そのボール一個分だけの、見えないニュートラルゾーンを可視化する。

ボクらのセンターがスタジアムになる。

インパクトある二本のラインで組み立てられたこの空間はフィールドなのだ。 カラダの周囲に流れる呪文のような数字の列はサイドラインのヤードマーク。 ボディ部分の生地はリブ状で、ここに縦のラインが並ぶ。 これがインバウンズ内のヤードラインをイメージさせる。 繊細なメッシュだからここにうっすらキミが浮かび上がる。 これはプレイ用ってワケじゃない、チームカラーのユニフォームでもない。 でも、「スポーツを着る」ってのもおもしろいじゃないか。 あの丸いヘルメットにカッコいいマークがはいってて、それが気に入ってて、 それだけでアメフト、好きなんだ。 いいじゃないか、そういうことで!

Photo Gallery 画像をクリックすると切り替ります