最高気温 27℃
最低気温 23℃
 

モノトーンにベージュを足して
優しくまとめる。

小物使いで垢抜けたい。

 
最高気温 26℃
最低気温 22℃
 

オールホワイトが可愛い。

オーバーシルエットの
リネンコットンのパンツに、
大きなポケットが付いたプルオーバーを合わせた
シンプルなスタイリング。

 
最高気温 25℃
最低気温 19℃
 

フロントボタンでアクセントを持たせたパンツは
生地に厚みと張りがあるので
ポッコリお腹も目立ちにくく、
体型を気にせず
トップスインのオシャレを楽しめます。

トップスや靴は出来るだけシンプルにまとめた方が
すっきり洗練された印象に仕上がる。

 
最高気温 23℃
最低気温 16℃
 

秋と春、最高気温20度前後の気候に
ちょうどいい羽織物。

端境期に重宝するコットンアウターは、
軽くシワが気にならないものを。

Tシャツやカットソーの上から
バサッと着るだけでオシャレ。

 
最高気温 21℃
最低気温 15℃
 

綺麗色のニットで秋冬を楽しむ。

鮮やか過ぎると元気いっぱいになるけど、
柔らかさのある色味なら大人っぽい印象に。

ボトムスはネイビーはもちろん、
ベーシックカラーと合わせる事で、
定番を垢抜けさせる力を持ったニットです。

 
最高気温 22℃
最低気温 16℃
 

張りのあるコットンで作る
ソフィードールらしいシルエット。

くすんだセージグリーンのスカートに
白シャツをインして優しくて上品な印象に。

 
最高気温 26℃
最低気温 20℃
 

肩を落としてリラックス感たっぷりに着たい
KristenseNのベーシックシャツ。

控えめなドロップショルダーは
ニットとのレイヤードもしやすい。

Nathalie Verlindenのパンプスを合わせて
シャツの着こなしをより大人っぽく。

 
最高気温 24℃
最低気温 16℃
 

トレンドカラーはボトムで。

緩やかなVネックが大人っぽい
メランジのニットに、
落ち着きのあるマスタードカラーを合わせて。

ヒールのあるショートブーツと組み合わせれば
より都会的な雰囲気にまとまる。

 
最高気温 22℃
最低気温 16℃
 

モノトーンを可愛らしく。

リラックス感のある
オーバーシルエットが旬なスタイリング。
パンツが半端丈なので、野暮ったくならず
バランス良くまとまります。

 
最高気温 22℃
最低気温 15℃
 

秋から春まで使えるジャケット。

TRANSIT PAR SUCHの
ニット素材のロングジャケットは
細身のパンツとの相性が抜群に良いです。

肩の力の抜けた、マニッシュな雰囲気が素敵。

 
最高気温 19℃
最低気温 14℃
 

冬に着る白ジャケット。

上下ブラックに白いジャケットを羽織るだけの
手軽でオシャレなスタイリング。

あれこれ色を盛り込まない方が
洗練された印象に仕上がる
潔いモノトーンコーディネート。

 
最高気温 19℃
最低気温 14℃
 

オーガニック素材にこだわる
イタリアのブランドVALIGIのコーデュロイパンツ。
表面の起毛感を無くしモードな雰囲気を表現しています。

コーデュロイと言えばブラウン系が定番。
このパンツもカーキ系のブラウン。
とっても美しい色です。

 
最高気温 20℃
最低気温 12℃
 

くすみカラーで秋冬っぽさをプラスする
ライトブルーのデニム。

黒などダークカラーのニットやコートと
とても相性がいい色ですが、
こんな感じに上下を柔らかい色で
まとめるのも素敵です。

 
最高気温 21℃
最低気温 13℃
 

肌寒い日はカシミヤのストールを1枚プラスして。

軽くてかさばらないapuntobの
ふんわり柔らかな肌触りのカシミヤ100%ストール。
細かいギンガムチェックが大人っぽい。

無地ストールに飽きたらギンガムチェックがオススメ!

