妻の日

妻の日

12月3日 妻の日。それは1年間の妻の労をねぎらい感謝する日。 それぞれのスタイルで感謝と思いやりの心を表現してみては如何ですか。 出会いのときめきは過ぎても、いつまでも輝く深い絆があります。


妻の日の栞
つまのひのしおり

妻の日って、いつからあるの?
妻の日って、どうして出来たの?

する
   まに


サンクス
(感謝)

 
「妻の日」は1995(平成7)年に産声をあげました。 凸版印刷が印刷会社として、某クライアント企業から印刷の仕事、新製品のキャンペーンの 依頼をうけ、その過程で提案され、※※日本記念日協会にも正式登録をした公式記念日です。
 
12月3日に制定された理由は、「年の最後の月である12月に、1年間の労をねぎらい妻に感謝する日」 という意味で、最後の月(12月)+感謝を表す「サン(3)クス」(Thanks)の語呂合せですが、 皆さんは「愛(1)するつ(2)まにサン(3)クス」と覚えてくだいさいね
 

 
凸版印刷 TOPPAN PRINTING ホームページ www.toppan.co.jp
※※日本記念日協会 ホームページ www.kinenbi.gr.jp

妻の日って、どんな意義があるの?

 
まずは他の記念日と比較をしてみましょう。
 
「母の日=ほぼ妻の日」と解釈されているご家庭もありますが、 『妻』= 『母』ではないので限られた対象になってしまいます。 いえ逆に、いつもは主婦や母としてみることが多い妻を、女性としてみつめてあげる日こそ「妻の日」のコンセプトだとおもいます。
 
また1年に一度という事で「奥様の誕生日、結婚記念日=ほぼ妻の日」という解釈もありましょうが、 これも少し違います。 妻の日は『祝う』ことより、『感謝』『労い(ねぎらい)』『夫婦愛』の彩が濃い記念日ではないでしょうか。
 


 
そして愛妻家の皆さんは「毎日が妻の日」と言われます。本当はこれがあるべき姿でしょう。 しかし毎日テンションを保つのはなかなか難しいものです。心の琴線はメリハリがあってこそ、より美しい響きを奏でます。
 
1年に1度の節目(アニバーサリーディ)として記憶にしっかりとどめ、すべてのご夫婦において、夫々(それぞれ)のスタイルで妻に愛と感謝を表現するというのが、 この妻の日が目指したものではないかと思うのです。
 

いつも本当に有難う!

 
仲むつまじいご夫婦は愛をより高め合っていく日に。 心に距離があるご夫婦では、ご主人がすすんで「妻」の文化・世界に触合い理解を深める日として。 初初しきご夫婦は、眩いばかりの愛の光で妻を照らし、齢を重ねたご夫婦は、味わい深き言葉で妻を優しくつつみこむ。
 
「一年にここ一度、このとき」という合言葉のもとに集えばこそ、 一緒に心の垣根をはらっていこうという勇気が、誰しもの心の泉に湧きいずるのです。

妻の日ってなにをすればいいの?

 
ほんとうは愛情いっぱいなのに、普段はその気持ちを表したくても照れがあって表現できない。 そんな方は是非とも、その気持ちをかたちにあらわしましょう。 また日頃からできていますよという方は、更に一歩踏込んで新しい表現を創造しましょう。

 
そっと「感謝の花束」や「プレゼント」がテーブルにおいてある。。。
 
久々に懐かしい喫茶店で待ちあわせ、
腕をくんで、お気に入りの映画をみにいく。。。
 
奥様のために心づくしの男の手料理をつくる。。。
 
こども達と協力して、奥様を終日家事から解放してあげる。。。
 

 
様々なスタイルが存在すると思います。母の日や敬老の日なんかより、もっと幅広く柔軟な解釈があります。 ご夫婦の絆を高めるものであれば、そのいずれもが「妻の日」に相応しいイヴェントといえましょう。
 


 
キーワードはサブライズ!プレゼントに添えて、ぜひお手紙をかきましょう
 
絵文字メールでも、オンラインメッセージでも、グリーティングカードでも、葉書でも手紙でも、長くても短くても…なんでもいいのです。妻の日に奥様にお便りを出しましょう。
 
なかなかそんな機会は、最近なかったのではありませんか。手紙はほんとうの心をうつしだしてくれます。 会話では照れくさくて言えない想いもかけますので、 愛と感謝の心を研ぎ澄ます道です。ぜひ実行してみてください

奥様の仕事を高く評価する日です
 
縁の下の力持ち的に、いつも見えない部分で家族をサポートするのが妻の仕事。 そのあたりまえの普段の生活をしてくための仕事は、とても大切で大役です。 どれほど大変なのか理解していて欲しいというのが、奥様に共通する気持ちだとおもいます。
 
12月3日は、それを「わかっているよ、いつもありがとう」と表現をする日です。
 
妻の仕事を高く評価する日です。
 
非日常的な何かを「妻」のために工夫することで、毎日同じことを繰り返すことの多い奥様は、どんなに嬉しいことでしょうか。 キーワードは「サプライズ!非日常の瞬間!」 これですっごい笑顔が奥様からこぼれること間違いありません。
 

妻の日は、将来どうなるの?

 
はい、これは国民的記念日にまで昇華させるのが私達オンラインショップのミッションです!
 
妻の日にすべてのご夫婦が『絆』を高めていく素晴らしい姿。この国の将来を担う若い方々やこども達がそれを見て、 大いなる「憬れ」をもってくだされば…
 
それが22世紀へと向かう日本を側面から支える礎とならんことを、私達は切望いたします。

・・・で、夫の日はないの?

 
当然の疑問だとおもいます。妻の日が先か?夫の日が先か?という問題ですが(笑) やはりレディーファーストでしょう、まずは妻の日。そして。。。
 
妻の日に奥様の満ちたりた笑顔をみることができたご主人には
黙っていても素敵な「夫の日」が来ますから



妻の日

* 妻の日の栞 作成 * 日本オンラインショップ「妻の日」普及振興会 *

557-0013 大阪市西成区天神ノ森1-19-11
心斎橋みや竹kasaya.com 内 06-6656-1704
文責:リーダー 宮武和広(傘屋の和ちゃん)OSMC所属

⇒妻の日 普及振興会へのお問い合わせはこちら