最高気温 22℃
最低気温 18℃
 

ネイビーのストールでアクセントを。

アースカラーのスタイリングに、
ネイビーのコットンストールでポイントを作って、
顔映り良く仕上げます。

靴は白を選べば春夏らしく軽い印象に。

 
最高気温 23℃
最低気温 17℃
 

雨の日におすすめのコーディネート。

FABIOのサイドゴアは
ビブラムソールとガラス加工の
スポーティなレザーで雨を弾く。

バッグはjack gommeなら濡れても平気。
濡れた路面は、歩くと雨を跳ね上げてしまうから、
膝下のキュロットがおすすめ!

 
最高気温 22℃
最低気温 17℃
 

ネイビーの着こなしに
優しさを添えるベージュのパンプス。

つま先だけをパイソンの型押しレザーで
切り替えたパンプスは、
フラットなヒールでも、
上品で大人っぽい雰囲気のパイソン柄と
ポインテッドトゥなら大人っぽくまとまります。

 
最高気温 25℃
最低気温 16℃
 

ラフに着るだけでカッコいい。

KristenseNの新作シャツとパンツを
クールに着こなす。
ハットをプラスすれば、より夏らしく。

洋服と小物の色使いを控えて、
足元のパイソン柄を引き立てて。

 
最高気温 25℃
最低気温 16℃
 

涼感のあるシフォン素材が大人っぽい
KristenseNの新作トップス・ロングスカート。
セットアップで着るとよりお洒落な感じに。

シンプルなプルオーバーには
ロングネックレスでポイントを作ると、
顔がぼやけず、
大人にちょうどいい上品さが生まれます。

 
最高気温 25℃
最低気温 16℃
 

今年の夏は赤を着てみたい。

ひとえに赤、といっても
色々な色味、素材のものがあるけれど、
fog linenのリネンの赤なら、
サラッと大人っぽく楽しめます。

足元は白の靴で軽さをプラスして。

 
最高気温 25℃
最低気温 16℃
 

気取らず、さりげなく帽子を足す。

シンプルな上下に厚底ミュールの
スタンダードな着こなしを、
オシャレに見せるミックスグレーのペーパーハット。

リボン無しタイプならさらにさりげない。

 
最高気温 27℃
最低気温 15℃
 

ジャケットをラフに着こなしたい。

GALLEGOのリネンジャケットは、
サラッとしていて真夏に重宝します。
作り込まず、Tシャツにストレッチ入りのパンツを合わせて。
リラックス感のある着心地なのに、
きちんとした大人感があるから、通勤にもオススメ。

 
最高気温 28℃
最低気温 19℃
 

リネンの赤とカーキの合わせ。

赤には黒だと思っていたけど、
アースカラーにも合うのは、リネンだからこそ。

ナチュラル過ぎないよう、
シルバーメタリックのサンダルで抜け感を。

 
最高気温 27℃
最低気温 20℃
 

夏はリネンで涼しく。

カットソーみたいに手軽に使える
リネンのプルオーバー。
ライトグレーのパンツを合わせて大人っぽく、
気取らず仕上げました。

スニーカーみたいに軽い履き心地の
馬革のプレーントゥで軽快に。

 
最高気温 25℃
最低気温 19℃
 

着心地の良いリネンのワンピースを使って。

ピンストライプはリネンならナチュラルな雰囲気。
シンプルだけど個性が光るリネンワンピースは、
襟を抜いて着ると、後ろ下がりのシルエットになって、
何とも言えない可愛さが漂います。
重ねる白パンツは細すぎないシルエットがおすすめ。

 
最高気温 26℃
最低気温 18℃
 

リネンとスエードで夏を満喫。

全身リネン素材で作る夏スタイル。
トップスもストールもパンツも
全部リネンでさらさらの着心地。

カーキのスエードサンダルを合わせて、
気取らない夏の大人のリラックスコーデ。

 
最高気温 26℃
最低気温 16℃
 

膨張しがちなボーダーは、
黒色ベースがおすすめ。

引き締め効果もあって、
夏は単色の黒より暑苦しさ無く
黒を楽しめます。

素足にスエードのサンダルで夏らしく。

 
最高気温 26℃
最低気温 19℃
 

夏は色を楽しみたい。
ブルー×イエローのコーディネートが最近のお気に入り。
ネイビーより明るく、ブルーより深い色に
一目惚れしたリネンのノースリーブ。

真鍮チェーンにブラスビーズをあしらった
カジュアルなネックレスをプラスして、
目線を上に持って来るとバランス良くまとまります。

 
最高気温 25℃
最低気温 18℃
 

かぎ編みラフィアにぽこぽこモチーフ。
Sophie Digardのネックレスと、
ラフィアバッグは唯一無二の存在感。
可愛いけど甘すぎないから大人に人気のブランド。

