カーテンは楽天くれないにおまかせください。

カーテン購入必読バイブル 様々な角度からカーテンを考える
vol.1~カーテンをお部屋別で考える

様々なカーテンの使用イメージ

vol.1では引っ越しや、お家を建てられた時にカーテンをどうするか漠然と考えている方へ選ぶ際のヒントやコツを少しばかりご紹介。

まず、カーテンを考えるときに全部の部屋もしくは窓を一度に考えてしまうと、数が多すぎてどこから手を出せばいいか分らなくなって途方に暮れてしまっているお客様が多々見受けられます。

迷ったときはリビング・ダイニングから

Living & Dining

リビングのイメージどのお部屋のカーテンから選べばいいか分らなくなってしまったら、まずはリビング・ダイニングから考えてみましょう。なぜなら、リビングやダイニングは住む人のみならず来客された方の目に一番ふれやすくそのお家の印象を決めかねないからです。ですから、全体予算を組む場合もまずリビング・ダイニングには上記のことも踏まえ、あまりケチケチするのではなくある程度お部屋のイメージや統一感、場合によってはアクセントになるようなものをしっかり選んであげる、ということが必要だと思います。そして、予算的どうしても節約したい場合は、住んでいる自分たちしか使わないお部屋等(寝室・書斎・子供部屋)で考えてみる方がよいかと思います。

リビング・ダイニングにおすすめのカーテン

色調と柄に配慮すればカーテンでも◎な和室

Japanese-style room

和室のイメージその1最近よく耳にするのが和室の窓はどうしたらいいんだろう?または、和室にカーテンって変じゃない?というご意見です。確かに最近の住宅では、廊下をへて和室が作られているようないわゆる、独立型のしっかりとした和室がない場合がほとんどです。その原因として考えられるのが住宅の欧米化やモダン化それとマンションの増加があげられます。そうした、背景の中で和室自体が色々なありかたへと変わっていき近ごろ多く見受けられるようになったのが、LDKと一続きになっているパターンもしくはリビングの一部(コーナーの場合が多い)に畳が敷いてあり襖をあけるとリビングと一体化するような、和室というよりは和のスペースもしくは畳コーナーという形に変貌してきました。

和室のイメージその2そうした中でお部屋の中も襖と障子ではなく、他のお部屋同様普通にサッシ窓が入っていたりモダンな形をした窓がデザインされていたりとそのバリエーションも様々です。ですから、まず考えないといけないことはどういった形で和のスペースを設けているかということ。例えば独立型和室であれば他のお部屋は気にせず畳の色や壁の色に色調を合わせ柄物であれば和柄や、さりげない植物柄のカーテン選ぶと和室と上手く調和がとれます。また、リビング・ダイニング続きの場合や畳コーナーの場合は単にその箇所だけを見ずに全体を一つの空間として捉える必要があります。

和室のイメージその3そのためには洋室でも和室でも合わせやすい色(ベージュ系やグリーン系)・柄(直物モチーフやさりげないストライプやボーダー)のカーテンを選ぶと全体として統一感が生まれます。それでも、しっかり和のスペースと他の部屋とを区別したい場合には、リビング・ダイニングで選んだカーテン(もちろん、和室のことも考えて)と同じ種類のカーテンをだけど、和室だけは畳や壁の色に合わせた色違いを選ぶ、例えばリビング・ダイニングにはピンク系の小花柄カーテンを、和スペースには全く同じカーテンの色違いでグリーン系を選ぶと空間全体のイメージは崩さず、それでいて和のスペースをアクセント的に扱えるので好印象かと思います。

和室におすすめのカーテン

ライフスタイルと目的を考えて選ぶ寝室カーテン

bedroom

寝室のイメージその1まず、「あなたは寝室に何を求めますか?」ときかれた時に何を第一に考えますか?その答えというのはおそらく使う方の職業や好みまたは、その窓の方角、プライバシー環境などにより様々です。そんな寝室ですが、まずは中でも最も多いお声としてお聞きする、「とにかく熟睡がしたい!」という方におすすめのカーテンからご紹介します。「熟睡がしたい」ということは言い換えれば何かが原因で熟睡できていないとも言えるのではないでしょうか。では一体どういった原因が考えられるのでしょうか?以下に代表的な二つの事例を挙げてみました。

