豆腐の盛田屋
はじめまして。豆腐の盛田屋です
豆腐の盛田屋がある宮崎県椎葉村。
そこは澄んだ空気と水、豊かな自然に恵まれた
お豆腐づくりに最適な場所です。
盛田屋でつくられる濃厚な豆乳には、
キレイの秘密がぎゅーっと詰まっています。
どうしてお豆腐やさんが化粧品を?
豆腐職人の手
豆腐職人の手はつるつるしっとり。
私たちのような豆腐屋が基礎化粧品をつくることになったきっかけは、
豆腐づくりをするうちに手がキレイになったという豆腐工場で働く
女性スタッフの声でした。
彼女たちが顔をほころばせながら差し出した手は、
豆腐のようにつややかだったのです。
それもそのはず、 豆乳には女性に嬉しい大豆イソフラボン
ビタミンEがたっぷり含まれています。
「この豆腐の素晴らしさを、一人でも多くの女性にお伝えしたい」
そうして誕生したのが 『豆乳せっけん自然生活』でした。
発売以来たくさんの方からご愛顧いただき
おかげさまで累計売上数300万個※を突破しました!
※2001年2月~2015年12月盛田屋調べ
豆乳の成分について
豆乳には美肌にうれしい成分がたっぷり
中でも大豆イソフラボンやビタミンE、ミネラル、肌のエイジングケアに働くサポニンは注目の成分で、
特に女性に嬉しい働きが期待できる「大豆イソフラボン」は、年齢を重ねることで起こる肌トラブルを防いでくれるといわれています。
最近になり、豆乳をつかった基礎化粧品が数多く存在するようになりましたが、盛田屋がこだわるのは「豆乳」の質
盛田屋の豆乳は、一般の無調整豆乳の約1.5倍も濃厚な豆乳※を使用しています。
※消費者庁の品質表示基準で定められた豆乳と比較
豆乳の原料へのこだわり
2種類の国産大豆と椎葉村の天然水
2種類の国産大豆と椎葉村の天然水
豆乳せっけんのもとになる豆乳に使用する大豆は
佐賀県産「フクユタカ」と北海道産「とよまさり」の
2種類の希少な国産大豆を使用。
(遺伝子組換え大豆は一切使用していません)
大豆を浸して栄養たっぷりの豆乳をつくる
「水」にもこだわりがあります。
椎葉村は名水の里として大変有名。
自然豊かな椎葉村ならではの清らかな天然水を使用。

私たち盛田屋の原点は1丁の豆腐。
製法と素材にこだわった、よい豆腐や豆乳ができてこそ、よい化粧品がつくれるのです。ここでは私たちの原点をお話しして、あなた様が今お使いの化粧品に、どれほどこだわった原料がつかわれているのかを改めて知っていただければと思います。
肌へのやさしさへのこだわり
「お肌が弱くて様々な悩みを抱えた方でも安心して使っていただきたい、そしてもっときれいになって自分のお肌を楽しんでいただきたい。」 そのために、絶対に譲ることができない2つの想いがあります。
天然由来の成分
天然由来でやさしいものを使用
化粧品は、お肌に直接触れるものだから、少しの不安も残したくありません。
だからこそ、どこまで自然の力を活かすことができるか、
これが私たちの挑戦であり、責任だと思っています。
豆乳成分を活かす製法
豆腐づくりをする女性の手がキレイになったという嬉しい奇跡。
「この豆乳成分をそのまま、皆様のお肌にもお届けしたい!」
そのために、豆乳成分をしっかり活かすよう、製法にもこわだり抜いています。
豆乳

豆乳せっけんの製法
豆乳せっけん 製法へのこだわり
盛田屋の豆乳せっけんが完成するまでにかかる日数は60日以上。
職人の技と大変な手間がかかる、大量生産には全く不向きな昔ながらの 「釜炊き枠練り製法」でつくっています。
豆乳成分を活かすためには、この製法しかなかったからです。
じっくり成熟乾燥させることによって、泡立ちとなめらかな洗いあがりに
欠かせない水分が約20%も残っています。
だから、もちもち泡で洗いあがりしっとり。
手作業でなければ、この使い心地は生まれません。
豆腐の盛田屋
絹ごし肌をつくる基本の3ステップ


1. まずは手を清潔に!

1. まずは手を清潔に!

