今までは手刺防具と機械刺防具これからは手刺防具と「Fit Stitch」

剣道防具といえば、大きく分けて"手刺防具"と"機械刺防具"の二種類でした。

「手刺防具がいいのは分かっているけど、高くて手が出せない…でもやっぱり、あの柔らかさと風合い、憧れるなぁ…」

手刺防具に憧れて、ネックになるのは、やはりその価格。

特に成長期のお子さんでしたら、サイズもすぐに変わってしまうので、
高価な防具にはなかなか手がでませんよね。

なので、少々硬くてサイズが大きめの、
機械刺防具を使われているのではないでしょうか。


剣道家の「夢」の実現へ…

確かに、機械刺は手刺に比べて、柔らかさやコシの面でどうしても勝つことができません。
一針一針手で刺す物と、機械で刺す物とでは違って当然ですよね。

とはいえ
「もっと見た目がよくて柔らかくて安価な防具があれば…」
という″夢″は剣道家がみな一度はみるもの。

そこで、弊社で長年をかけ、試行錯誤を繰り返し、ある商品を作りました。

それが「フィットステッチ」なんです。


手刺に負けない機械刺防具!?…

「フィットステッチ」とはどんな防具なのか・・・
簡単に言うと "手刺の柔らかさとコシを持つ機械刺の防具"なんです。

ほんとに?と思われるかもしれません。
言い過ぎじゃない?と思われるのも当然です。

どうしてそんな防具が出来たのか。

ご説明いたします。



夢の防具の開発へ

「フィットステッチ」の製作にあたり、まず目を付けたのが1.5分刺の手刺防具でした。
なぜ1.5分かというと、
強度と柔らかさがほどよく、見た目もいい一番人気の刺し幅だからです。

この1.5分と近い幅にミシンで刺すと、1.5分の手刺防具に近い物が出来るんじゃないかと考えました。
1.5分刺の手刺


布団断面手刺防具のコシを再現する原理として、
材料面では
手刺防具と同じ柔らかさとコシを持つ芯材
を選び、配合を考えました。

さらに製法では縫い目と縫い目の間にほど良い空間を作り、
生地の弾力を残すことで、
柔らかくコシのある布団に仕上げました。



ここまではとてもいい感じです。

工場に製作を依頼して数か月・・・
待ちに待った試作品が出来上がってきました。

手に取ってみると、思った通り、柔らかさとコシ、見た目もバッチリです!


あとは使い心地が手刺に近く、強度があれば完成です!
甲手の比較写真

比較写真


実践テストで出てきた問題点

実際使い込まなければ本当の良さがわからないのが防具ですよね。
そこで、社内一の剣道稽古量をこなす剣道社員=林さんによる、テスト使用へ進みます。

剣道具好きが高じて防具屋にまでなってしまった林さん、社員の希望を背負い、帰ってきました。

1.5分刺の手刺

ここで問題が起こります。

使い心地は「最高の出来!」と太鼓判を押すようなレベルでしたが、
強度に問題が出てきたのです。

それは刺し幅を長くしたことで、糸切れを起こしてしまうということ・・・

いくら使いやすくても練習量の多い中高生の稽古に耐えれなければ、まったく意味がありません。



さらなる試行錯誤、その結果・・

刺し幅を長くすると今までの糸では糸切れを起こしてしまうことがわかり、
私たちは糸の素材を見直すことにしました。

長い刺し幅に対応する特殊な糸を使い、さらなる使用テストを重ね、
見事強度の面も克服できたのです!

練習量の多い中高生の稽古に充分耐えられる強度を実現し、
ついに抜群の使い心地を持つ新製法「フィットステッチ」が完成しました。
さらなる試行錯誤、その結果・・


機械刺防具の代表を目指して

こうして完成した「フィットステッチ」防具は、機械刺で作るので
手刺より安価で製作出来るうえ、生産台数も安定します。

普通の機械刺防具より材料費も生産コストも高くなってしまいましたが、
「この使い心地を多くの方に体験してもらいたい」
というくらいの自信作なので、今までの機械刺防具と変わらない価格で販売することにしました!

次世代機械刺防具「Fit Stitch」は、
多くの剣道家の方々の希望を形にした防具です。
是非一度、手に取ってみてください!


fitstich防具はこちらから

剣道具・剣道防具の京都武道具を友達にすすめる友達にメールですすめる 剣道具・剣道防具の京都武道具店長に質問する店長に質問する 剣道具・剣道防具の京都武道具「店長の部屋」店長の部屋
携帯にURLを送るケータイにURLを送る 剣道具 剣道防具の京都武道具を紹介してポイントを貯める当店を紹介してポイントを貯める 剣道具 剣道防具の京都武道具をお気に入りショップに追加するお気に入りショップに追加 剣道具 剣道防具の京都武道具のレビューを見るレビューを見る
更新