Kinetics
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-31-2-1F
4-31-2-1F Jingumae Shibuya-ku, Tokyo
TEL:03-5411-4285
OPEN:AM11:00 - PM8:00


SHOP CONCEPT
2003年9月27日、東京・原宿にオープン。ハイストリート、カジュアルウェアを軸としたストアブランド<Kinetics(キネティクス)>。
ショップ、ブランドネームに掲げている「動力源」をコンセプトにナショナルブランド、新鋭ブランド、 ストリート、デザイナーズコレクションまでジャンルの垣根を飛び越え独自のセンス、拘り、新たな視点でセレクト。 訪れる度に新たな発見が出来るファッション&カルチャーを融合させたライフスタイル提案型ショップ。


BRAND HISTORY
2003年原宿プロペラ通りに動力源という意味を持つ<Kinetics(キネティクス)>をセレクトショップとしてオープン。
NIKEより『JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)』の国内トップアカウントをはじめ、国内外のブランドをセレクトしつつ、2007年SSシーズンよりオリジナルブランド<Kinetics(キネティクス)>の展開を開始。
これまでにadidas Originals、Columbia、GRAVIS、 Marmot、Timberland、UBIQとのジョイントワーク、DJ MURO氏やMTV、Coca-Cola、エヴァンゲリオンとのスペシャルブロダクトなど、ブランドやアーティスト、キャラクターとのコラボレーションを実現させ多方面で注目を集めている。

HANDLING BRANDS
adidas Originals/ ballaholic / BENNY GOLD / Carrots / Champion / CLSC / Columbia / DC / ENTERBAY / GRAVIS / HERSCHEL / HUF / JORDAN / Kinetics / NIKE / NIKE SB / NIXON / Numbers Edition / POLeR / PRIMITIVE / Reebok / RUTSUBO(坩堝) / SABRE / STANCE / SUPRA / TACHIKARA / THE NORTH FACE / Timberland / UBIQ / VANS etc...(A to Z)

BRAND CONCEPT
ショップ<Kinetics>のストアブランドとして2007年S/Sシーズンよりスタート。
都市型ライフスタイルのトータルコーディネイトをコンセプトにスタンダードなアイテムながら一捻りを加えた上質なウェアを展開。 2013年A/Wからは「No wall in all the culture」をテーマに加え音楽、アート、スケートなど様々なカルチャーを都会的にアレンジし、 アウトドア、ワーク、ミリタリーといったファッションのルーツを独自のフィルターで融合させたプロダクトを発信。 単に融合するだけでなく洋服にとって必要不可欠な年を重ねることにより愛着がわくデイリーウェアをリリースしている。

大きな地図で見る