bedroom
寝室のイメージその2

①眩しくて寝れない

考えられることとして、窓の方向が東や南向きでとにかく日当たりがよく日差しや暑さで朝早く起こされてしまう。もしくは仕事柄、外が明るい時間に睡眠をとらないといけない等の意見を多く耳にします。こういった場合におすすめする寝室用カーテンの条件としまして、一級遮光カーテンや完全遮光生地を使用しているカーテンに代表される遮光カーテンを使用すること、それもできる限り遮光等級が高く、お色目も濃いものを選ぶとより、暗幕感が増します。

bedroom
寝室のイメージその3

②騒音で寝れない

この場合、なかなかカーテンだけで解決するのは難しいのですが、もしその気になる音が電車や大きなトラック、低い音域の音すなわち振動音ではなく、女性の声や、ピアノなどの高音であれば生地自体に特殊な加工を施し遮音・吸音効果をもたせた防音カーテンで少しは防ぐことができるものも御座いますので気休め程度にはなるかもしれません。やはり、なるべく音を軽減したい場合は窓サッシを取り換えるか、工事を施す必要があるかもしれません。

麻カーテンのイメージ次に、先ほどとは少し変わって「気持ち良く目覚めたい」という方におすすめカーテンは遮光カーテンであっても遮光等級があまり高くないもの(2級以下)や、よほど日差しが気にならないのであれば、遮光カーテンではなく天然素材(麻や綿)カーテンで、ある程度外が明るくなるにつれて自然と太陽光が注いでくれるカーテンを選ぶと体内時計の乱れがなく気持ちの良い朝を迎えられるようです。ただし、夜更かしをしてしまうと元も子もないとは思いますが・・・。それと付け加えるとするならば遮光等級が低いカーテンというのは分るにしても、なぜ天然素材カーテンをあえて挙げさせていただいたかと言いますと、綿や麻のカーテンには吸水力や保湿力が備わっており、分り易く言えばカーテン自身が呼吸をしてくれているので、お部屋の空気・湿度の循環が絶えず行われているということです。だから、気持ちよく目覚めたいお部屋作りにおすすめさせていただきました。

北欧柄のイメージまた、気持ちの良い朝、一日を元気に始めるために暗いカラーや遮光率の高いカーテンを選んでしまいがちですが、あえて大柄モチーフの入ったカーテン(北欧柄など)やカラフルなカラーのカーテンを選んでみるのも視覚的なものからくる活力を与えてくれるかもしれません。とにかく寝室こそ、他人に見られるようなお部屋ではないことの方が多いだけに、あまり人目は気にせずお使いになられている方に一番適したカーテン選び大切ではないでしょうか。

寝室におすすめのカーテン

健やかな成長を促す子供部屋作り

children's room

子供部屋のイメージその1やはり、子供部屋で基本的に押さえておきたいのは、暗くならないようにまとめてあげることが大切です。これは、風水的な観点からもお部屋を暗くすると運気が悪くなるようです。ただし、ただ明るくするだけでなく色の持つ効果を考えながらここではご紹介いたします。まだお子様が小学生ぐらいであれば、ブルーのカーテンがいいようです。それは、ブルーの持つ力の作用として、精神を落ち着かせ集中力を高められるそうで、まさに色々と学習し吸収する時期のお子様にはピッタリではなかと思います。

子供部屋のイメージその2また、お子様が中学生以上になってくるとただ単にお部屋を明るい色で統一するのではなく、明るい色の中にもダーク系のデザインが入ったカーテンを選ぶことで、ダーク系色のもつ力である心を落ち着かせる効果や集中力UPなどの作用が思春期に当たる子供たちにはいいのかもしれません。ただ先ほどもお話したように、暗くし過ぎるのはよくありませんので、アクセントに使うように心がけて下さい。

子供部屋におすすめのカーテン

環境作りが大切なホビールーム

hobby room

ホームシアターのイメージその1自分の趣味を自分の自宅やお部屋で楽しみたい場合、自分はもちろんのこと近隣への影響も考えた環境作りが大切になってきます。ここでは、その代表として最近よくお問い合わせを受けることがある自分専用のシアタールームについてご紹介いたします。最近は5.1チャンネルサラウンドシステムや薄型テレビの大型化に伴い自分のお部屋で迫力ある映像や音楽を楽しみたい方がふえてきているようです。ですが、マンションやアパートであればお隣さんにどう聞こえているか、戸建であれば隣や下の階にはどう聞こえているかなどが心配になるかと思います。