色使いは控えめに、質感と装飾で
上質感をプラスすることで品の良さを保ちます。

 
最高気温 28℃
最低気温 20℃
 

シンプルだけど個性が光るリネンワンピース。

襟を抜いて着ると、
後ろ下がりのシルエットになって、
何とも言えない可愛さが漂います。

靴の色とソックスの色はトーンを合わせると上品。

 
最高気温 28℃
最低気温 22℃
 

色の強弱を付けず透明感を意識して。

優しいカーキとベージュのスタイリング。
繊細な刺繍のSophie Digardのリネンストールと
ラフィアバッグでアクセントを。

色使いは控えめに質感と装飾で
上質感をプラスすることで品の良さを保ちます。

 
最高気温 27℃
最低気温 21℃
 

白を効かせた夏の黒。

透け感のある軽いニットに白タンクトップを重ねて、
黒の重さを引き算して。

白サンダルを合わせて、さらに軽さを。

 
最高気温 29℃
最低気温 20℃
 

夏におすすめのシャツスタイル。

GALLEGO DESPORETSのブルーのシャツは、
シャリ感があって、襟も高くないから
夏でも涼しく過ごせます。
ブルーは見た目にも涼感があるので爽やかです。
黒レザーのサンダルにラメソックスを合わせると、
大人っぽい仕上がりに。

 
最高気温 29℃
最低気温 23℃
 

ネックの開きと袖丈が絶妙な
リネンのプルオーバー。

カットソー感覚で使えて、
カットソーより心地よいリネンのトップスは、
大人におすすめの夏の必須アイテム。

張りのあるワイドパンツを合わせて
落ち着きのある大人っぽくスタイリング。

 
最高気温 28℃
最低気温 23℃
 

黒のワンピースを都会的に着る。

金のスナップボタンがポイントになった
コットン素材のワンピース。

白系のペーパーハットで都会的に、
足元はパイソン柄のサンダルで
エレガントかつ、大人っぽく仕上げます。

 
最高気温 29℃
最低気温 24℃
 

ブラウンに鮮やかなブルーを合わせたら、
小物で白を足す。
くどくなくて、でも平凡じゃない
トレンド感のある雰囲気がお洒落です。

 
最高気温 30℃
最低気温 23℃
 

涼感のある水色のチェック柄のトップスに
コットンの軽い素材のスカート、
足元はフラットサンダルで
カジュアルに仕上げたコーディネイト。

水色と茶色の組み合わせが大人可愛い!

 
最高気温 30℃
最低気温 22℃
 

カーキに黒を合わせる。

セージグリーンの優しいカーキのパンツに
リネンのノースリーブを合わせたスタイル。

足元はパイソン柄のサンダルで、
ちょっぴりエレガントさをプラスして。

 
最高気温 28℃
最低気温 20℃
 

知的な印象のネイビーのワンピース。

明る過ぎず暗すぎない
綺麗なネイビーはリトアニアリネン。

夏らしい明るめの色がオシャレな雰囲気の
FALORNIのバッグで大人感を。

 
最高気温 28℃
最低気温 23℃
 

全身、夏素材コーデ。
リネンの上下にコルクソールのサンダル。

足元のメタリックシルバーのサンダルにリンクさせて
ネックレスはシルバーをチョイス。

2,800円のプチプラ真鍮ビーズのネックレスが、
いい仕事します。

 
最高気温 30℃
最低気温 22℃
 

カットソー感覚で使えて、
カットソーより心地よいリネンのトップスは、
大人におすすめの夏の必須アイテム。
白とベージュの上下に、足元にソックスで差し色を。

朝は晴れてるけど、昼から雨が降りそう…
そんな日は迷わずパラブーツ。

 
最高気温 30℃
最低気温 23℃
 

夏のブラックの効かせ方。

服は色味を抑えてストールの存在を引き立たせ、
足元は適度に重みは欲しいけど、
オープントゥのサンダルで
暑苦しくならないように。

 
最高気温 31℃
最低気温 24℃
 

周りと差をつける夏帽子。

キャスケットとワークハットを
組み合わせたような可愛さが魅力。

黒の上下にグレーの小物を足すと、
いい感じに柔らかさが生まれます。
サンドベージュのパンプスで上品な足元に。

 
最高気温 30℃
最低気温 24℃
 

ナチュラルな中に落ち着きがある。

爽やかでナチュラルな
グリーン系の上下のコーディネイト。
足元はパイソン柄のスリッポン。
グレー系の強すぎない柄なので
悪目立ちせず着こなしに馴染みます。

 
最高気温 29℃
最低気温 23℃
 

淡い色で着こなしに優しさをプラス。

夏はブラウスに
ストールを羽織ってお出かけすると安心。

ほんのりピンク味を帯びた淡いグレーのストールは、
裏がオフ白の極薄コットンの2枚仕立て。
肌触りがとても柔らかで汗も吸ってくれるから
ひと夏中、重宝します。

 
最高気温 30℃
最低気温 24℃
 

夏の日差しに映える
ロイヤルブルーのワンピース。

夏は涼しく過ごしたいから、
出来るだけアイテム数少なく、
オシャレな雰囲気に仕上げたい。

ワンピースにスニーカーを合わせただけなのに、
やっぱりSOFIE D'HOOREは素敵!