 
最高気温 18℃
最低気温 11℃
 

上下ともニット素材。
イタリアのニット専門ブランド
ma'ry'yaのアイテムで全身コーディネイト。

メタリック素材のバッグとスニーカーで
スポーティーに。

 
最高気温 19℃
最低気温 14℃
 

ベージュが似合う大人になりたい。

肌の透明感が増すような淡いトーンのスタイリング。

今年は無地ストールが推しです。

 
最高気温 18℃
最低気温 12℃
 

カーキには黒が抜群に似合う。

カーキをナチュラルな感じでなく
大人っぽく着こなしたいなら
黒を合わせて。

 
最高気温 18℃
最低気温 10℃
 

案外汗ばむ寒い季節のお出かけに、
秋冬仕様のリネンのストールを。

秋冬に素材で見劣りしない普通地リネンと
相応しい色味でコットン素材のコート、
ウールコートとの相性も抜群です。

 
最高気温 18℃
最低気温 12℃
 

靴をポイントにしたブラックコーデ。

ダルメシアン柄とのコンビネーションが
とびきりカッコいいスニーカーが主役。

ウール、パンツはストライプ、靴はハラコ。
それぞれのアイテムの持つ質感が違うから、
黒一色でも単調にならずお洒落に仕上がる。

 
最高気温 15℃
最低気温 10℃
 

大人のスポーティーカジュアル。

ニットコートにカットソー、ニットパンツの
動きやすくラフなスタイリング。

足元にボリューム感のある靴を合わせると
より旬な雰囲気にまとまります。

 
最高気温 15℃
最低気温 11℃
 

冬らしい暖かみのあるツイード。

ざっくりしていて、
ポコポコとネップのある質感が
見た目にも暖かいツイードのコート。

リアルムートンの衿は付け外しが可能です。

 
最高気温 13℃
最低気温 9℃
 

全身ブラックにベージュのコート。

モードでもあり、可愛さもあり、
知的さもあるスタイルが好きです。

ベレー帽が全体を優しくまとめてくれる。

 
最高気温 17℃
最低気温 11℃
 

原色にはない優しさがいい。

コーディネイトがぱっと明るくなる、
朱赤とピンク系のストール。

ランダムボーダーが
表情豊かに首元を華やかにしてくれます。

 
最高気温 16℃
最低気温 9℃
 

ネイビーに飽きたら
深緑のウールコートはいかがでしょう。

ダークなグリーンに新鮮味を感じる冬のコート。

さらっと着るだけでサマになる
GALLEGO DESPORETSのコート。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

ベージュとブラウンで柔らかい雰囲気に。

ナチュラルで
優しい配色のコーディネイト。

足元は黒でまとめて
全体の印象を引き締めます。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

ちょっとレトロな感じが可愛いコート。

白とライトグレーのツイード素材のコート。
デニムとスニーカーも明るめの色をチョイスして
洗練されたカジュアルスタイルに。

リアルムートンの衿は
ストール要らずで暖かく過ごせます。

 
最高気温 15℃
最低気温 13℃
 

落ち着きがあって、でも平凡じゃなく。

黒やネイビーに頼らず、
ベージュとブラウン系でまとめたスタイリング。

白を挿し色にすると垢抜けた印象に。

 
最高気温 15℃
最低気温 7℃
 

定番のタータンチェックをポイントに。

冬のコーディネイトのポイントに使える
チェック柄のストール。

ライトグレーのコートには、
グリーン系チェックがよく似合う。
清潔感があって、暖かみのある雰囲気に。

 
最高気温 12℃
最低気温 5℃
 

凛とした上質感あふれるカシミヤのコート。

知的さの中に優しさがある
ウォッシャブルカシミヤのネイビー。

ロングカーディガン感覚で着こなしたい、
憧れのコート。

 
最高気温 15℃
最低気温 7℃
 

ロングシャツにニットをレイヤードした
新鮮かつお洒落なスタイリング。
ブローチとベレー帽で遊び心をプラスして。

 
最高気温 10℃
最低気温 3℃
 

ツイードをおすすめする理由。

ツイードって見た目に可愛いのはもちろん、
圧縮ウールなどに比べて毛が固めなので
毛玉の心配が無い点もいいです。
つまり長く着ても
くたびれた感じになりにくいので
いつまでも綺麗な状態を保てます。

 
最高気温 15℃
最低気温 8℃
 

大人っぽいと可愛いのバランス。

知的で大人っぽさのあるネイビーの上下に、
チェック柄のストールで可愛さをプラス。

爽やかさのある白に赤が程よく効いた
大人可愛いタータンチェックです。

 
最高気温 15℃
最低気温 9℃
 

シンプルで可愛いのがソフィーの魅力。

黒とベージュのツートーンコーディネイト。
シンプルにまとめることで
フロントのボタンがアクセントの
ソフィードールのスカートの存在感が引き立つ。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

