◆籐(ラタン)とは
 
【籐(ラタン)について】
ラタンは熱帯、亜熱帯に生息するヤシ科の植物です。
形は竹と良く似ていますが、竹の内部が中空であるのに対し、ラタンの内部はぎっしりと詰まったソリッドになっています。
ラタン内部の繊維は、引っ張り強度が非常に強く、しなやかで折れにくいため、1,000年以上も昔から日本では家具材として愛用されています。
 
【籐(ラタン)の種類】
籐(ラタン)の直径が1.5cm以上のものを太民、直径1.5cm以下のものを丸籐と呼びます。
家具のフレームには、直径2.0〜3.0cm程度の太民を一般的に使用しています。
また、直径1.2cm以下の丸籐を加工して、皮籐(ピール)や籐芯をつくります。
 
【籐家具の魅力】
最大の魅力は、本物の天然素材だけが持つ柔らかな風合いと、手作りの暖かさにあります。
籐家具は夏のイメージが強いのですが、夏は爽やかさを、冬は自然の温もりを与えてくれるので、オールシーズンお使いいただけます。また、洋室・和室のどちらにも調和するファッション性があり、丈夫で長持ちするのも、大きな魅力です。
 
 ◆上手なお手入れ方法
【普段のお手入れ】
編み目の部分は、埃がたまりやすいので、ときどき洋服ブラシなどでお掃除してください。また、柔らかな布で乾拭きするのも効果的です。
こまめなお手入れが籐家具を長持ちさせます。
 
【シミや汚れがついてしまったら】
柔らかな布、もしくはスポンジに家庭用の中性洗剤を薄めてつけ、軽く拭いてください。強くこすると、光沢がなくなります。特に艶出し仕上げのものは強くこすったり、ワックスを使うのは厳禁です。
仕上げに、乾いた布で洗剤と水気を丁寧に拭き取ってください。
研磨性の洗剤は絶対に使用しないでください。
 
 
 ◆簡単にできる補修
【巻き部分のホツレの応急処置】
ホツレ部分をきれいに整えてから、木工用ボンドで留めて、細かい布なので一晩ほどしばっておきます。
 
【皮籐(ピール)がはずれてしまったときは】
あらかじめ皮籐を水、もしくはぬるま湯で湿らせておいてから、下記のイラストの手順でしっかり巻いてください。皮籐が乾くと、縮んでしっかりと固定されます。巻き込むのが難しいときは、細い釘で留めてください。
補修の説明図

▲ページトップへ