リバティ楽器・楽天市場店
商品一覧 お支払・送料 買い物かご 伝言板 会社概要 楽天

リバティ楽器では、こんな検品・調整を行っています。


♪ピッコロ・フルート編
♪ピッコロ・フルート編
♪クラリネット編
♪クラリネット編
♪金管楽器(ピストン)編
♪金管楽器(ピストン)編
[トランペット・コルネットなど]
その他の楽器は
準備中です


♪ピッコロ・フルート編

タンポの隙を確認します
タンポの隙・バランスを確認します

薄い紙を挟んで、キィがちゃんと閉じるかチェックします。
全てのキィについて確認します。
↓合わない場合は、バーナーで炙って、キィがしっかり閉じるように調整します
バーナーで炙って調整します
バランスを確認します。 バランスを確認します

反射板の位置をチェック
反射板の位置をチェックします

掃除棒を中に入れて、反射板の位置を確認します。
合っていなければ、調整します。  

ジョイント部分のチェック
ジョイント部分のチェック

スムーズにジョイントできるか確認します。

実際に吹いて全ての音を出します
実際に吹いてみます

上から下まで全ての音を出します。
キィのタッチや動き、開き具合などを確認します。

<取扱メーカー>
フィリップ・ハンミッヒ(Philip Hammig) ゲマインハート(Gemeinhardt) ヤマハ(YAMAHA)



♪クラリネット編

タンポの隙を確認します
タンポの隙を確認します

薄い紙を挟んで、キィがちゃんと閉じるかチェックします。
全てのキィについて確認します。
↓合わない場合は、バーナーで炙って、キィがしっかり閉じるように調整します
バーナーで炙って調整します

息洩れチェック
息洩れをチェックします

息を吹き込んで、息洩れがないかどうか確認します。
(写真は上管。下管も同じようにチェックします)  

楽器を組んでバランスをチェックします

楽器を組んでみて、木同士が当たってきつい部分があれば削ります。

コルクがきつい場合は、コルクを削って調整します。
(←写真はヤスリで木を削っているところ)
組み立ててバランスをチェックします 上下管のバランスをチェックします

実際に吹いて全ての音を出します
実際に吹いてみます

上から下まで全ての音を出します。
キィのタッチや動き、開き具合などを確認します。

<取扱メーカー>
ビュッフェクランポン イオ(io) ヤマハ(YAMAHA) YAMAHA_custum
YAMAHA_V
YAMAHA_Vmaster
YAMAHA_Ideal



♪金管楽器(ピストン)編

凹み・傷がないか見て確認します。

凹みや傷がないかどうか、全体を見て確認します。

ピストンの動きを確認します。

ピストンが滑らかに動くかどうか、オイルが潤っているかどうか、確認します。
ピストンの確認ピストンの確認

抜差し管のチェックをします。

抜差し管がちゃんと抜けるか、グリスが塗ってあるか、キャップがまわるかどうか等を確認します。
抜差し管が抜けるかキャップがまわるか

トリガーの動きチェック
トリガーの動きをチェックします。

トリガーがスムーズに動くかどうか確認します。

ウォーターキーのコルクを確認します。
ウォーターキーのコルクを確認します。

コルクが欠けていないかどうか確認します。
(欠けていると、息洩れの原因になります。)

実際に吹いて全ての音を出します
実際に吹いてみます。