メガネのれんず屋:日本初!メガネレンズ専門店 お持ちのフレームにレンズ交換いたします。


機ザ度数の方の場合
   高屈折レンズをご使用頂いても、レンズが厚くなってしまう事が多々あります。
   その際に、【-】マイナスレンズの場合はご希望に応じて、レンズの端(角)を大きく削り、
   薄く見せることが可能です。
   当店では『【-】マイナスメッツ加工』と呼んでいます。

【メッツ加工には】
 ●マイナスレンズ(近視)→【-】マイナスメッツ
 ● プラスレンズ(遠視)→ 【+】プラスメッツ 両方取り扱いしております。

マイナスメッツ見本 側面
メッツなし メッツ磨きなし
当店基準加工 カットして磨いていない状態
※レンズ自体が薄くなる加工ではありません。あくまでもレンズ削って薄く見せる加工方法です。
また一度削りますと元には戻せませんので十分にご検討の上ご注文下さい。
マイナスメッツ見本 正面
メッツ磨きなし
左側の白い線部分がカットして磨いていない所となります。
※正面から見た場合もカットした部分がわかります。若干ですが視界も狭くなります。

供イ佞舛覆掘Ε淵ぅ蹇璽襪両豺
   レンズの側面を磨く(鏡面)と磨かない(通常)の2種類があります。
   メッツ加工同様,お客様のご希望に応じて加工させて頂きます。
 ※ご希望がない場合は通常で加工させて頂きます。磨かない(通常)状態が当店の基準となります。

鏡面仕上げ 見本
鏡面 通常
※鏡面仕上げは透明感があり綺麗ですが、乱反射など見え方に影響する場合があります。

見栄え的には綺麗で良いのですが側面から光が入り乱反射を起こすことがあります。
また下方を見る場合にチラツキがでたり、顔に光が写ることもあります。

鏡面仕上げの場合は、加工の際に砥石の設定ボタンを押すだけなので簡単ですが(無償)、
戻す場合は(マット仕上げ)には紙やすりで削る為、ムラが出来ることもあります。(有料)
出来る限り、マット仕上げをお勧めします!



・1.60素材(遠近両用)レンズ  ・度数データ <S+1.50加入度数(ADD)2.50>


薄型加工指定 薄型加工なし
度数データ(S+5.00)
1.60非球面
薄型加工
度数データ(S+5.00)
1.67非球面
通常加工
■メッツ加工の料金について
●マイナスメッツの料金についてはサービスさせていただきます。
● プラスメッツは+3,000円です。オプション1をご購入下さい。
※ガラスレンズの場合は磨くことが出来ませんので、ご了承下さい。


 左右の視力に差があり、極端に厚みが異なってしまう場合に、
 薄い方のレンズを厚くして左右の重さ・厚みの差を目立ちにくくする加工

HOYA SAME(重さ合わせ)
東海光学 オートペアリング(左右の厚み・重さを近づける)
仕様としては、度数の弱い方の(薄い・軽い)レンズに
厚みを付けて左右のバランスを取ります。

厚み合わせ実例
度数データ PD(瞳孔間距離) 64
        右目度数 S -1.00
        左目度数 S -8.00

フレームデータ カルティエ 特殊(ファセット)ツーポイント
          フレームPD 70 (玉型 48 □ ブリッジ幅 22)

レンズデータ 1.70AS(非球面設計)

通常のレンズでは、【右レンズ薄い】 【左レンズ厚い】
この状況で作製した場合に見栄えの問題も有りますが、
重さが左右で異なる為メガネが曲がり、見え方まで影響します。
右レンズ 薄い 左レンズ 厚い

厚み合わせをした場合の厚み比較(中心より28ミリ地点の厚みを比較)
基準レンズ
(厚みあわせなし)
HOYA
『SAME加工』
NL17VT-H
東海光学
『オートペアリング』
JX-AS SPS
2.0ミリ(中心厚1.5ミリ) 5.0ミリ(中心厚4.5ミリ) 4.0ミリ(中心厚2.8ミリ)
5.5ミリ(中心厚1.0ミリ) 5.5ミリ(中心厚1.0ミリ) 5.5ミリ(中心厚1.0ミリ)
※HOYA『SAME加工』の場合
 レンズ端部分の厚みは左右近くなるが、中心も厚くなる⇒板のようになる
 【左右の重さのバランス重視】
※東海光学『オートペアリング』の場合
 左右の厚みは少し差が出るが、中心の厚みが薄くなる⇒見栄えがいい
 【見栄え(見られ方)重視】  

【東海光学『オートペアリング』レンズ (右レンズ)】
通常のレンズ 薄い 厚み合わせレンズ

2.0ミリ(中心厚 1.5ミリ)


4.0ミリ(中心厚 2.8ミリ)


【出来上がり】 東海光学『オートペアリング』

左右の厚みを同じ様に出来ますが、
レンズ中心の厚みが、厚くなりき重さ・見栄えなどに影響します。
メーカーはバランスを考慮したペアリングをしてくれます。


加工代金 2枚一組

 レンズ代金+¥6,000(厚み合わせ)

厚みあわせについて
正確に表現すると『重さ合わせ』になります。
フィッティング(調整・掛け心地)を良くする為の加工です。
重量や厚みを全く一緒にすると重くなりすぎることもある為、20%程度以内に近付けることをしています。


Q&A

 Q:『屈折率が違うレンズの組み合わせではいけないのでしょうか?』

強度数・・・・1.74AS などの高屈折素材
弱度数・・・・1.50AS などの低屈折素材

 A:『応急的な対応は出来ますが、当店では推奨していません。』

 〔理由〕:
 ※左右の素材が異なる為、反射光やレンズの色が変わります。
  一見同じ無色ですが反射光などの表面やレンズ側面の色は素材によって変わります。

 ※経年劣化(使用に伴い)レンズの色が変化します。
  紫外線を吸収することでレンズが『黄ばみ』ます。