イベント一覧 ≫


TOP
>> ママナビ >> パンのレシピ >>小倉あんぱん

小倉あんぱん



菓子パンは、日本生まれのパンのひとつです。明治時代初期にあんぱんが酒の麹を利用して作られました。
以来、クリームパン、ジャムパン、メロンパンなども作られ、幅広い年齢層に受け入れられています。
ここでは、あんぱんの中でも一番オーソドックスな小倉あんを使用します。
あんことトッピングを変えれば、「うぐいすあんぱん」や「白あんぱん」の他、「マロンあんぱん」など幅広くアレンジできます。
形も変えてオリジナルな「あんぱん」を作ってみましょう!
難易度:★★★☆☆

所要時間:3時間20分

材料 あんぱん 10個分

強力粉----------------------300g
インスタントドライイースト金-----6g
--------------------------5g
砂糖------------------------30g
・卵--------------------------30g
・水--------------------------165g
無塩バター-------------------30g
小倉あん--------------------500g
[仕上げ]
ケシの実--------------------適量




作り方
           
 バター以外の材料を入れて、マイコン粉ねり器で20分間捏ねます。
 捏ね上げ温度が27℃前後になるよう材料の温度を調節して下さい。
 全体的に生地がまとまってきたら、細かく刻んだバターを入れます。(捏ね始めてから5〜10分を目安にして下さい)

 ”グルテンチェック”を行います。(生地が薄い膜状に伸びればOK!)

 離型油やショートニングをぬったボウルに、表面をキレイに丸めた生地を入れます。(捏ね上げ温度:27℃)
 温度32℃、湿度75%の発酵室で一次発酵を行います。(40〜60分間)
           
 生地の大きさが、約2〜
2.5倍になれば発酵完了です。”フィンガーチェック”を行い発酵状態を確認しましょう。
指を生地に差し込んで、ゆっくり抜きます。跡がしっかり残れば発酵完了です。

 生地を、10個に分割します。分割した生地は、表面がキレイになるように丸めます。
 丸めた生地は、パンマットなどを利用して15分間ほど”ベンチタイム”をとります。

 めん棒で生地を円形に伸ばします。(おおよそ10cmの円形)

 予め、丸めておいた餡50g程度を生地の上にのせます。(餡は冷たくし、手粉をつけて丸めるとベトつきにくくなります。)

     10   11   12
 生地ごと手の平にのせて、生地の端を摘むように包み込みます。

 生地をよせすぎないように気をつけ、しっかりととじます。

 とじ目を下にして天板に並べたら、二次発酵をします。
 温度34〜36℃、湿度 75%の発酵室で二次発酵を行います。(40〜50分間)
 二次発酵が完了した生地の表面に、刷毛でやさしく ”ぬり玉”をします

  13   14   15  
 めん棒の先を少し湿らして、ケシの実を生地の表面につけます。(めん棒を使うときれいな円形にトッピングできます。)

 190℃のオーブンで約15分焼成します。(または、250℃に予熱した電気オーブンを200℃に設定し、12分間焼成する方法もあります。)

 表面が美味しそうな狐色になったら出来上がりです。

 


BLOG ≫


PAGE TOP