元祖くず餅船橋屋:楽天ショップ
ネットショップトップページ 商品一覧 会社概要 お支払い方法・発送について 買い物カゴ
 
元祖くず餅
あんみつ
季節限定フルーツあんみつ
天神お祝いぜんざい
ご贈答好適品
くず餅プリン


  取扱店舗一覧
  船橋屋のこだわり
  くず餅の製造工程
  めるまが配信登録
  特定商取引に関する表記
  個人情報取扱について
  お問い合わせ
  店長の部屋

お問い合わせ e-mail
 
会社概要
江戸文化二年の創業以来、 くず餅ひとすじ二百年。    
 東京の下町情緒が色濃く残る江東区亀戸三丁目、亀戸天神のすぐ側に「船橋屋」があります。江戸は文化二年(1805年)、十一代将軍徳川家斉の頃、船橋屋は創業いたしました。初代勘助の出身地は下総国(千葉県北部)の船橋。当時ここは良質の小麦の産地でありました。
勘助は、亀戸の天神様が梅や藤の季節に、参拝客でにぎわうのを見て上京し、湯で練った小麦澱粉をせいろうで蒸し、黒蜜ときな粉をかけた餅を作り上げました。それがまたたく間に、参拝客の垂涎の的となり、いつしか「くず餅」と名づけられ、江戸名物の一つに数えられる程の評判をとりました。
そして、明治初頭に出たかわら版「大江戸風流くらべ」において、江戸甘いもの屋番付に「亀戸くず餅・船橋屋」が横綱としてランクされ、船橋屋の名声を不動のものとしました。
 創業当時の面影を今も残す本店には、芥川龍之介、吉川英治、永井荷風ら文化人の方々もしばしば足を運ばれ、くず餅の素朴な味を堪能されていました。
 船橋屋のくず餅は製造に約1年、しかし賞味期限はなんと2日間。ぜひ一度、このこだわりをご賞味ください。
写真
八代目当主 渡辺 雅司

くず餅の製造工程 船橋屋のこだわり
ページトップに戻る▲
船橋屋 会社沿革
■文化2年(1805年)   初代勘助 亀戸天神参道に創業
出身地の地名をとり、屋号を「船橋屋」とする。以降五代目まで個人経営
■昭和27年10月   有限会社 船橋屋設立
■昭和28年04月   亀戸天神前本店完成(戦後復興)
■昭和36年05月   亀戸駅前店開店
■昭和42年07月   本社別館ビル完成(経理・人事・総務)
■昭和43年06月   株式会社へ改組
■昭和53年04月   本社工場ビル完成
■昭和54年05月   岐阜県羽島市に澱粉発酵精製所完成
■昭和62年08月   販売部門を分離 船橋屋販売株式会社設立
■平成5年03月   本社新館ビル完成
■平成7年10月   柴又帝釈天参道店開店
■平成8年06月   松戸本土寺店開店
■平成8年12月   亀戸駅前店新装開店
■平成9年11月   亀戸サンストリート店開店
■平成10年12月   亀戸天神前本店大規模改修工事完了
■平成13年12月   阿佐ヶ谷店開店
■平成15年01月   ISO 9001:2000認証取得
■平成17年02月   こよみ広尾店 開店
■平成18年11月   こよみ横浜店 開店
■平成19年10月   エキュート立川店 開店
■平成20年12月   巣鴨地蔵通り店 開店
■平成21年06月   エキュート日暮里店 開店
■平成23年09月   エキュート赤羽店 開店
■平成23年10月   こよみルミネ有楽町店 開店
株式会社 船橋屋
〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目2番14号
TEL:03-3681-2784 FAX:03-3684-2784
定休日・営業時間: 9:00〜17:00
ご注文は24時間年中無休で受付けております。
受注メールは翌営業時間の返信となります。
店舗運営責任者: 川妻 智彦
店舗セキュリティ責任者: 佐藤 恭子
店舗連絡先: funabashiya@kuzumochi.jp
 
ページトップに戻る▲
 
  
Copyright (C) Funabashiya co. ltd. All rights reserved.