ホームシアターのイメージその2もちろん初めから壁やサッシに防音工事が施されていればいいのですが、中々そういう環境が整っているところは少なく、後からやろうとすると、莫大な費用や工事の手間がかかってしまったり、また賃貸住宅にお住まいであればそれをすること自体が難しい場合も御座います。ですから、後からでもできてなおかつ低コストで対策をと考える方に一つの方法としては、カーテン生地に特殊な加工を施し吸音や遮音性を高めたカーテンに変えてみる、それにより窓から漏れる音を少しでも軽減する方法、さらにこういった特殊な加工を施したカーテンというのは遮光性も非常に高いためお部屋を暗くして雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

音とカーテン

ただし先にもお伝えしたように窓とカーテンには隙間があり、たとえその隙間を何らかでなくしたとしても振動を伴う音なんかは防ぐことができませんし、音が周囲に漏れる原因は窓からだけではなく壁や天井・床などからも漏れているからです。防音カーテンというのは、付けてないよりは幾分かましになるとい言うことです。そして何よりも大事なことが事前に近隣の方へ相談し、同意を得ていることだと思います。

ホビールームにおすすめのカーテン

今回は、いざカーテンを選ぶときにどこから手をつければいいか分らない、そしてただただ時間だけが過ぎて、体力を消耗してしまうなんてことがないように、参考までにご覧いただければ幸いです。
ただ、一つ言えるとすればカーテン一つでお部屋は大きく変わりますし、変えられます、そしてそれを楽しんで下さい。

お買い物はコチラから

様々な角度からカーテンを考える
vol.2~色にこだわり住みよい環境作り

vol.2は、カーテンの色についてです。カーテンの色選びについてはかなり多くの相談が寄せられます。どうすれば納得のいく色選びができるのか考えてみましょう。

部屋の中でかなり大きい面積を占めるのがカーテンです。他の家具や建具などとの相性もありますし、色によって受ける印象も全く変わったものになるので、色選びはかなり重要です。だからと言ってあまり難しく考えすぎる事はありません。今回は色の与えるイメージで選ぶ・お部屋のテイストで選ぶ、と二方向からの選び方を紹介しますので是非参考になさってください。

色が与えるイメージと心理作用から色を選ぶ

Color

寒色系だと涼しく感じる、逆に暖色系だと暖かな印象を与えるというように色でそれぞれ人に与えるイメージが異なり、さらに色は人の心にも影響を及ぼします。それぞれの色によってどんなイメージ・心理作用があるか見てみましょう。

red
赤色のカーテンの使用イメージ

赤・レッド

赤のイメージは活動的・情熱的。やる気が出たり気分を高める色です。興奮する神経を刺激するので、体温の上昇や気分を高揚させ活動的になりますし、食欲も上昇します。ただあまり多用してしまうと怒りっぽくなったりイライラする事もあるので、カーテンであれば落ち着いたトーンにしたり、小窓に使うのがよいかもしれません。

赤・レッド色おすすめのカーテン

orange
オレンジ色のカーテンの使用イメージ

橙・オレンジ

オレンジのイメージは元気・団らん・フレッシュ。陽気な気分になり、プレッシャーやストレスを和らげたり、食欲を増進したりと心身と もに活性化させる色です。おだやかな暖かさを演出できますが、トーンや使い方次第で子どもっぽくなるのに注意しましょう。ダイニングやキッチンで使えば楽しいムードになることでしょう。

橙・オレンジ色おすすめのカーテン

yellow
黄色のカーテンの使用イメージ

黄・イエロー

黄色のイメージは楽しい・陽気・希望。若々しく元気な印象を与え、気分を社交的に、身体を活性化します。明度が高く太陽に近い色なので日差しが入りにくい部屋にもおすすめです。左脳を刺激する色で判断力や記憶力を高める効果もあるといわれています。カジュアルにまとめたい部屋や子供部屋に向いています。

黄・イエロー色おすすめのカーテン

green
緑色のカーテンの使用イメージ

緑・グリーン

緑色のイメージは自然・調和・新鮮。リラックス効果が高く、緊張を緩和したり、目の疲れにも効果的な癒しの色です。高血圧の方や、ストレスがたまっている方にもおすすめの色になります。寒色でも暖色でもない中間色なので夏には涼しげに、冬には温かみを感じるのもうれしいところでしょう。気持ちを落ち着かせたい寝室やプライベートルームにもおすすめです。