コーディネイトのバランスと小物使いで垢抜ける。
使っているアイテムが多くても嫌味じゃない、
レイヤードと小物使いが上手な人になりたい。

 
最高気温 12℃
最低気温 5℃
 

やっぱりダッフルと云えばGloverall。
洗練されたシルエット、シンプルなデザイン、
流行に左右されないダッフルコートだから
長く使うことを前提に老舗ブランドを選びたい。

中には厚着をせず、
ダッフルコートはジャストなサイズ感で着るほうが
こなれた雰囲気が出ます。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

カジュアルにも、キレイ目にも使えるから
カーキのパンツは便利。

TRAVAIL MANUELの定番、
テーパードシルエットのウエストゴムパンツ。
丈が少し短めなので、
ショートブーツとの相性もいい。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

色と質感の美しさを楽しむコート。

スタイリッシュで旬な雰囲気もある
コーデュロイの青のコート。
とにかくお洒落な色がぱっと目を惹きます。

コート以外は黒でまとめて、
洗練された都会的な雰囲気に仕上げます。

 
最高気温 12℃
最低気温 6℃
 

1枚は持っておきたいチェック柄ストール。

シンプルな無地のコーディネイトに足すだけで
お洒落に、大人可愛い雰囲気が出せる。

 
最高気温 10℃
最低気温 5℃
 

質の良いシルクウールの
ニット素材のWフェイスで
圧縮ウールのアウターを着るほどでない
秋口から羽織れるアウター。

デニムを合わせてカジュアルにまとめたり、
黒色パンツを合わせれば
よりきちんと感が生まれます。

 
最高気温 5℃
最低気温 0℃
 

無地のコートに飽きたらツイードを。

無地のコートは持っているし、
でも大きい柄物のコートは派手かなぁ…
そんな方におすすめなのがツイード素材です。

中に着る服が上下無地のとき、
羽織るだけでお洒落に見違えます。

 
最高気温 8℃
最低気温 1℃
 

主役級のカシミヤコート。

首元にレザーを部分使いしているところ、
ハンドステッチや裁ち切りのディテールなど
KristenseNらしさ溢れるカシミヤコート。

「あの人、お洒落だな」と周りに思わせる存在感が
KristenseNにはあります。

 
最高気温 9℃
最低気温 3℃
 

女性らしさのあるモノトーン。

ダークカラーのコートに、
上下白色のワントーンでまとめたスタイリング。

FAUSTO SANTINIのレースアップ靴を合わせて
ナチュラルで自然体な雰囲気に。

 
最高気温 9℃
最低気温 2℃
 

カーキとベージュの組み合わせが新鮮。

色の組み合わせが可愛いコーディネイト。

ただのナチュラルな感じでなく、
シルエットにこだわるアイテム選びで、
自然体なお洒落な雰囲気に。

 
最高気温 9℃
最低気温 2℃
 

卒入学シーズンに。

手軽にきちんとした印象に仕上がる
Wクロスの落ち感が美しいワンピース。

パンツを重ねれば
普段着としても活用できて無駄無し!