 
最高気温 31℃
最低気温 26℃
 

爽やかに可愛らしく。

大きめチェックならナチュラル過ぎず、
甘さ控え目。
大人にも着こなしやすい
Gallego Desportesのプルオーバーブラウスに
キュロットパンツを合わせて大人可愛い印象に。

白系のキャスケットはペーパー素材。
涼しげで夏らしい清潔感のある雰囲気です。

 
最高気温 30℃
最低気温 24℃
 

パンツ派にもおすすめのスカート。

天竺ボーダーと
コットンツイルのドローコードスカートで動きやすく
お出かけにぴったりのコーディネイト。
トートバッグはマチ広めで
お弁当もラクラク入りますよ。

 
最高気温 30℃
最低気温 24℃
 

綺麗なブルーにカーキを合わせて清々しく。

ジメジメ湿度の高い日は
サラッとした着心地のコットンワンピで。

さらっとした着心地のブルーのワンピースには
カーキのパンツを重ねて子供っぽくならないように。

 
最高気温 30℃
最低気温 25℃
 

ブルーの分量多めでクールな夏スタイル。

ナチュラルな雰囲気のリネンワンピースを、
白のペーパーハットと黒のパンツで
都会的に仕上げました。

 
最高気温 31℃
最低気温 24℃
 

サファリブラウンが夏の日差しに優しく映える。

ブラウン×黒の組み合わせは
落ち着いた大人の雰囲気。
黒色でコーディネイト引き締めて、
甘さ控えめに。

 
最高気温 31℃
最低気温 25℃
 

鮮やかなブルーのパンツに
白のトップス、小物は黒で統一して
さっぱりした雰囲気。

綺麗なロイヤルブルーのパンツと
清潔感のある白色のトップスが夏らしい。

 
最高気温 31℃
最低気温 24℃
 

小物を効かせた夏の黒。
秋にも使えそうなシャツとパンツの
黒のワントーンコーディネイト。

ポイントに、白系のペーパーハットと
サンダルにカーキのラメソックスを合わせて。

 
最高気温 31℃
最低気温 26℃
 

モノトーンの着こなしに
ベージュのコットンニット帽で優しさを添えて。

頭にちょこんと乗せるだけで断然、
優しくまとまる小物の存在。

 
最高気温 31℃
最低気温 25℃
 

ロングシャツを着こなせる
大人って素敵。

ゆったり過ぎず
タイト過ぎないシルエットが
要のロングシャツスタイル。

 
最高気温 31℃
最低気温 26℃
 

優しさのあるマニッシュ。

杢グレーのスウェットに
黒のサルエルパンツ、
レースアップシューズを合わせただけの
シンプルな着こなし。

アイテム自体はマニッシュだけど、
スウェットの袖丈やサイズ感で
女性らしさを表現して。

 
最高気温 31℃
最低気温 25℃
 

無条件にお洒落に見えるワントーン。

淡いホワイト系の色は
柔らかく女性らしい雰囲気にまとまります。
足元は黒で引き締めて。

 
最高気温 34℃
最低気温 24℃
 

馴染ませ色のネイビーとグレー。

清潔感のある色使いのコーディネイトを
バッグのネイビーと靴のグレーが
優しい雰囲気にまとめてくれる。

 
最高気温 34℃
最低気温 27℃
 

KristenseNの定番商品、
ふくらはぎ部分をストレッチ素材で切り替えた
ストレッチパンツと、
裾が断ち切りデザインになったシャツ。

そんなラフ感も
大人っぽいのはKristenseNらしい。

 
最高気温 34℃
最低気温 27℃
 

帽子で色を足すこと。

モノトーンのシンプルなスタイリングに
個性とセンスをプラスして。

 
最高気温 33℃
最低気温 26℃
 

ストレッチ入りのプルオーバーシャツは、
ニュアンス色が上品で優しい。

定番のストレッチパンツは、
コーティング素材で秋冬らしさがあっていい。

 
最高気温 35℃
最低気温 30℃
 

ベージュが似合う大人になりたい。

優しい印象になれるライトベージュは、
女性らしさが際立ちます。

肌の透明感が増すような
淡いトーンの秋のスタイリング。

 
最高気温 34℃
最低気温 27℃
 

パンチングレザーのバッグで
アクセントを。

ウールのパンツで気分はもう秋。
少しずつコーディネイトも秋へ
シフトしていきたい気分です。

 
最高気温 31℃
最低気温 26℃
 

