気軽に時計ベルト交換を楽しみましょう!

ただいま当店では時計ベルトをお買い上げのみなさまに、
時計ベルト交換工具(バネ棒はずし)プレゼントキャンペーンを実施中です。
市販の腕時計の約95%以上は自分で取り替えることができますので、
この工具を使えばご注文の時計ベルトが届いてすぐにご自身で交換することが可能です。

ベルト交換作業はとても簡単です。
商品に同封の説明書、もしくはこのページをご参照に、
初めての人で5分~10分程度、慣れれば1、2分で取り替えることができます。

今なら交換用工具もプレゼント★

時計ベルト各部名称

時計ベルト 見本

Eサイズ(ベルト取り付け幅)注意点

下記画像に記載しております「時計各部の名称」の「ラグ幅」が「時計ベルト装着部分【E】サイズ」となります。

時計ベルトをご注文の際は、お客様の腕時計の「ラグ幅部分」を、
定規やスケール等でご計測頂き、ご注文をよろしくお願いします。

※『時計ベルト取り付け幅(Eサイズ)』及び 『尾錠取り付け幅(Bサイズ)』につきましては、
プラスマイナス 0.5mm 程の誤差が、生じる場合がございますので、ご了承ください。

購入された商品のサイズを間違えてしまった場合交換返品は承っております。
商品交換の為の送料はお客様のご負担となりますので、予めご了承頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

返品・交換についての詳細はこちらをご覧ください。>> 返品・交換について

Bサイズ(ベルト取り付け幅)注意点

Bサイズとは尾錠取り付け幅です。
デュプロインバックル(Dバックル)をご購入される場合、時計バンドのBサイズと同じサイズをご購入ください。

腕時計 見本

バネ棒について

バネ棒 各部

「バネ棒」とは、時計とベルトを繋ぐ棒です。
ベルトを取り替える場合、元から使用しているバネ棒を使用しますので、 破損しないよう、丁寧にお取扱ください。

時計ベルトの交換方法(ラグ穴あり)

交換用工具のI字型側をラグの穴に差しこむ。

1.交換用工具のI字型側をラグの穴に差しこむ。

時計を左手でしっかりと持ちます。
(※右利きの場合)
力を少し加えますので、竜頭が上に向くように時計を置きます。
時計が傷つかない様、柔らかい布などを下に引くと良いでしょう。

ラグ穴に交換用工具のI字型側を差し込む。

2.ラグ穴に交換用工具のI字型側を差し込む。

工具のI字型側をラグ穴に差し込みます。
時計本体に当たるとキズが付く恐れがありますので、
慎重に差し込んでください。

さらにバネ棒を押し込みます。

3.さらにバネ棒を押し込みます。

しっかりと左手で時計本体をおさえて、押し込みます。
バネ棒の状態によっては固い場合も事もあります。
カチッという様な手応えなどを感じたら、
一度抜いてラグ穴からバネ棒が外れているか確認しましょう。

時計から時計ベルトを外す。

4.時計から時計ベルトを外す。

ラグ穴からバネ棒が外れているのが確認できたら、
手で時計ベルトを外しましょう。
手で引っ張っても取れない場合は、
再度工具を使ってバネ棒を取り外しましょう。

時計ベルトの交換方法(ラグ穴なし)

時計のラグと時計ベルトの隙間に、交換用工具のY字型側を差し込む。

1.時計のラグと時計ベルトの隙間に、交換用工具のY字型側を差し込む。

時計は左手でしっかりと持ちます。
(※右利きの場合)
力を少し加えますので、竜頭が上に向くように時計を置きます。
時計が傷つかない様、柔らかい布などを下に引くと良いでしょう。

