荷物が届いたら要チェック
自転車のメンテナンス
色んな高さ・角度の調整
パンクかな?
(パンク修理をする前に)
パンクを修理しよう
チェーンの調整
ブレーキまわりの調整
6段変速の調整
サイズの選び方!
変速・ギアって何?
自転車の部位名称
自転車いじりの工具達
自転車の種類
バルブの種類
内装と外装の違い
カギのスペアを作る場合
英式バルブ

一般車(ママチャリ・シティサイクルなど)に多く使われております。

【メリット】
英式バルブのメリットは、なんと言ってもい普通の空気入れで扱えること(慣れていること)、そして、一番多く出回っていますから補修も容易です。

英式バルブについている虫ゴムは劣化していきますので、定期的にチェックし、交換しなければなりません。この虫ゴムやバルブに使う部品も普通に売られていますし、交換も簡単です。

【デメリット】虫ゴムの寿命がその他のバルブに比べて短い、また構造上どうしてもエアが漏れやすいこと、ロードなどの高圧タイヤには不向きなことがあげられます。

米式バルブ

大きなストレスのかかる自動車や、バイク、自転車(一部)に使われております。

【メリット】
自動車やバイクと同じ構造で、ガソリンスタンドで空気を入れることができます。

米式バルブは構造が丈夫になっており、バルブが壊れることは滅多にありません。 米式バルブには虫ゴムは使われていないので、交換をする必要はありません。 また、バルブ中央のヘソを押さえることで簡単に空気を抜く(調整する)ことが可能です。

ただ、空気の入れ方が今までの英式バルブ(ママチャリについているバルブ)とは違いますので、いざ空気を入れようとしたときに戸惑ってしまわれるお客様が多くいらっしゃるようです。ご存知ないだけで、 慣れてしまえば簡単!米式バルブというのはかなり頼りになり重宝するバルブなのです。

また弁構造ですので、エアも漏れにくくなります。

【デメリット】
耐久性に優れていますが、重量があります。
古い型のポンプでは、空気を入れることができません。

⇒米式バルブの空気の入れ方はこちら

仏式(フレンチ)バルブ

スポーツ車に多く使われております。

【メリット】
仏式(フレンチ)バルブは他のタイプのバルブと比較して、より高圧に耐えられる、空気圧の調整がしやすい、また軽量であります。

適正な空気圧の管理は快適な走りの第一歩です。空気があまいと走りが重なるだけでなくタイヤ、チューブの傷みが早まり、パンクもしやすくなります。空気入れはフレンチバルブ専用の圧力計付きのものを揃えて頂くのがベストです。ぜひマスターしていただき、快適なサイクルライフをお楽しみください。

【デメリット】
折れてしまう場合がありますので、ノズル部分の取り扱いには注意しなくてはなりません。
一般車用の空気入れでは空気が入れられません。

⇒仏式バルブの空気の入れ方はこちら

上記の様に、チューブのバルブ形状は3種類ありますが、黒ヒゲで取り扱っております自転車の ほとんどが、英式バルブとなります。
 
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載,、無断複製を禁じます。
Copyright (C) SAKAI CYCLE CORPORATION.All Rights Reserved