(紳士靴片方に4秒が目安です)。約15分から20分置いて、完全に乾いてから履いて下さい。より防水力を高くするには、上記作業を乾いてからもう一度、それが乾いてからもう一度、と、3回ほど繰りかえします。

防水スプレーの使用の頻度は?

靴の場合は、一日の歩数が8000歩ぐらいの一般事務職の方なら、3回履いたら、甲などのシワがよるところを中心にスプレーをし直して頂くと良いと思います。ウェアやバッグの場合は、靴ほどマメにかける必要はございません。バッグなどの体にこすれる部分や、シワがよる部分は、他の部分よりもマメにかけて下さい。 また、クリーナーでお手入れをした後は、乾いてから防水スプレーをして下さい。

一般的な防水スプレーと、保革栄養兼用防水スプレーの違いは?

ヴィオラ 防水スプレーなどの一般的なタイプは、防水・防汚効果が高く、また経済的です。 コロニル シュプリームプロテクトスプレーなどの保革栄養兼用タイプは、一本で2つの効果があり大変便利ですが、内容量が少なく価格も高めになります。 また、防水力の面では、一般的な防水スプレーに比べ、やや劣ります。 ですので、普段は一般的なタイプを使用し、革が乾いてきた感じがしたら、時々兼用タイプを使用するといった使い分けが一番おすすめです。

フェイクのスエードも同じお手入れの方法ですか?

フェイクレザー(合皮)は目立たないところで必ずテストをしたうえでお手入れをして下さい。また、本革よりも毛が抜けやすいものが多いのでゴムブラシなどでゴシゴシ擦らないようにして下さい。溶剤系のクリーナーは、植毛部が剥がれてしまう可能性があり、おすすめできません。また、補色スプレーは、色が定着しない場合がございます(定着しない場合、洋服などに色移りする可能性があります)。

起毛用ブラシを使うとボロボロと崩れてきます。

シープスキンや、柔らかいスエードの中には薄めの造りのため、弱いものがあります。弱いスエードの場合、スエード・ヌバックブラシ等のナイロン毛の面ではなく、ゴムの面を優しくお使い下さい。ブーツの場合は、馬毛ブラシもおすすめです。

起毛ジャケットやバッグは、靴用コンディショナーで補色できますか?

色移りがしますので、お使い頂けません。靴用コンディショナーに限らず、弊社で取り扱いのある起毛用補色商品は、バッグやジャケット、革小物にはお使いいただけません。

>>>>>>>>