緑・グリーン色おすすめのカーテン

blue
青色のカーテンの使用イメージ

青・ブルー

青色のイメージは知的・冷静・清涼感。寒色系の代表のような青は夏には特に涼しさを感じます。海や空を連想させ、実際よりも部屋が広く感じます。精神を鎮静させる作用が強く入眠しやすくなる色ですので寝室にも良いでしょうし、集中力を高める効果から書斎や勉強部屋にもおすすめできる色です。赤やオレンジと逆に食欲を抑えるのでダイエットしている際のダイニングにもよいかもしれません。また夏の水回りには涼しさや清潔感がありますが、冬には寒々しくなるので注意が必要です。

青・ブルー色おすすめのカーテン

purple
紫色のカーテンの使用イメージ

紫・パープル

紫色のイメージは高貴・神秘・上品。遥か昔から高貴な色とされており、高級感が漂います。紫色を取り入れるのは難しいですが、うまく取り入れられると、非常にスタイリッシュな部屋になるでしょう。想像力をかき立て感性を豊かにする、勘を鋭くする等、少し刺激が強い色なので気持ちが不安定な時は避けた方が無難です。好き嫌いがはっきり分かれる色でもあるのでプライベートルームや寝室むけかもしれません。

紫・パープル色おすすめのカーテン

pink
ピンク色のカーテンの使用イメージ

桃・ピンク

ピンク色のイメージは優しさ・女性的・ロマンチック。人の気持ちをなごませ、優しさを与えてくれます。ホルモンの分泌を促進する効果があり、シミ・シワ軽減などの若返り効果もあると言われています。フェミニンな印象ですが、淡い色やトーンの低い色はコーディネートもしやすい色です。心身の疲労回復を目的にするようなリラックスをしたい部屋に向いています。

桃・ピンク色おすすめのカーテン

brown
茶色のカーテンの使用イメージ

茶・ブラウン

茶色のイメージは穏やか・落ち着き・堅実・素朴。温もりを感じさせる色で忍耐力や責任感を刺激しつつ、安定感を与え緊張を緩和する効果があります。自然に近いナチュラルカラーなのでソフトで柔らかい印象を与えてくれますし、空間の中に馴染み、目立たず調和します。どこの部屋にもすすめられますが、あまり多用しすぎてしまうとメリハリがなく息苦しく感じますので濃淡に変化をつけたり、アクセントカラーを入れたりと注意が必要です。

茶・ブラウン色おすすめのカーテン

white
白色のカーテンの使用イメージ

白・ホワイト

白色のイメージは清潔・純粋・神聖。心身に対する浄化作用もありますので、気持ちを新たに何かを始めたい時にもおすすめします。白は太陽の光と近い働きをするため、考えこむよりも体が動かしたくなり、ホルモンの分泌を促して若返ると言われています。空間を広く感じさせ、少ない光量でも室内を明るく保つ効果があるので、省エネにも効果がありおすすめです。スタイリッシュにもカジュアルにもなる色ですが、冷たさのある真っ白の面積が広いと精神的に疲労すると言われているで、カーテンに利用する場合はアイボリーやオフホワイト等がおすすめです。

白・ホワイト色おすすめのカーテン

black
黒色のカーテンの使用イメージ

黒・ブラック

黒色のイメージは高級感・力強さ・知的。洗練されている神秘的なインテリアになり、生活臭を感じさせない効果もあります。全ての光を吸収し、外からの刺激をさえぎりますので、完全に一人になりたい、趣味に没頭したい時、何もかもシャットアウトしたい時に好まれる色です。白と逆で部屋を狭く感じさせます。黒を多用すると圧迫感や閉塞感から気分が落ち込むこともあるので使用する面積には気をつけましょう。

黒・ブラック色おすすめのカーテン

gray
灰色のカーテンの使用イメージ

灰・グレー

灰色のイメージは調和・クール・モダン。単色のイメージはあまりよくないもですが、どの色と組み合わせても組み合わせた色を引き立てる控えめではありますが万能な色です。刺激が少なく落ち着く色ですので、ストレスが多い方や疲れている方にもおすすめです。灰色ばかりでは冷たい・人工的なイメージになりますので注意しましょう。また、同じ灰色でも明るさによって全く雰囲気はかわります。大きい面積を取るカーテンではやや明るめの灰色にした方が明るい気持ちになれるかと思います。