 
最高気温 10℃
最低気温 4℃
 

カジュアルにもモードにも。

スウェットみたいな肉厚感で
カジュアルに着られるプルオーバーは
立ち上がったネックが旬な雰囲気。

ブランド定番のバルーンパンツは
スカートみたいなボリューム感が
使いやすいと評判です。

 
最高気温 8℃
最低気温 2℃
 

曖昧な色がKristenseNらしさ。

少しくすんだ、一言では説明ができないような
ニュアンスカラーが素敵なシャツとパンツ。

シャツは、白ではなくグレーやベージュでもない
パールという色。
肌色を美しく見せてくれます。

 
最高気温 9℃
最低気温 2℃
 

着こなしの基本といった感じ。

白ニットにブルーデニムの
シンプルでベーシックな着こなし。

ポコポコした編み目が可愛いニットに、
バックスタイルまでお洒落なブーツを合わせて。
あからさまにお洒落、ではなく
「さり気なくお洒落」が理想です。

 
最高気温 12℃
最低気温 4℃
 

気負いなくジャケットを着る。

GALLEGO DESPORTESの定番ジャケットは
肩が凝らないラクな着心地と
カーディガンのように、
カジュアルに使いやすいところが魅力。

中は上下とも黒でまとめてスッキリ見せる。

 
最高気温 11℃
最低気温 5℃
 

シンプルだからこそデザインが活きる。

身幅がゆったり、長すぎず短すぎない着丈で
スカートはもちろん、パンツにも合わせやすく、
立ち上がったネックがお洒落な
白のプルオーバー。

モノトーンのコーディネイトは特に
デザインや素材感を大切にしたい。

 
最高気温 13℃
最低気温 6℃
 

ボトムを合わせてカジュアルに。

1枚で着ると、キレイ目な雰囲気のワンピースを
普段着としてカジュアルに着る。

 
最高気温 8℃
最低気温 2℃
 

春はシャツが着たくなる。

春に限らず、1年を通して使えるシャツ。
毎シーズン人気のKristenseNのシャツは
コットンストレッチ素材なので
シワも気にならず、サラっとしているので
夏でも快適な着心地ですよ。

 
最高気温 13℃
最低気温 4℃
 

個性的な顔立ちの靴がポイント。

ストライプのシャツにパンツという
シンプルなコーディネイトを
さり気なくお洒落に格上げしてくれる
SHOE&SEWNの定番靴、Medoc。

モンクストラップのように、
甲をボタンで留めて固定するデザインが素敵です。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

オールブラックでカッコよく。

落ち感のある素材がキレイ目な雰囲気の
TRAVAIL MANUELのプルオーバーとパンツ。
首元にパールネックレスをプラスすれば、
より華やかさが出ます。

足元はあえて茶色のパンプスで軽く。

 
最高気温 13℃
最低気温 5℃
 

明るいブルーのデニムが気になる。

白のトップスに、ブルーのデニムで
季節の変わり目に相応しい、
爽やかな雰囲気のコーディネイト。

ボトムスの色が明るくなるだけで春らしい。

 
最高気温 14℃
最低気温 8℃
 

トレンドカラーのテラコッタブラウン。

優しさのあるアースカラーのアイテムは、
ナチュラルな素材感のものがいい。

丈が長めの、大人感のある形のスカートなので
シンプルにシャツと、
スクエアトゥが旬な雰囲気のスリッポンを
サラっと合わせたい。

 
最高気温 9℃
最低気温 3℃
 

優しい雰囲気のマニッシュ感。

グレーとクリーム色、コントラストを付けない
一体感のあるコーディネイト。
メンズライクな形・素材のパンツは
TRAVAIL MANUELの新作。
肉厚でドライな質感がメンズっぽくていい。

 
最高気温 12℃
最低気温 4℃
 

色で春らしさを取り入れて。

くすんだ感じの優しいターコイズ色のスカート。

白系のトップスと合わせれば春夏らしく爽やかに、
同系色のブルー系やパープルとの合わせも
新鮮で素敵です。

 
最高気温 12℃
最低気温 5℃
 

春夏らしい軽いネイビー。

同色のトップスとスカートを
セットアップ、ワンピース風に着る。

安心感のあるネイビーは、
春夏らしく、暗すぎる色よりは
やや明るめが軽い雰囲気になって良いと思う。

 
最高気温 12℃
最低気温 3℃
 

お洒落に見える組み合わせ。

鮮やかな青のリネンカットソー。
リネンならではの、
畝のあるナチュラルな素材のトップスに
張りのあるスカートを合わせて。

色と、素材感のコントラストを楽しんで。

 
最高気温 13℃
最低気温 3℃
 

KristenseNが醸し出す存在感。

何気ないシャツ、カーディガン、
パンツのコーディネートでも、
ひとつひとつが上質だと品がある事を実感。

お洒落を頑張り過ぎていない、
余裕のある大人っぽさがあります。

 
最高気温 14℃
最低気温 7℃
 

アースカラーが新鮮。

全身、靴までアースカラーの
グラデーションのような
一体感のあるコーディネイト。

アクセントにチェック柄のストールを。

 
最高気温 15℃
最低気温 5℃
 

春夏に綺麗色ボトム。

merge初登場ブランド、
福岡発のVeritecoeurのパンツは
とにかくこの綺麗な色に惹かれます。

白系トップスを合わせればフェミニンな感じに、
黒と合わせれば大人可愛い雰囲気に。