KristeseNらしいシンプルさが光る
コットンストレッチのワンピース。

洗いの掛かった優しいグレーは
最もKristenseNらしさを堪能出来るおすすめ色。

足元はモスグリーンのパンプスを
合わせてみました。

 
最高気温 28℃
最低気温 24℃
 

鮮やかなブルーのコーデュロイパンツが主役。

上下ブルー系にまとめたら、
靴とバッグで色を足して脱・平凡に。

 
最高気温 32℃
最低気温 24℃
 

上品に仕上がるカモフラ柄。

モノトーンのコーディネイトのポイントに
FALORNIのカモフラ柄のバッグを。
ラムレザーの上質感と、
落ち着いた配色の柄なので
品良くオシャレにまとまります。

 
最高気温 31℃
最低気温 26℃
 

黒とカーキの大人っぽい
色の組み合わせに、
ブラウンがかったトープのような
ニュアンスのある色が素敵なバッグで
女性らしさを添えて。

 
最高気温 32℃
最低気温 25℃
 

GALLEGO DESPORTESの新作シャツ。

このブランドのシャツは、とにかく着心地がラク。
タイト過ぎないサイジングに
女性らしいディテールがプラスされているので
ラフに着るだけで雰囲気が出ます。

 
最高気温 32℃
最低気温 25℃
 

普段使いからオケージョン用まで、
さらに上下で単品使いのできる
セットアップはあると便利。

明るめのグレーは顔映りもよく、
上品に仕上がるところが良い!

 
最高気温 31℃
最低気温 21℃
 

カジュアルだけど、どこか女性らしさのある
シンプルなデザインが好評の
TRAVAIL MANUEL。

このトップスも、ゆったりとしたデザインを
スッキリと見せるための引き算が施されていて、
サルエルなどのバランスが取りにくいパンツとの
相性が抜群にいい。

 
最高気温 28℃
最低気温 22℃
 

軽めのスーツスタイル。

普段はカジュアルばかりでも、
たまに必要になるいざと言う時に。

それぞれ単品として使いながら、
時にセットアップで着ればスーツになる。

ウォッシャブルウールの軽い着心地。

 
最高気温 29℃
最低気温 23℃
 

ソックスで遊び心をプラス。

コーディネイトのポイントに
Bonne Maisonの柄ソックスを。

落ち着いた色調にまとまっているので
柄ソックスでも決して子どもっぽくならない。

 
最高気温 30℃
最低気温 22℃
 

雰囲気のあるモノトーン。

リネンの黒ワンピースに、
白と黒のコンビネーションの
メッシュレザーバッグを合わせて。

一見かごバッグのようなレザーバッグは
かっちりし過ぎず、
カジュアルにスタイリングしやすい。

 
最高気温 29℃
最低気温 23℃
 

秋に着る水色。

ボトムと靴を黒にする事で
明るさを抑え、秋らしさを添えて。

残暑厳しい日本の9月に最適な
中厚手のリネン。

 
最高気温 28℃
最低気温 22℃
 

足元に色を。

黒ワンピに黒タイツの真っ黒コーデを
カーキのマニッシュ靴でハズす。

胸元のロングネックレスも
密かにいい仕事してる。

 
最高気温 28℃
最低気温 22℃
 

マスタード色で秋を感じて。

落ち感の美しいリネンウールのパンツが主役。
股上が深く安定感がありシルエットが美しい。

ワイドシルエットは
優雅な女性らしさがあると思う。

 
最高気温 27℃
最低気温 22℃
 

ロングスカートでラクして女っぷりを上げる。

イタリア製の上質なウールフランネルは
ストレッチ入りで扱いやすい。

ギャザーではなくソフトタックで
膨らみ過ぎないから
バランスが取りやすいロングスカート。

 
最高気温 29℃
最低気温 21℃
 

Tシャツより厚手でトレーナーより
薄手のトップスが重宝する季節。

ベーシックなスタイリングも
アイテムの一つひとつが上質だと品がある。

 
最高気温 29℃
最低気温 23℃
 

オータムカラーを知的に。

枯れ色をいかに透明感高く仕上げるか、
ポイントは白と黒の部分使い。

 
最高気温 28℃
最低気温 23℃
 

モノトーンにベージュを足して
優しくまとめる。

小物使いで垢抜けたい。

 
最高気温 28℃
最低気温 23℃