灰・グレー色おすすめのカーテン

どのようなお部屋にしたいかテイストから色を選ぶ

どのような部屋にするかコンセプトを決めてテイストを具体的にイメージし、テイストに合った配色を考えるととてもまとまりのある部屋になります。
ご自分の思い描くイメージとあったものを参考にしてみて下さい。

Natural taste

ナチュラルテイストの使用イメージ「ナチュラル」テイスト。
インテリアの定番と言っていいでしょう。同系色でまとめるのでお部屋が広々と見える効果もあります。自然界にある樹木の色である茶系・緑系を中心に、あまり鮮やかな色やたくさんの色を避けて明るさや彩度も同じトーンで合わせるとよいでしょう。全体をナチュラル系の色でまとめて、差し色としてカーテンをオフホワイトやライトブルーにするのも、ぼやけず引き締まった印象になります。

ナチュラルテイストにおすすめのカーテン

Asian taste

アジアンテイストの使用イメージ「アジアン」テイスト。
リゾート気分で癒される雰囲気が欲しいならこちらです。自然素材を使った家具と合わせて、茶色や白、アクセントとして渋めの赤や緑、紫を使いましょう。明度はナチュラルテイストより低めです。自然素材の麻・竹のカーテンやブラインドもおすすめです。

アジアンテイストにおすすめのカーテン

Modern taste

モダンテイストの使用イメージ「モダン」テイスト。
クールな印象なので男性で好まれる方が多いテイストです。直線的な家具を使い、色数を絞った上でシックな色を使いましょう。男性的なお部屋ならダーク系のカーテンにするとスタイリッシュになります。同じモダンでも近年流行の「北欧モダン」ではナチュラルな白をメインとした部屋に、イエローやブルーなどカラフルな差し色やカーテンを含めたファブリックで北欧調に。「和モダン」では濃い木の色をメインに白系・茶系の明るい色や和のアイテムを加えるのが基本です。

モダンテイストにおすすめのカーテン

Classic taste

クラシックテイストの使用イメージ「クラシック」テイスト。
重厚なイメージで高級感があります。装飾や曲線の多い優雅なスタイルでヨーロッパの伝統的なスタイルが代表的です。重厚感を出すために中~低明度の色が中心のカラーコーディネートをしましょう。渋いグリーン、ブルー、赤に加えて、金色や紫も良く取り入れられます。このテイストでは色だけではなく光沢や柄にもこだわることをおすすめいたします。

クラシックテイストにおすすめのカーテン

Romantic taste

ロマンチックテイストの使用イメージ「ロマンチック」テイスト。
フリルやレース・花柄などのガーリーなイメージには明るめのピンクや黄色、オレンジなどの暖色系がよく似合います。淡いパステルカラーで統一するとかなり優しいイメージになります。淡いといっても色のあるものばかりではなく、アイボリーやミルキーホワイトなどのやさしい白も取り入れて調整するとまとまるでしょう。大人っぽいロマンチックならば少し彩度を抑えてスモーキーなカラーを使うとよいかと思います。

ロマンチックテイストにおすすめのカーテン

その他にもテイストは多種多様ですが、お部屋のコンセプトを決め、そのテイストに合わせながらお部屋に必要な色使いを決めていくと、とても楽にカーテンの色も決められるかと思います。
理想のスタイルの部屋の写真をたくさん見るのもよいですね。

最後に好きな色であることを確認

これは当たり前じゃない?と思われるかもしれませんが、実は壁や床との相性や思い描くイメージに…といろいろ考えているうちに忘れている事が多いのです。
確かに全体の雰囲気はいいけれども苦手な色でストレスがたまるのではせっかくのお部屋が台無しになってしまいます。上でも言いましたがお部屋の中でもかなり大きい面積を占めるので目に入る事も多いのがカーテンです。最後に好きな色であるか、この色で居心地がよいかどうかのチェックを忘れないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。カーテンの色の選び方にはこれでなければならない、というものはありません。そして人によってカーテンやお部屋に求める条件も違います。理想のお部屋を想像し楽しみながら色を選んでいただきたいと思います。

お買い物はコチラから