汚れたままの手で洗顔すると、
せっけんの泡立ちが悪くなったり、お肌を傷つけたりしてしまいます。
きれいな手で洗顔をはじめましょう。
2. しっかりと泡立て、モコモコ泡を作りましょう

2. しっかりと泡立て、モコモコ泡を作りましょう

付属の泡立てネットを使い、きめ細やかな泡を作ります。
しっかり泡立てることで、汚れをしっかり吸着し、お肌に負担をかけずに洗うことが出来るんです!
3. 泡を滑らすように優しく洗います

3. 泡を滑らすように優しく洗います

ゴシゴシ洗ってしまうと、お肌を傷つけ、お肌に必要な潤いまで取ってしまう危険性が!
その結果、お肌が固くなったり、乾燥がひどくなったりしてしまいます。
洗顔をするときは、お肌を洗うのではなく、泡を滑らせるイメージで洗顔してくださいね。
(お肌に直接触れるのではなく、泡を動かして、汚れを取ります。)
使う順番
【使う順番】 
お肌の乾燥を防ぐため、皮脂が多いところから洗顔を始めます。
① Tゾーン
Tゾーンは皮脂や汗の分泌の一番多い場所。
そのため汚れが一番たまりやすいところなので、しっかり、優しく洗いましょう。
② Uゾーン
皮脂が少なく、乾燥しやすいところです。 優しく、泡を滑らせて下さい。
③ 頬や目元・口元
皮膚が薄く、とても傷つきやすいところです。
最後に泡をお顔全体に広げ、顔をこすらないよう優しく洗って下さいね。
4. しっかりすすいで、最後は優しくポンポン!

4. しっかりすすいで、最後は優しくポンポン!

洗い残しがあると、そこから肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。
すすぐ時も、こすらず、優しくすすぎましょう。
髪の生え際や下あごの部分は洗い残しが多いところ!
ニキビなどの原因にもなるので、しっかりすすいでくださいね。
ローションの使い方
1. 手にローションをとり、温めます。

1. 手にローションをとり、温めます。

洗顔後、手のひらにローションをとり、両手で温めます。
人肌に温めることで、ローションの浸透がよくなりお肌の潤いがアップ!
冬場や冷え症で手が冷たい時は、手を温めてからローションをなじませるといいですよ。
2. 手のひらで優しく優しく…

2. 手のひらで優しく優しく…

手のひらで顔を優しく包み込むように、下から上に向かってなじませます。
毛穴は、下向きなので、下から上へなじませることで、ローションの浸透がよくなるんですよ。
目元・口元など乾燥が気になるところは、特に丁寧になじませましょう。
3. 1と2を2~3回繰り返して潤いアップ!

3. 1と2を2~3回繰り返して潤いアップ!

同じ量を使うなら、1度に使うよりも、2・3回と分けてなじませる方が、
しっかりとローションが浸透し、お肌の潤いを実感していただけます。
4. お肌がお疲れ気味の時のスペシャルケア

4. お肌がお疲れ気味の時のスペシャルケア

乾燥が気になる・日焼けしちゃった!・お化粧ノリがイマイチ…
そんな時には、「ローションパック」がオススメです!
疲れたお肌をゆっくり癒して下さいね。

1. 手にクリームをとり、温めます

1. 手にクリームをとり、温めます。

手のひらにクリームをとり、両手でクリームを温めます。
人肌に温めることで、クリームの浸透がよくなり、お肌になじませやすくなります。
冬場や冷え症で手が冷たい時は、手を温めてからクリームをなじませると、いいですよ。
2. 手のひらで優しく優しく…

2. 手のひらで優しく優しく…

手のひらで顔を優しく包み込むように、下から上に向かってなじませます。
毛穴は下向きなので、下から上へなじませることで、クリームの浸透がよくなります。
なじませる時は、ゴシゴシこすらず、優しくなじませて下さいね。
お肌内部の水分蒸発を防ぎ、外からの乾燥や刺激から、お肌を守り、美肌をキープ!
豆乳よーぐるとぱっくの使い方
1. 洗顔後の肌に、パックを塗ります。

1. 洗顔後の肌に、パックを塗ります。

洗顔後の肌に、パックを塗ります。
パックをするときは、しっかり栄養分が行き渡るよう、
肌の色がみえない程度に厚めに塗るのがポイント!
パックなので肌にすり込むのではなく、のせるようにつけてください。
1. 5~10分後、洗い流します。

2. 5~10分後、洗い流します。

パック後は、水でしっかり洗い流し、
ローションや美容液、クリームなどいつものお手入れをされてください。
入浴中の使用がオススメ!
お風呂の中でパックして、そのまま洗い流すだけ♪
リラックスタイムに気持ちよくパックしましょう!
パックの前にローションを!
パックの前にローションでお肌を潤すと、よりお肌がプルプルに!
パック後は通常のケアをされてくださいね!


豆乳せっけん物語
豆腐の盛田屋川端店
豆腐の盛田屋 川端店は、福岡市は川端商店街の中にあります。宮崎県椎葉村から直送の豆腐と豆乳が毎日届くので、いつでも新鮮な味わいをお楽しみいただけます。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。
詳しくみる
よくある質問
盛田屋の商品に関するご案内はこちら。
詳しくみる
お問合せ
商品やお買物方法についての お問合せはこちら
詳しくみる
よくある質問
㈱豆腐の盛田屋についてはこちらよりどうぞ
詳しくみる

トップ