時計と時計ベルトの隙間が狭いものもございます。
まずは、Y字型の部分をしっかりと間に差し込みましょう。
ある程度押し込むと、中のバネ棒に引っ掛かります。

工具を押し込んだら梃子(てこ)の原理でバネ棒を押し下げる。

2.工具を押し込んだら梃子(てこ)の原理でバネ棒を押し下げる。

工具を押し込んだ状態でバネ棒を外します。
この時、梃子の様に工具を下に押し下げると、
時計と時計ベルトの間に隙間が生まれ易いので外し易くなります。

バネ棒を押し下げたまま工具を引き抜く。

3.バネ棒を押し下げたまま工具を引き抜く。

バネ棒を押し下げたまま、工具を手前に引きましょう。
バネ棒が外れていれば、左記の画像の様に外れます。

メタルブレスの交換方法

バネ棒を外す為の隙間から、バネ棒の溝が見えます。

1.バネ棒を外す為の隙間から、バネ棒の溝が見えます。

赤い円で囲った部分がバネ棒の引っかけ部分となります。
こちらの部分を、交換用工具を使って取り外します。

バネ棒はずしのI字型、またはY字型を使って、バネ棒の溝を押し下げます。

2.バネ棒はずしのI字型、またはY字型を使って、バネ棒の溝を押し下げます。

時計が傷つかないように、下に柔らかい布等を用意してから行ってください。
画像の様に交換用工具を使って取り外しましょう。
交換用工具で外れない、もしくは外しにくい場合は、
市販の精密ドライバー(-)を お使いいただくことをおすすめ致します。
また、困難な場合はご無理をせずにお近くの時計店にご相談下さい。

バネ棒の凹部分に工具をひっかけ、バネ棒をずらして外します。

3.バネ棒の凹部分に工具をひっかけ、バネ棒をずらして外します。

工具をしっかりと凹部分にひっかけ、バネ棒を外します。
この時、外す方向に向けて、
梃子(てこ)の様に工具を動かすと外し易くなります。
片方のバネ棒が外れたのを確認できたら、
もう片方のバネ棒も、工具を使用して外しましょう。

特殊な時計ベルトの交換方法

カルティエ パシャ 交換方法

カルティエ パシャ 交換方法

カルティエ パシャ 交換方法

カルティエ パシャ 交換方法

カルティエ パシャ 交換方法

カルティエ パシャ 交換方法

新しい時計ベルトの装着方法

着いていたバネ棒を取りましょう。

1.着いていたバネ棒を取りましょう。

元々付いていたバネ棒を使う為、取り外します。
指で摘んで引き抜いてください。

長期間使用したバネ棒は取り外しにくい事があります。
ベルトを持って、バネ棒を硬い部分に押し当てると、
反対側が 少し出てくるので摘みやすくなります。
12時側、6時側、共に取り外しましょう。

取り外したバネ棒を、新しいベルトに差し込む 。

2.取り外したバネ棒を、新しいベルトに差し込む 。

バネ棒を新しい時計ベルトに差し込みます。
ベルトの両側から、均等にバネ棒の先端が飛び出るよう差し込んでください。

この場合も差し込みにくい場合は、硬い部分にバネ棒を押し当てると入れやすくなります。
こちらも12時側、6時側、共に用意します。

バネ棒の片方をラグ穴(内側)に引っ掛ける。

3.バネ棒の片方をラグ穴(内側)に引っ掛ける。

まずは6時側のベルトを装着します。
ラグの内側にある穴に、片側だけを引っ掛けましょう。
時計の竜頭は上に向くようにするのがポイントです。

バネ棒を押し下げたまま、時計ベルトを中に入れる。

4.バネ棒を押し下げたまま、時計ベルトを中に入れる。

時計と取り付けるベルトを、左手でしっかりと持ちます。
工具のY型側を使って慎重にバネ棒を押し下げます。
バネ棒はずしの先端をラグの間へずらしていきます。

ある程度中に入ったら、工具を抜いて、左手でそっとベルトを動かします。
カチリという音や手応えを感じたら取り付け完了です。
12時側も同じように取り付けます。

取り付け完了!最後の確認。

5.取り付け完了!最後の確認。

時計は生まれ変わりましたでしょうか?
最後に両方の時計ベルトを少し引っ張って、
バネ棒がラグ穴にしっかり入っているか、確認しましょう。