当店にて販売のスーツケースのうち対象商品は、商品発送日より1年間無償修理保証をさせていただきます。
通常の範囲でのご使用の中で万一不具合が発生した場合、弊社メンテナンス部にて無償修理をさせていただきます。

■対象商品について
1年間保証対象商品には商品ページ内に「1年間保証」の記載をしております。
特価品やアウトレット品など、保証が無い商品もございます。その場合は商品のページに「1年間保証」の記載がありません。必ず各商品のページにてご確認下さい。
対象商品には、スーツケースに「1年間無料修理」のタグが付属します。商品本体に取り付けておりますので、商品到着時に必ずご確認下さいませ。
この保証書をお持ちの上、下記の修理問合せ先にに修理ご希望の旨をご連絡下さい。ご購入から1年間無償で修理を承ります。
なおカードを紛失された場合は承ることができませんので、ご注意下さい。
*損害状態、部位によっては有料もしくは修理不可能となる場合がございます。下記注意をご確認下さい。



【修理問合せ先】
■楽天の当ショップで購入された商品の修理
 株式会社協和 楽天 スーツケース&ランドセル協和担当
 営業時間 9:00〜17:00(土日祝日は休業です)
 TEL:03-6891-3111
 FAX:03-3866-8932
 MAIL:reference@kyowa-bag.co.jp
 ※楽天の協和のショップで購入されたスーツケースの修理依頼とお伝え下さい。

 ■当ショップ以外で購入された商品の修理※1年保証対象外
 株式会社協和 物流センター 修理メンテナンス部
 営業時間 9:00〜17:00(土日祝日は休業です)
 TEL:04-7196-1814
 FAX:04-7196-2555
 MAIL:d-mainte@kyowa-bag.co.jp
 ※スーツケースの修理依頼とお伝え下さい。

★下記の場合の修理は、有償修理または修理不可となります。
 ・本体部分(シェル部分)は修理不可能部位となりますので対象外です。
 ・保証期間が満了した商品
 ・故意または誤った使用法での破損・故障
 ・極端な負荷による破損・故障
 ・航空機など交通機関に預けたときに発生した破損・故障(※)
 ・お客様ご自身による修理・改造による破損・故障
 ・火災、水害、地震、落雷などの天災地変による破損・故障
 ・素材特性によるご使用中に生じる外観上の変化または経年変化(傷、汚れ、摩耗、変色など)
 ・この保証書を紛失された場合
 ・消耗品の交換を要する場合(キャスター含む)
 ・お買いあげ後の輸送、移動時の落下などお取り扱いが不適当なため生じた故障及び損傷。
 ・使用上の誤り,及び対象商品の改造,調整,部品交換をされた場合.
 ・ファスナー修理
なお有料修理の場合は、お見積りを提示しご了解を得てから修理いたします。

※交通機関で発生した破損について
ご利用になりました交通機関(航空、船舶、宅配便など)で運送中にスーツケースが破損した場合は各機関で補償が受けられることがあります。
万が一、お手元に戻った際に不具合が発見されましたら直ちにその交通機関係員にご相談ください。
時間が経過すると補償対象外になることがありますのでご注意ください。

特に航空機ご利用の際にスーツケースを預けた場合、到着空港のターンテーブルでケースを受け取られた際に必ず破損の有無をチェックしてください。
万が一破損がありました際には、空港のカウンターにお問い合わせ頂き、航空会社が発行する「破損証明書」を取得してください。
この場合航空会社の補償(帰国後販売店で修理・費用は航空会社負担)が受けられます。
但し、この「破損証明書」を取得しなかった場合は、航空会社の補償が受けられませんのでご注意ください。

■送料について
修理品をお送りいただく際は、弊社までの片道送料のみご負担くださいますようお願いいたします。
修理費および修理完了後返送の際の送料は弊社が負担いたします。

■無償修理の範囲
無償修理の範囲は、製品が再使用可能になるまでとさせていただきます。
修理は錠前、スライドハンドルなどの機能性の修復に限らせて頂きます。
ボディ本体に亀裂が入ってしまった場合や割れてしまった場合は修理できませんので予めご了承下さい。

゚★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

スーツケースを長くご使用いただくために・・・


次のような行為はスーツケース破損の原因となりますのでお避け下さい。
 ・荷物の詰め込み過ぎや極度に重いものを載せること
 ・段差のある所や階段での走行(階段等ではトップハンドルを持ち上げてご使用下さい)
 ・鍵部分の乱暴な使用
 ・開閉時に衣類などをはさむ
 ・乗ったり座ったりする
 ・キャスターに多量の砂やほこり、紐などの巻きつき
 ・動く可能性のある場所での放置
 ・極端に水に濡れる行為
 ・極端に高温・多湿の場所に置くこと
 ・過度の酸性・アルカリ性、火気の接触
 ・手入れの際にシンナー・スプレー式クリーナーなど溶剤を含むものの使用

゚★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