甘精堂とは - 甘精堂本店は青森市の発展と共に歩んできました。

むつ湾とともに開けてきた 港街あおもり その伝統と文化に育まれ 明治二十四年の創業以来 伝えてきたのは本物の味 甘精堂本店は新しい世紀へ向けて たしかな味に、まごころ添えて これからもお届けしてまいります。
当時の繁華街 安方の店(明治38年頃)
当時の繁華街 安方の店
(明治38年頃)
昭和7年に新築した店舗(施工・弘前市 堀江組)
昭和7年に新築した店舗
(施工・弘前市 堀江組)
再建になった頃の店舗と上新町通り(昭和32年頃)
再建になった頃の店舗と上新町通り
(昭和32年頃)
有平屋時代のこよみポスター
有平屋時代のこよみポスター
明治 24年 三浦家初代当主忠蔵は、菓子を並べお茶を出すという小さな茶店を開く
27年 和菓子製造と販売の三浦忠蔵商店を大町に開業
29年 有平家を開業
37年 屋号を「甘精堂」と改める
43年 5月の大火で店舗を焼失、これを契機に当時の新町の一等地(現、青森銀行新町支店)へ移転
大正 11年 現在の夜店通り角へ移転
昭和 7年 永太郎は店舗を改築し、手回し蓄音器でタンゴが流れる喫茶部を一階に中二階にはシャンデリアのホールを設けるなど、不況にあえいでいた市民の目を見はらせた
29年 株式会社として、店舗と工場を新築
30年 四国高松市で開催された全国菓子観光大博覧会において「昆布羊羹」が最高名誉の名誉総裁賞を受賞
「若浪」が全国菓子名流工芸展大臣賞受賞
「明日成」「太平楽」も全国菓子博覧会大臣賞受賞
38年 植樹祭で来青中の昭和天皇、皇后両陛下へ、御召菓を謹製
62年 洋菓子部門ウィーン菓子「シュトラウス」開業と同時にヨーロッパ風インテリアの喫茶部も開店
63年 甘精堂本店新装
平成 2年 第十回全国豊かな海づくり大会において今上天皇皇后両陛下の御召菓を謹製
3年 創業百周年を迎える
15年 青森冬季アジア大会において皇太子様、皇太子妃様の御召菓を謹製
16年 第59回国民体育大会において皇太子様の御召菓を謹製

甘精堂本店 トップ || 昆布羊羹 | 煉羊羹 | かしす羊羹 | 若浪 | 紅小町 | つがる雪小町 | ねぶた絵巻 | 千両カステラ | りんごさぶれ | セット商品