オフィスチェア機能詳細
 「背」の機能
背のみロッキング 背ロッキング機構
背に寄りかかると、背もたれが後ろに傾斜する、ベーシックな機構です。
背・座一体ロッキング 背・座一体ロッキング機構
背に寄りかかると、背もたれと座面が一定の角度で後ろに傾斜します。自然な座り心地が得られる機構です。
シンクロロッキング 背・座シンクロロッキング機構
座った人の身体の動きにフィットし、背もたれと座面が一定の割合で連動しながら後ろに傾斜します。リラックス性の高い座り心地が得られる機構です。
ランバーサポート ランバーサポート
腰椎を後ろから支えることで、腰への負担を軽減。背もたれ点にあわせた高さ調節ができます。
▲ページトップへ
 「座」の機能
座の上下 座の上下
ガススプリングにより、座裏のレバー操作を行うことによって、座の高さ調節が簡単にできます。
※座面高(SH シートハイ)とは、座面(裏)中心部分より床までの高さを指します。
座面奥行調節 座面奥行調節
腰から膝までの距離にあわせて、座面をスライドさせて奥行が調節できます。
▲ページトップへ
 「肘」の機能
肘高さ調節 肘高さ調節
肘の高さを調節できます。
※肘高(AH アームハイ)とは、肘掛け部分より床までの高さを指します。
肘角度調節 肘角度調節
肘の角度を調節できます。肘をやさしくサポートします。
▲ページトップへ
 「キャスター」の種類
ナイロンキャスター ナイロンキャスター(プラスチックキャスター)
ナイロン双輪キャスター(プラスチック双輪キャスター)

オフィスチェアに広く装備されているタイプのキャスターです。
双輪キャスターは、カーペットのような柔らかい床でも動きがスムーズです。
ウレタンキャスター ウレタン双輪キャスター
床を傷めにくいキャスターです。一般的には、ナイロンキャスターの接地する部分に、ウレタンをコートしたものです。
走行音が静かで、横滑りしにくく、耐磨耗性に優れている点などが特長です。
ゴムキャスター ゴムキャスター
Pタイルやハードフロアのような堅い床に適しています。
▲ページトップへ
 高機能チェアとは
●今やデスクワークの半分の時間がコンピュータ作業となっています。
椅子に座る負担にプラスして、マウスやキーボードを使い続けることで、肉体的に疲労がたまりやすくなりました。

●これまでの机上面中心の作業から、コンピュータ作業の増加により、上体を後ろに倒す、後傾姿勢をとるようになってきました。
適切にサポートせずに後傾姿勢をとった場合、背中・腹筋・腰・首の筋肉にまで負担がかかってしまいます。
高機能チェア ●高機能チェアは、エルゴノミクス(人間工学)をもとに、現代のオフィスワーカーに相応しい機能が装備され、様々な体型や着座姿勢にフィットするように造られた、先進の椅子です。

●骨格や筋肉への配慮はもちろんのこと、リラックスしてコンピュータ作業ができるように、微妙な体感にまでこだわりました。
オフィスチェアとしての機能とデザインを融合させた高機能チェア。
名前だけでなく、身体にやさしい心地よさがそこにあります。

▲ページトップへ